テンプルステイ

Templestayテンプルステイプログラムの(韓国仏教文化事業団提供)

山全体に響き渡る鐘の音は、お寺を訪れた人々の精神を落ち着かせ、心に自由と安らぎを与えてくれます。都会の喧騒から抜け出し、完全に自分の世界に没頭しながら心の傷を癒し、悩みや不安などを解消できる韓国の伝統文化体験テンプルステイ。あなたも癒しの旅に出かけてみませんか?

テンプルステイとは?

テンプルステイとは、韓国の伝統的なお寺に滞在しながらお寺の日常生活を体験し、韓国仏教の修行精神を体験してみることを言います。韓国の美しい自然の中で修行者たちの静かな日常と韓国仏教文化、ならびに韓国伝統文化を体験できるということで好評を得ています。

テンプルステイプログラム

  • Templestay
  • Templestay
テンプルステイプログラム(韓国仏教文化事業団提供)

テンプルステイプログラムでは、礼仏(仏に敬意を表し、自分自身を反省すると主に祈願成就を願う時間)を行ったり、参禅や108拝などの修行法を学んだり、お寺での食事作法である鉢盂供養と茶道体験したりすることもできます。
※各お寺によって多少異なる場合があります。

  • Lotus-shaped lantern
  • Lotus-shaped lantern
美黄寺(韓国仏教文化事業団提供)/燃灯会の様子(右)

また、仏教美術のひとつである蓮の花の形をした灯篭を作る体験もあります。灯篭は「釈迦誕生日」である陰暦4月8日以前に作られ、全国のお寺はもちろんのこと、街中にも飾られます。「釈迦誕生日」のある月には「燃灯会」など全国各地で多様なイベントを行われます。

※関連ページ:新羅時代に始まった歴史ある仏教行事「燃灯会」
http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TMC/TE_JA_7_5.jsp?cid=2011547

外国人対象のテンプルステイ

外国人対象のテンプルステイ情報はこちら(英語)
予約ホームページ:http://eng.templestay.com(英語)

テンプルステイを実施しているお寺

ソウル
中部
南部

テンプルステイ参加方法

テンプルステイに関する情報を得ることができる「テンプルステイ統合情報センター」はソウル特別市鍾路区の曹渓寺の向かい側にあります。1階にある広報館では、テンプルステイを実施するお寺に関する説明と情報を紹介してもらうことができます。外国人のために英語での案内と予約が可能です。また、ホームページからも予約可能です。

テンプルステイ統合情報センター

  • 住所:ソウル特別市 鍾路区 郵政局 56
  • 運営時間:8:00~19:00/広報館 9:00~19:00(祝日は休務)
  • ホームページ:http://www.templestay.com/(韓・英)
  • アクセス:ソウルメトロ1号線「鐘閣(チョンガク)駅」2番出口から曹渓寺方面に徒歩約5分
    ソウルメトロ3号線「安国(アングク)駅」6番出口から曹渓寺方面に徒歩約5分
  • 統合情報センター案内電話:+82-2-2031-2000(韓・英)
  • 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)
最終更新日:2016.06.29