韓服

現代的なスタイルの韓服

韓服は韓国の伝統衣装です。100年ほど前までは日常的に着られていましたが、最近では祭りや記念日などの特別な時にのみ着られています。現代の韓服は朝鮮時代に着ていた韓服の様式に基づいていますが、デザインや色、素材などは時代に合わせて変化し続けています。韓服の優雅な曲線美と豊かな色彩感は現代のファッション産業に重要な影響を与えており、韓服と現代の服とを組み合わせたフュージョンデザインの服も作られています。

韓服の特徴

韓服はストレートなラインをしていますが、着ると曲線的なラインとなり、ふんわりと美しく見えます。また、韓服は上衣が小さめで下衣部分が大きく、動きやすいのが特徴です。上衣は魅力的な上半身の形を表わし、広い袖とゆったりとした下衣部分は下半身の動きを隠すことで優雅に見せてくれます。韓服は草木染めで染められ、自然の色彩が布地に染み込んでいます。天然の色で染められた韓服は人工の染料とは違い、深い色合いで高級感があります。

  • 20世紀の女性の婚礼服< 20世紀の女性の婚礼服
  • 男性と女性の韓服 男性と女性の韓服

現代の韓服

現代の韓国人にとって韓服は年中行事や重要な日に着る服となっています。子どもは1歳の誕生日を迎えると韓服を着て儀式を行い、大人は結婚式や家の重要な行事、葬式などを行う際に韓服を着ます。ただ、現在でも伝統的な生活様式を守る村の人々は韓服を普段着として着ています。最近では韓国ドラマによって海外にも韓国の伝統衣装が知られるようになり、韓服に対する関心が一層高まっています。


最終更新日:2017年10月10日