韓国観光ニュース

昌慶宮、2019年から夜間観覧開始

  • 日付2018/12/27
  • Hit2815

写真:昌慶宮 明政殿

今まで昌慶宮は特別観覧という形でのみ夜間の開放をしていましたが、2019年からは常時夜間の観覧が可能になります。

2019年から観覧できる昌慶宮の観覧時間は、月曜日と休日を除く9時から21時までで、入場締め切りは20時までです。外国人の場合、夜間観覧料は日中と同じく1,000ウォン(約100円)です。但し、満7歳から満18歳までは500ウォン(約50円)です。満6歳以下、満65歳以上、韓服着用者は無料です。
 
また、夜間特別観覧客のうち毎日先着200名にはチョンサチョロン(青と赤の生地で作った提灯)の無料レンタルも行われます。チョンサチョロンの利用は午後5時30分から可能です。

これ以外にも通明殿、古宮音楽会、「正祖と昌慶宮」の公演など、多様な文化行事で楽しむことができます。


More Info

昌慶宮

☞ 住所:ソウル特別市 鍾路区 昌慶宮路185(서울특별시 종로구 창경궁로 185)
☞ 時間:毎日 9:00~21:00(入場締切り 20:00)、毎週月曜日、公休日は休館
☞ アクセス:ソウル地下鉄4号線「恵化(フェファ)駅」4番出口から徒歩15分
☞ 利用料金:大人(満19歳~満64歳) 1,000ウォン/小人・青少年(満7歳~満18歳) 500ウォン
☞ ホームページ:http://cgg.cha.go.kr(日本語あり)
☞ お問合せ:+82-2-762-4868(韓国語)

☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

出所: 資料・写真提供:文化財庁昌慶宮管理所