韓国観光ニュース

済州観光公社、6月の済州観光おすすめ10選を選定

  • 日付2019/06/05
  • Hit470

写真:済州道の石垣

済州観光公社は「格別で、充実した、ヨマンジン(※)6月の済州」というテーマで済州観光のおすすめ10選を発表しました。「ヨマンジン」とは、「賢くてしっかりした」という意味の済州方言です。おすすめの10選には済州道の観光、自然、体験、お祭り、グルメなど6月に欠かせない観光地を紹介しています。


まず初めに選定地として選ばれた翰林(ハンリム)「東明里(ドンミョンリ)」は、畑に積まれた石垣が黒い龍に似ているとして有名な地域です。玄武岩を積み上げて作られた石垣は畑の垣根として使われ、農作物を風から守る役割をしています。石垣の道に沿って歩くと地域で採れた農作物や済州の記念品を販売する公民館があります。また、その近くにある翰林海体験村では海での様々な体験をすることができます。


「サムダス林道」は、美しい森林全国大会で受賞するなど原生林に近い自然の魅力がある場所です。林道は歩きやすく、所要時間がそれぞれ1時間半と2時間半の2コースがあります。


済州のいたる所に位置する「文化スペース」には有名な作家による作品ではないものの、ささやかな人生を表現した芸術作品に出会うことができます。「山地川(サンジチョン)ギャラリー」には済州の海女さん達の文化や日常を鑑賞でき、「芸術空間イア」では芸術と人生をつなぎ合わせる芸術体験プログラムが行われます。その他「西帰浦文化パッテリチュンジョンソ(バッテリー充電所)」、「文化空間 ヤン」、「アラリオミュージアム」では歴史と文化に関する展示が行われます。


また、済州でしか味わえないビールを販売する「パブ&醸造所」も選定されました。4代に渡り伝統的な酒造方法を守ってきた「済州 スル インヌン チブ(酒が熟成する家)」では、済州の伝統酒と発酵飲料を作る体験ができます。国内で唯一のメロメル(Melomel:蜂蜜を発酵させ果実を加えたお酒)を酒造している「済州ハニーワイン」では、済州産の蜂蜜とみかんを使い材料にこだわった高級ワインに出会うことができます。この他にも済州で作った新鮮なビールを販売する「タムナエール」や、オメギトック(済州特産のヨモギ餅)や伝統酒を用いたカクテル作りを体験できる「済州セムジュ」などがあります。


「格別で、充実した、ヨマンジン 6月の済州」にはこれ以外にも「イスンイオルム」、「パラセーリング&パドルボート体験」、「ヨムナニコジの道&ペンディコウンの道」、「シティツアーバス」、「山アジサイ&ひまわり畑の名所」、「地元の人が通う食堂」などがあります。

More Info


6月済州観光のおすすめ10選「格別で、充実した、ヨマンジン 6月の済州」


☞ ホームページ(済州観光公社):https://www.visitjeju.net/kr/# (日本語あり)


☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

出所: 資料・写真提供:済州観光公社