goto content


h1 Title

print
韓国グルメ : 韓国料理ベストTOP10 韓国グルメ : 韓国料理ベストTOP10 韓国グルメ : 韓国料理ベストTOP10
最近の世界的なトレンドは「健康」。健康であろうと願う多くの人々の関心が健康食に傾く中で、キムチを代表する韓国料理が健康食として世界的な注目を集めています。そこで今回のトピックスでは、韓国代表料理TOP10とお勧めレストランをご紹介。基準は文化体育観光部と農林畜産部が行った外国人に対するアンケート調査と海外での韓国レストランで最もよく売れているメニューを調査したものなどとしています。さぁ貴方は全部食べたことがありますか?

韓国グルメ No.1

キムチ
韓国と聞いて思い浮かぶものの一つに必ず挙げられるのがキムチ! キムチは韓国の人々の食卓に欠かせない醗酵食品で、健康食品に多くの関心が寄せられる今日では、韓国だけでなく多くの国でも大衆化している食べ物になりました。キムチは一般的に赤い唐辛子粉で味付けした白菜のキムチがよく知られていますが、実際には数々の種類があります。また鍋や炒めものなど、キムチを使った様々な料理があるのも人気の秘訣です。

TIP : キムチは主食を補うおかずであり、キムチだけを食べることはありません。普通ご飯に添えて出したり、異なる食材と一緒に料理して食べたりします。
お勧めレストラン : チョアジョッシ キムチチゲ(チョおじさんのキムチ鍋)- 電話 02-752-1927、営業時間 09:00~21:00、キムチチゲ(2人分) 12,000ウォン、ソウル地下鉄1・2号線「市庁駅」11番出口 ヒョソンビル横の路地を約10メートル
 

韓国グルメ No 2.

ビビンバ
ビビンバはキムチと一緒に挙げられる韓国を代表する料理。白いご飯に肉や和え物など色々なものをのせ、唐辛子味噌やゴマ油を加え、かき混ぜて食べる料理です。様々な食材を使い健康に良いだけでなく、味もよく、簡単に作れるため人気が高く、機内食にも採用されています。ビビンバの故郷とも言われる全州(ジョンジュ)が有名で、ソウルにも専門店が何軒かあります。

TIP : 食べる前に唐辛子味噌とご飯が完全に混ぜ合わさるまでお箸で混ぜるのがコツ。混ざったらスプーンで食べます。
お勧めレストラン : 古宮(インフォメーションはこちら)、 テンジャン芸術・テンマル(インフォメーションはこちら
 

韓国グルメ No 3.

宮中料理(高級韓定食)
宮中料理は最高の料理人が数十代にわたって受け継いできたノウハウに、研究に研究を繰り返して作り出した最高の韓国料理の総結集。宮中料理は宮中で祭事が行われる時、王族が食べていたもので、それが貴族や平民にも伝わり、韓国料理や文化全般に大きな影響を及ぼしました。この宮中料理すなわち高級韓定食を食べることは韓国の伝統料理文化そのものを体験するに等しいと言っても過言ではないでしょう。値段は高めですが、是非一度は食べていただきたいものです。

TIP : 韓定食とはいわゆる韓国料理のフルコースとも言われる食事のスタイルで、数々の料理が出されます。中でも8種類の具をクレープ状の皮に巻いて食べる九節板(クジョルパン)や中央に穴の開いた鍋に色とりどりの食材を美しく並べた神仙炉(シンソルロ)は宮中料理を代表する料理です。
お勧めレストラン : チファジャ国立劇場店(インフォメーションはこちら)、宮宴(清潭店)(インフォメーションはこちら)、石坡廊(インフォメーションはこちら)、龍水山(インフォメーションはこちら
 

韓国グルメ No 4.

カルビ
韓国人が最も好む肉料理がサムギョプサルと言われる豚バラ肉とプルコギ、カルビ。中でもカルビは最も高級な肉です。牛や豚のカルビを7センチ程度の幅に切り、約1センチ厚に平たく切り広げて切り目を入れ、ネギやニンニク、ゴマ油、醤油、砂糖などを混ぜて作った薬味に漬け込みます。味が染みた肉を中火にかけて焼くと、独特の味と柔らかい食感が楽しめます。韓国の家庭でも誕生日などの特別な日にだけ作られたりもしますが、主に専門店で食べられます。

TIP : 専門店に行けば店員がハサミで切って、頃合を見ながら焼いてくれます。骨についた肉も手に持って残さず食べましょう。
お勧め店 : ノルブチプ壷カルビ(インフォメーションはこちら)、碧帝カルビ(インフォメーションはこちら
 

韓国グルメ No 5.

