goto content


Food_Themed_Streets_Guide_Book

Food_Themed_Streets_Guide_Book

h1 Title

print
入国手続き(仁川国際空港の場合、1F入国フロア)
1. 到着
機内で予め「入国カード(ARRlVAL CARD)」と「旅行者携帯品申告書」を記載。
飛行機を降りたら、入国審査エリアまで移動します。
2. 検疫
検疫が必要なもの(ペットや果物、植物など)を所持している場合やコレラ、ペストなどの感染地域から
入国する場合は検疫質問書に記入した後、審査カウンターに提出します。

3. 入国審査
「外国人」カウンターに並び、自分の順番が来たらパスポートと入国カード(ARRlVAL CARD)を審査員に提出して入国審査を受けます。2012年1月より、韓国に入国するすべての17歳以上の外国人は、韓国のすべての空港と港で入国審査の際に義務的に指紋・顔写真の登録をすることになりました。ただし、17歳未満の入国者や、外国の政府関係者および国際機関の関係者とその家族など、法律上、指紋・顔写真の提供義務が免除されている人はこの過程が省略されます。

1. 入国カード(ARRlVAL CARD)とパスポートを提出

 

★入国カードの記入例はこちら


入国カードは未成年者の場合でも1人1枚作成。
また、外国人登録証を所持する外国人は必要ありません。

2. 両人差し指の指紋を登録



3. 顔写真を撮影
※写真撮影の際はサングラス、帽子の着用不可、携帯電話の使用不可。



4. 入国審査官の確認過程

4. 手荷物受け取り
入国審査カウンター前の掲示板で、自分が乗ってきた便の荷物がどこから出てくるかを確認し、該当する手荷物受け取り台へ。日本を出国する際に預けた荷物を受け取ります。大型手荷物の受け取りは5・6番、17・18番の間の窓口で、またもし自分の荷物が紛失した場合は2・3番、20・21番の間の窓口に申告すること。
5. 税関検査
2005年10月1日より、韓国に入国するすべての旅行者に「税関申告書」の提出が義務付けられました。記入する内容は名前やパスポート番号などの基本的な情報のほか、携帯品に関する事項とその他の申告事項などで、旅行者1名につき1枚、また家族同伴の場合は家族で1枚提出しなければなりません。
記載した税関申告書は税関検査を通過する際に係員に渡し、検査を受けます。

携帯品の免税許容範囲は
・酒類1本(1リットル以下、海外所得価格600USドル以下)とたばこ200本(巻きたばこ50本、その他250グラム)。1リットルを超過する酒類は全体の購入価格に対して課税(例:容量が2リットルの主類を携帯品として搬入する場合には1リットルを控除せず、2リットル全体に対して課税 )。ただし、満19歳未満の未成年者の場合、酒類およびたばこの搬入は禁止
・香水2オンス(約60ミリリットル)
・海外(国内免税店を含む)で購入した物品購入額US600ドル以内(自己使用、お土産用、身の周りのものに限定)
ただし、農林畜水産物および漢方薬などは10万ウォン以内となっており、数量(重量)の制限があります。

※税関申告書には韓国語・日本語・英語・中国語があります。

★税関申告書の記入例

 

出国手続き(仁川国際空港の場合、3F出発フロア)
1. チェックイン(搭乗手続き&荷物預け)
利用する航空会社の搭乗手続きカウンターに行き、航空券とパスポートを提示して搭乗券を受け取ります。この時機内持ち込み手荷物以外の荷物を預けますが、重量や大きさについてはそれぞれ異なりますので、規定については航空会社にお問い合わせください。
2. 手荷物検査
出国ゲートに入ったら手荷物検査とボディーチェックを受けます。
3. 出国審査
外国人用の出国窓口に並び、順番が来たらパスポートを係員に渡し審査を受けます。
4. 飛行機に搭乗
出国審査を終えたら免税店やレストラン、ラウンジなどがあるエリアです。予め搭乗口の位置を確認し、搭乗開始時刻まで休憩やショッピングをお楽しみください。