韓国観光ニュース

韓国初の統合型リゾート施設「パラダイスシティ」オープン

  • 日付2017/05/15
  • Hit6584

写真:「パラダイスシティ」全景

4月20日(木)、仁川国際空港隣接エリアに、韓国初の統合型リゾート施設「パラダイスシティ(PARADISE CITY)」がオープンし、内外から多くのお客様を迎えています。

現在、330,000平方メートル(約10万坪)の敷地内に、ホテル、カジノ、コンベンションホールがオープンしており、これに加え、2018年上半期には商業・文化施設、プレミアムスパ、クラブ、エンタテインメント施設がオープンする予定となっています。

「パラダイスシティ」は、地上10階・地下2階でホテルの客室は3つのウィング(各120メートル)に分かれ、Y字状に設計されています。ゲストルーム、スイートルーム、プールヴィラといったさまざまなタイプの客室711室を有している他、Y字の中心空間である「WOW SPACE」を中心に、カジノ、ファミリーアミューズメント施設、コンベンションホールなどが配置されています。

1階にはミシュランで2つ星を獲得した中華レストラン「インペリアル・トレジャー」など6つのレストラン&バー、韓国最大規模の外国人専用カジノ「パラダイスカジノ」、韓国の特級ホテルで最大規模のグランドボールルームを有するコンベンションホール、4階から10階には「パラダイスホテル&リゾート」客室、3階には3つのラウンジ、室内外プール、スパ、サウナ、フィットネス、キッズゾーン、ボーリング場、ソニープレイステーションゾーンなどがあります。

その他、「パラダイスシティ」では、産業デザイン界の巨匠アレッサンドロ・メンディーニによる巨大な椅子のオブジェ「PARADISE PROUST(パラダイス・プルースト)」をはじめとし、ダミアン・ハースト、草間彌生、イ・ガンソ、オ・スファンといった内外の有名アーティストらの作品約100点を含む約2700点の芸術作品を見ることができます。

More Info

韓国初の統合型リゾート施設「パラダイスシティ」

☞ アクセス:
1、シャトルバス
仁川国際空港旅客ターミナル1階3Cゲートから毎時10・25・40・55分出発(5:10~23:10)
仁川国際空港旅客ターミナル1階14Cゲートから毎時00・15・30・45分出発(5:15~23:15)


2、公共交通機関(地下鉄+リニアモーターカー)
空港鉄道「ソウル駅」(仁川国際空港方面)乗車⇒「仁川国際空港駅」乗り換え⇒リニアモーターカー乗車(龍遊方面)⇒「合同庁舎駅」下車、2番出口⇒emart右方向へ徒歩移動(約8分)


3、公共交通機関(地下鉄+バス)
空港鉄道「ソウル駅」(仁川国際空港方面)乗車⇒「仁川国際空港駅」下車⇒「仁川国際空港」停留所方面へ徒歩移動(約8分)⇒302、306A、306バス(龍遊小学校方面)乗車⇒「emart」停留所下車⇒emart右方向へ徒歩移動(約8分)

☞ パラダイスシティ予約ホームページhttp://www.p-city.co.kr/?language=JA(日本語)


☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

出所: 資料・写真提供:パラダイスシティ