地図

韓国観光ニュース

出かける時は忘れずに!韓国、11月13日からマスク未着用時、過料対象に

  • 日付2020/11/19
  • Hit239

マスク未着用時、過料対象に

コロナウイルス感染症-19(COVID-19)の感染拡大防止のための防疫体制を強化するため、11月13日(金)からマスク未着用時、過料を科すことになりました。
マスク未着用の場合、本人は10万ウォン以下、施設管理・運営者は300万ウォン以下の過料が科されることとなります。

過料が科される対象となる場所・施設は、社会的距離の確保の段階により異なり、第1段階・生活防疫の段階(11月13日現在)では、公共交通機関、集会・デモ会場、医療機関・薬局、療養施設、昼・夜間保護施設、宗教施設、室内スポーツ競技場、コールセンターや流通物流センターなどの高危険事業場、自治体に申請し認められた500人以上の集会・行事のほか、クラブなど遊興施設や「PC房(バン)」と呼ばれるインターネットカフェ、食堂・カフェ、室内体育施設、サウナ、「ノレバン」などの歌練習場、訪問販売などの直接販売広報館、スーパー・百貨店・商店、学習塾など23の重点・一般管理施設もその対象となります(1.5段階=地域流行段階=に引き上げられた地域では、屋外のスポーツ競技場も追加され過料対象施設となります)。

また過料の対象とならないケースは▲食べ物や飲み物を摂取している場合(ただし、摂取時以外の会話などをしている時を除く)、▲本人確認などのためやむを得ずマスクをとらなければならない場合、▲歯みがきなど個人で衛生活動を行っている場合▲水泳あるいは入浴中の場合、▲医療行為を行っている最中でマスクの着用が困難な場合などです。 (なお、満14歳未満のお子さんも「秩序違反行為規制法」により過料対象外となっているほか、マスク着用により呼吸が困難であると医学的所見を受けている呼吸器疾患などがある方につきましても、医師の診断書あるいは所見書の提示により過料の対象外となります)

着用するマスクについては、食品医薬品安全処が許可したKF94、KF80などの保健用マスクやKF-ADと表記されている飛沫遮断用マスク及びデンタルマスク、口と鼻を塞ぐことができる布マスク、使い捨てマスクであれば問題ありません。
ただし、目が粗く飛沫が容易に通り抜けてしまう通称「網マスク」やバルブ型マスクの着用、あるいはスカーフなどで口・鼻を覆っている場合などは、マスク着用と認められず、過料の対象となりますので注意が必要です。

またマスクは口と鼻の両方を完全に覆うように着用しなければならず、口や鼻のいずれかが露出していたり、マスクで口や鼻の周囲が十分に覆われていない場合はマスク未着用とみなされ過料対象となります。

More Info

マスク未着用時、過料対象に


☞ 過料適用開始日: 2020年11月13日(金)
☞ 過料対象となる場所・施設:
公共交通機関、集会・デモ会場、医療機関・薬局、療養施設、昼・夜間保護施設、宗教施設、室内スポーツ競技樹夫、高危険事業場、自治体に申請し認められた500人以上の集会・行事、遊興施設及びPC房など23種の重点・一般管理施設(以上、社会的距離の確保第1段階での対象施設・場所。以降、段階が上がるごとに屋外スポーツ競技場(1.5段階に引き上げ時)など過料対象となる場所・施設が追加となります)
☞ 過料の金額:
マスク未着用あるいは未着用とみなされた本人10万ウォン以下、施設管理・運営者300万ウォン以下※の過料
(※1回目違反時150万ウォン、2回目以降違反時300万ウォン)
☞ 関連リンク:
疾病管理庁・コロナウイルス感染症-19(COVID-19)「広報資料」『マスク着用勧告・義務化案内ポスター」 http://ncov.mohw.go.kr/shBoardView.do?brdId=7&brdGubun=73&ncvContSeq=4088(韓国語)


韓国観光案内電話 +82-2-1330 (日本語・韓国語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)

出所: 提供:疾病管理庁