韓国観光ニュース

性理学の中心、韓国書院9ヶ所がユネスコ世界遺産に

  • 日付2019/07/18
  • Hit1557

写真:陶山書院

性理学(中国宋・明時代の学者によって成立された学説)の教育機関である韓国内の書院 9ヶ所がユネスコ世界文化遺産に登録されました。登録されたのは紹修書院灆渓書院玉山書院陶山書院筆岩書院道東書院屏山書院武城書院遯岩書院です。


ユネスコ世界遺産委員会は、2019年7月6日(土)にアゼルバイジャンで開かれた第43回会議において、「韓国の書院は今日まで韓国の性理学の伝統が正しく保存され、韓国の所与に沿って変わり行く歴史的過程を映し出すという点において、卓越した普遍的価値がある」と評価されました。これにより韓国は14番目の世界遺産を保有することになりました。今後韓国の書院は訪れる観光客に様々な観光コンテンツを披露すると共に、国内のみならず外国人観光客からも注目される観光地になることが予想されます。

More Info 


韓国の書院


☞ ユネスコ世界遺産(UNESCO World Heritage Centre):https://whc.unesco.org/en/list/1498 (英語)

※韓国書院についての関連ページ

☞ ビジットコリア内関連ページ(日本語)
韓国のユネスコ登録遺産
- ユネスコ世界文化遺産

☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330 (日本語)

出所: 資料提供:ユネスコ韓国委員会