韓国観光ニュース

仁川国際空港第2旅客ターミナル出国審査場、人口知能基盤の保安検査システム導入

  • 日付2019/11/14
  • Hit1273

写真:AI X線映像自動判読システム

空港で預ける手荷物を人工知能(AI)で読み取る「AI X線映像自動判読システム」が11月1日(金)から仁川国際空港第2旅客ターミナルの出国審査場で運用されています。AI X線映像自動判読システムは、保安検査場での手荷物検査において人工知能の技術を適用し、刀剣類、工具類、複製・模擬銃器類など危害品目を精密に自動判読します。このシステムは手荷物がX線検査場を通過する際に危害物品があるかどうかの1次判読を行い、その後開封の可否に関する判断を保安検査官が行います。


仁川国際空港は来年までに「AI X線映像自動判読システム」を活用して全危害品目の判読ができるよう、人工知能のプラットフォームを構築する予定です。

More Info 


AI X線映像自動判読システム


☞ 期間:2019年11月1日(金)から

☞ 住所:仁川広域市 中区 大ターミナル大路446、2番 出国審査場 (인천광역시 중구 제2터미널대로 446, 2번 출국장)

☞ アクセス:空港鉄道「仁川国際空港2ターミナル駅」 下車、徒歩5分

☞ お問合せ:+82-2-1577-2600(日本語)

☞ ホームページ:https://www.airport.kr/ap/ko/index.do(日本語あり)

☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330 (日本語)

出所: 資料・写真提供:仁川国際空港スマート空港チーム