韓国観光ニュース

韓国入国時の特別入国手続実施について

  • 日付2020/03/25
  • Hit196

2020年3月19日(木)から、韓国に入国するすべての外国人を対象に「特別入国手続」を実施しています。この特別入国手続は海外から韓国へのコロナウイルス感染症‐19の再流入を防ぐ目的で行われます。

この特別入国手続では、航空機内で配られた健康状態質問書と特別検疫申告書に必要事項を記入し、 空港内の入国場での検疫時に提出するとともに、発熱の有無をチェックする検査を受けなければなりません(検疫官は症状のある方について、検疫調査を実施し、必要な場合は診断検査を行います)。

これとともに、韓国国内の滞在先の住所及び連絡先を確認し、入国者本人が所持するスマートフォンに「モバイル自己診断」アプリ(日韓英中仏対応)をインストールし、連絡先が正しいものであるかどうかその場で確認も行います。 「モバイル自己診断」アプリをインストールしたら、特別検疫申告書に記載された内容と同じ内容を「モバイル自己診断」アプリに登録しなければなりません。また連絡先などが変更となる場合は、修正登録を必ずしなければなりません。入国から14日間は常に自己診断アプリを通じて送られてくるメッセージを確認し、自己診断した現在の体調などの内容を「モバイル自己診断」アプリに入力することが義務付けられます。

2020年3月22日(日)からは、ヨーロッパ各国から入国する外国人・韓国人を問わずすべての入国者に対し、別途設けられた施設でコロナウイルス感染症‐19の診断検査を実施しています。 韓国長期滞在者は陰性と判定された場合でも、向こう14日間は自宅隔離となり外出は一切禁止となり、また短期滞在者で陰性の場合は、1日1回、必ず電話あるいは自己診断アプリで現在の体調などについて問診を受けることになります。

特別入国手続きに関連する詳しい内容は、コロナウイルス感染症‐19公式ホームページまたは各国の大使館ホームページを通じてご確認いただけます。

More Info

韓国入国時の特別入国手続実施中

☞ ホームページ(コロナウイルス感染症‐19): http://ncov.mohw.go.kr/ (韓国語・英語・中国語)
☞ モバイル自家(自己)診断アプリ案内: http://ncov.mohw.go.kr/selfcheck/ (日本語・韓国語・英語・中国語)

韓国観光案内電話 +82-2-1330 (日本語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)

出所: 提供:疾病管理本部