goto content


Food_Themed_Streets_Guide_Book

Food_Themed_Streets_Guide_Book

h1 Title

print

テコンドー紹介

テコンドー紹介1 : 運動
テコンドーは体全体を使って防御と攻撃の技術、そして精神鍛錬を行う韓国固有の武道。2000年のシドニーオリンピックで正式種目に採用され、世界中で楽しまれるスポーツとして、徐々にその競技人口を増やしています。
テコンドーは別名「足のボクシング」とも言われるほど、足を使った技が多彩な点が特徴とされ、そのスピーディーな動きが魅力。韓国の国技とされるこの「テコンドー」の魅力を紹介します。
 


• 運動としての「テコンドー」

韓国でテコンドーは子どもたちの成長発育、大人たちの体力増進にとあらゆる世代に楽しまれる運動。テコンドーの技術は身体の関節部を利用したものが多く、身体の柔軟性も必要とされます。大きな声を出しながら全身をダイナミックに使うため、現代人にはストレス解消の運動としても親しまれています。
テコンドー紹介2 : 格闘技


• 格闘技としての「テコンドー」

テコンドーは武器を使わず身体ひとつで防御と攻撃をする格闘技。
他の格闘技と大きく異なる点はやはり多彩な足技。
その攻撃力は非常に力強く、この足技こそがテコンドーを世界のスポーツにした大きな理由と言えるでしょう。
テコンドー紹介3 : スポーツ


• スポーツとしてのテコンドー

テコンドーはオリンピックやアジアンゲームなど、世界中のスポーツの祭典で正式種目として採用されているスポーツです。競技の際には頭と胴の部分に防具をつけ、指定された技のみを使って戦います。
テコンドー紹介4 : 精神鍛錬


• 精神鍛錬としてのテコンドー

テコンドーは身体的な鍛錬だけでなく、精神的な鍛錬にもなります。厳しい修行を積んだ者のみが強く、そして人間的にも成長した者として認められます。また、修練者は日々繰り返される練習の中で自然と礼節と人間性を身に付けていくとされています。
茂朱テコンド?園


• 茂朱テコンドー園

韓国伝統武芸のテコンドーを学ぶことができる茂朱(ムジュ)テコンドー園が、2014年4月に全羅北道茂朱郡にオープンしました。国際競技や体験、修練、教育、研究、交流などができるテコンドーの専門空間で、321万4千m²の敷地面積があり、T1競技場やテコンドー博物館、彫刻公園、展望台、モノレールなど、様々な施設が備えられています。
詳細はこちら