プルコギ
プルコギとは醤油やネギ、ニンニク、胡椒などで作ったタレにじっくり漬け込んだ牛肉や豚肉を焼いて食べる料理。甘くて肉も柔らかいため子どもからお年寄りまで幅広く人気の高いメニューです。作り方も簡単で、韓国では家庭料理としても食卓に上るメニューです。

TIP : 味がしっかり付いているのでご飯と相性抜群です。
お勧めレストラン : * クァンヤン プルコギ本店-ソウル地下鉄2号線「江南駅」1番出口出て駅三駅方面に約100メートル。* プルコギブラザーズ-ソウル地下鉄2号線「乙支路入口駅」5番出口と6番出口の間の路地を徒歩約4分。
 

韓国グルメ No 6.

サムギョプサル
サムギョプサルとは、肉と脂肪の部分が3重になっている豚の腹部分、即ちバラ肉のこと。世界的に見ても韓国は世界一のバラ肉消費国と言われています。生のバラ肉を鉄板でカリッと焼きあげ、サンチュに付け合せの野菜やおかずなどと一緒に包んで食べますが、更に相性がいいのが韓国焼酎。価格も安く大衆的に愛されるメニューだけに、会社員が仕事帰りにちょっと一杯という時にもよく食べられます。

TIP : カリッと焦げ目がついたくらいに焼いてサンチュの上に乗せ、好みでニンニクやキムチ、味噌、付け合せのおかずなどをのせてから巻いて食べます。
お勧めレストラン : *トックサム時代(インフォメーションはこちら
 

韓国グルメ No 7.

参鶏湯
参鶏湯(サムゲタン)はヒナ鶏の腹の中に高麗人参やナツメ、もち米などを入れてじっくり煮込んだ滋養食。韓国人は暦上の初伏(チョボク)、中伏(チュンボク)、末伏(マルボク)と言われる夏の最も暑い日にこの参鶏湯を食べて力を補うという風習があり、この日はどの参鶏湯専門店にも人でいっぱいになります。

TIP : スープに塩気が足りなかったら塩を足して味を調え、鶏肉はお箸でほぐして好みにより塩を少しつけて食べたりします。お腹の中に入った具はスープと一緒にスプーンで、中に入った高麗人参は既に成分がスープの中に溶け出しているので食べても食べなくてもOKです。
お勧めレストラン : *高麗参鶏湯(インフォメーションはこちら)、栄養センター(インフォメーションはこちら
 

韓国グルメ No 8.

冷麺
冷麺はソバ粉に澱粉を混ぜて作ったコシの強い麺が特徴。薄く切った肉やキュウリ、梨、卵などを麺の上に飾り、牛肉を長時間ゆでて冷たくしたスープで食べるのは水冷麺。スープではなくいろいろな薬味が入った唐辛子味噌で混ぜて食べる混ぜ冷麺もあります。
最近は夏によく食べられるようになりましたが、季節を問わず一年中楽しめる定番メニューです。

TIP : 水冷麺は麺をハサミで切った後によくほぐし、一緒に出される辛子と酢で味を調えて食べます。 混ぜ冷麺は同様にハサミで切った後、味噌が麺に均一に混ざるように混ぜてから食べます。一緒に出されるスープは水冷麺のスープなので、これを飲みながら食べるとコクのある味が楽しめます。
お勧めレストラン : 南浦麺屋(インフォメーションはこちら
 

韓国グルメ No 9.

海産物料理
三方を海に囲まれた韓国は海産物料理が発達している国のひとつ。 中でも韓国人が最も好む海産物料理に、ネギや野菜、海産物などの材料をお好み焼き状に焼いた海産物パジョンや刺身、新鮮な魚介類でスープをとった辛味鍋やチゲがあります。特に海産物パジョンは子どものおやつや酒のつまみとして人気があり、ドンドン酒と言われる民俗酒と一緒に食べられます。

お勧めレストラン : * 仁寺洞ハンアリスジェビ / +82-2-735-5481、営業時間 11 :30 ~ 21 :30、旧正月、正月、秋夕(旧暦8月15日)、地下鉄3号線「安国駅」そば仁寺洞5キル * 東萊パジョン / +82-2-322-9483、営業時間 14:00~02:00、年中無休、ソウル地下鉄2号線「新村駅」そば
 

韓国グルメNo 10.

トクと言われる餅は韓国人がおやつとしてよく食べるもの。米を主な材料に、雑穀や木の実、野菜など様々な素材を使った様々な種類のトクがあり、その種類は100種類にもなるといいます。
餅は特別な祭祀や誕生日などの記念日などにも食べられる食べ物で、専門店の他にもスーパーや餅専門のカフェなどもできています。

お勧めレストラン : チルシル ー ソウル地下鉄3号線「安国駅」6番出口を出て直進しクラウンベーカリーの角を左折して仁寺洞通りに入ります。しばらく直進し、5、6分歩くと左側にあります。仁寺洞4つ角約100メートル手前。
取材:ホン・ミギョン