韓国観光ニュース

4月25日(木)より「KOREAご当地シャトル」運行開始!

  • 日付2019/04/18
  • Hit8944

運行コースに含まれる観光地や食事(イメージ)

「韓国の地方都市に行ってみたいけど、一人ではちょっと不安…」
「地方都市に行っても何を見たらいいか、よく分からない…」
「日本語ガイドの説明を聞きながら観光地のことをもっと詳しく知りたい!」

そんな方にぴったりの「KOREAご当地シャトル」が今年も4月25日(木)より運行されます。ご当地シャトルはソウル(釜山)から出発して地方都市の観光スポットをめぐる日帰りバスツアーで、手軽に地方観光が楽しめます。バスツアーは日本語ガイド付きで、郷土料理も味わうことができます。

今年は江華(カンファ)、鉄原(チョロン)、扶余(プヨ)、舒川(ソチョン)、陜川(ハプチョン)の5コース。舒川、扶余、江華、鉄原の4コースはソウル市内(仁寺洞のSM免税店、弘大入口駅)から、陜川コースは釜山市内(釜山駅)から出発します。コース詳細やツアー日程、予約、決済については専用ウェブサイトをご覧ください(4月22日(月)よりウェブサイトで予約開始)。ご当地シャトルに関するご質問は、電話(+82-2-398-6679)またはEメール(hanashuttle@hanatour.com)へ日本語でお問い合わせいただけます。

More Info

2019KOREAご当地シャトル

☞ ツアーの詳細
料金:大人1人70~85ドル※支払いはドル計算です。日本円で7,000円~8,500円程度(専用ウェブサイトより予約後、当日、円で現地払いも可能)。
催行日:詳細は専用ウェブサイトをご覧ください(4月22日(月)予約開始)。
最少催行人数:3名様(ソウル発・釜山発、どちらも最少催行人数は同じです)
予約ページ:http://koreagotochi.com(日本語)
現地予約電話:ハナツアー  +82-2-398-6679(日本語)
お問い合わせ:hanashuttle@hanatour.com(日本語可)

☞ 運行コース

1.【江華(カンファ)】

江華は先史時代から現代までの歴史遺跡が至るところに隠れている都市。北韓を一目で見ることができる「江華平和展望台」をはじめ、古刹「伝燈寺」などを訪れます。ランチはチャムケジャン(上海蟹の醤油漬け)定食。
2.【鉄原(チョロン)】

鉄原コースでは「第2トンネル」、「平和展望台」、「労働党舎」などのDMZ観光スポットへご案内します。ランチは鉄原のブランド米「五台米(オデサル)」の釜飯と味付け鴨肉の定食。
3.【扶余(プヨ)】

百済の古都として知られる扶余。扶余コースでは「扶蘇山城」、「定林寺址」、「陵山里古墳群」などのユネスコ世界文化遺産を訪れます。ランチは三色定食(韓定食)。
4.【舒川(ソチョン)】

舒川コースでは高さ15メートルから海岸を望む「長項スカイウォーク」を訪れ、ランチは熟成イシモチ定食、午後はカラムシの伝統と製織技術を伝える「韓山カラムシ館」などをめぐります。
5.【陜川(ハプチョン)】

陜川はユネスコ世界遺産の海印寺がある歴史都市。「大蔵経テーマパーク」や「海印寺」をめぐり、ランチはヘルシーな山菜定食、午後は「映像テーマパーク」などをめぐるコースです。※釜山出発のみ

※コースや食事メニューは事情により変更されることがあります。

☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)


出所: 韓国観光公社