goto content


Food_Themed_Streets_Guide_Book

Food_Themed_Streets_Guide_Book

h1 Title

print
ストーリー キャスト
ロケ地紹介 フォトギャラリー
チェオクの剣」は、原題「茶母(タモ)」というドラマで、朝鮮時代の女刑事を主人公にしたアクション時代劇。全14話という韓国では比較的短い連続ドラマとして放送されたにもかかわらず、愛するという意味を持つ漢字「嬖」を使った「茶母嬖人(タモ・ペイン)」という言葉が出来るほど熱狂的なファンを生み出したという逸話を持つドラマです。
2004年にシンガポールで開催された「第9回アジアTV賞」ではドラマ部門最優秀作品賞を受賞したほか、台湾やその他のアジア地域でも放送され大きな反響を呼びました。日本では11月3日よりNHKBS2で日本タイトル「チェオクの剣」として放送が始まります。
インフォメーション
放送:韓国MBC、2003年7月28日- 9月9日
製作 : 演出 イ・ジェギュ
脚本: ジョン・ヒョンス
出演 : ハ・ジウォン、イ・ソジン、キム・ミンジュン
ストーリー
父に先立たれ、兄と母とも生き別れたジェヒ。後にチェオクと名を変えるこの女の子は奴隷としてファンボ・ユンの家に引き取られます。身分の差がありながらもチェオクはファンボ・ユンに可愛がられ、共に山の中で武術の達人に武道を学びながら兄妹のように育ちます。
後に国の治安を守る従事官になったファンボ・ユンは、「茶母」としてチェオクをそばにおき、チェオクは危険な犯罪捜査にも無謀なまでに乗り込み懸命に働いていました。
そんなある日、謀反をおこそうと企む一味のリーダー、ファン・ソンベクに出会うチェオク。敵同士でありながらも二人は互いをどこか懐かしく感じるのでした。
キャスト

チェオク(23) -ハ・ジウォン

左捕盗庁で 従事官ファンボ・ユンの部下として働くチェオク。「茶母」とは下働きのような地位に当たるもので、幼い頃から修めた武術を活かし、犯罪事件の捜査に活躍しています。
特に2本の短刀を操る術に長けています。


ファンボ・ユン(31) -イ・ソジン

従事官とは職位の高い警察官のようなもの。名家の出ではありますが妾の子どもとして育ち、心に深い傷を持っています。
完璧に仕事をこなし、部下を気遣い信頼も厚いため早くに出世しますが、他からの嫉妬により様々な困難も経験することとなります。
幼い頃から一緒に育ったチェオクを愛しています。


チャン・ソンベク(30) – キム・ミンジュン

謀反をおこそうと企む一味のリーダー。男らしいカリスマ溢れる 剣の達人で部下からの信頼も厚い人物ですが、幼い頃にまきこまれた事件によって心に深い傷を負っています。

ロケ地紹介
このドラマは韓国の様々な地域で撮影が行われています。
アクセスを問わず、それぞれのシーンに最適な雰囲気あるロケ地が厳選されているため、風景は抜群ですが、観光スポットとして外国人が訪れるには無理のあるところが多いため、ここでは比較的行きやすいスポットをご紹介します。
::::::::::::::::::::::::: 韓国民俗村 :::::::::::::::::::::::::
第1回からよく登場する左捕庁がここで撮影されました。
>> 韓国民俗村インフォメーションはこちら
::::::::::::::::::::::::: 忠州湖 :::::::::::::::::::::::::
第5回で田舎の渡し場の風景が撮影されました。
>>忠州湖インフォメーションはこちら
::::::::::::::::::::::::: 聞慶セジェ :::::::::::::::::::::::::
第7回でチャン・ソンベクとチェオクが馬に乗っているシーンがここで撮影されました。
>>聞慶セジェ インフォメーション
::::::::::::::::::::::::: 広寒楼 :::::::::::::::::::::::::
第9回でチェオクが池で泳ぐシーンが撮影されたところ。
>>広寒楼インフォメーションはこちら
::::::::::::::::::::::::: 仙岩寺 :::::::::::::::::::::::::
第10回でチェオクが訪れた寺。
>>仙岩寺インフォメーションはこちら
::::::::::::::::::::::::: 恋浦海水浴場 :::::::::::::::::::::::::
最終回のファンボ・ユンとチャン・ソンベクの戦いは多くの人の心に残るシーン。忠清南道泰安郡の恋浦海水浴場で撮影されました。

>>恋浦海水浴場インフォメーションはこちら
フォトギャラリー