goto content


Food_Themed_Streets_Guide_Book

Food_Themed_Streets_Guide_Book

h1 Title

print

釜山シティツアー

釜山は韓半島の南東に位置する韓国第一の港町で、さまざまな海洋観光地や史跡、洗練されたショップなど、見どころの多いエリアです。バスや地下鉄などの公共交通機関が発達し、観光地間の移動が便利で、「シティツアーバス」を利用してスムーズに釜山の名所を見て回ることができます。シティツアーバスは循環運行しているレッドライン、ブルーライン、グリーンラインと歴史文化探訪、乙淑島生態体験、夜景コースなどのテーマ予約コースがあります。

☞ 釜山シティツアーバス情報

  • ● シティツアーコース(循環型コース)
  • シティツアーコース(循環型コース)はバスが停車する停留所で自由に乗り降りができ、安い料金で様々な観光地を巡ることができます。
  • 【レッドライン(釜山駅⇔海雲台)】
  • 出発時間:釜山駅 始発9:30、最終16:30(30分間隔で出発)
  • 所要時間:約2時間10分
  • 運行路線:釜山駅在韓UN記念公園釜山博物館⇒龍湖湾遊覧船ターミナル⇒広安里海水浴場釜山観光公社アルピナ⇒マリンシティー⇒海雲台冬栢島海雲台海水浴場新世界センタムシティー映画の殿堂釜山市立美術館BEXCO⇒平和公園⇒光復路⇒釜山駅
  • 【ブルーライン(海雲台⇒海東龍宮寺)】
  • 出発時間:釜山駅 始発9:15、最終10:15/海雲台海水浴場 10:20、最終15:50(30分間隔で出発)
  • 所要時間:約1時間10分
  • 運行路線:海雲台海水浴場⇒海雲台タルマジキル松亭海水浴場水産科学館海東龍宮寺⇒東釜山観光団地⇒松亭液⇒釜山市立美術館・BEXCO⇒海雲台海水浴場
  • 【グリーンライン(五六島⇒荒嶺山)】
  • 出発時間:龍湖湾遊覧船ターミナル 10:00、最終 17:00(40分間隔で出発)
  • 所要時間:約1時間20分
  • 運行路線:荒嶺山⇔龍湖湾遊覧船ターミナル⇔五六島
  • ● テーマ予約コース
  • 歴史文化探訪コース
  • 近隣地域で発見された遺物が展示されている福泉博物館、韓国の仏教界の中心地のひとつである梵魚寺を巡るコースです。
  • 出発時間:9:20(1日1本)
  • 所要時間:約4時間10分
  • 運行路線:釜山駅⇒佐川洞(経由)⇒ジニャンサゴリ(経由)⇒釜山市民公園(60分)⇒福泉博物館(30分)⇒梵魚寺(40分)⇒繁栄路(経由)⇒釜山駅
  • 乙淑島生態体験コース
  • 釜山西部の名所と、天然記念物指定の渡り鳥がやって来る「乙淑島」の自然生態が観賞できるコースです。
  • 出発時間:始発9:40、最終14:10(1日2回)
  • 所要時間:約3時間40分
  • 運行路線:釜山駅⇒影島大橋(経由)⇒南港大橋(経由)⇒松島海水浴場釜山 岩南公園(20分)⇒多大浦海水浴場・没雲台(経由)⇒峨媚山展望台(40分)⇒洛東江河口エコセンター(50分)⇒BIFF広場(旧:PIFF広場)チャガルチ市場(経由)⇒釜山駅
  • 1階バス夜景ツアー
  • 広安里や海雲台海水浴場を経て美しくライトアップされた広安大橋を渡り、夜景コースのハイライトである金蓮山青少年修練館から釜山の夜景を望むことができるコースです。
  • 出発時間:10~4月は19:00、5~9月は19:30出発(1日1回)
  • 所要時間:約2時間30分
  • 運行路線:釜山駅⇒釜山大橋(経由)⇒釜山港大橋(経由)⇒広安里海水浴場(経由)⇒海雲台海水浴場(フォトタイム10分)⇒広安大橋(経由)⇒金蓮山青少年修練院(フォトタイム10分)⇒釜山駅
  • ※夜景コースは「1階バス夜景ツアー」「2階建てバス夜景ツアー」「ホテル経由夜景ツアー」の全部で3コースがあります。その他のコースに関しては釜山シティツアーバスホームページをご参考ください。

☞ More info

  • 出発場所
  • 釜山駅広場のアリラン観光ホテル前(釜山都市鉄道1号線「釜山駅」8番出口、「釜山駅」(鉄道駅1番出口)
  • 利用方法
  • シティツアーコース(循環型コース)
  • 現地で運転手から先着順で乗車券を購入します。チケット1枚で1日中乗り換えが可能です。各コース別にどの停留所でも乗車・下車することができます。予約はできません。
  • テーマ予約コース
  • 釜山駅の乗車場所でのみ乗車可能です。他のコースと乗り換えはできません。乗車10日前から1日前の16:00まで、電話での予約が必要です。残席がある場合のみ現地で先着順に運転手から乗車券を購入することができます。
  • 料金:大人(満19歳以上) 15,000ウォン、学生・子ども(満4歳~満18歳)8,000ウォン
  • ※乗車券の割引:エアプサンの乗車券、国際クルーズチケット、KTX当日チケット、Rail-Roチケットを提出すると大人20%割引
  • 乗車券の購入
  • 電話予約: ARS +82-1688-0098(日本語)
  • ※乗車券の受け取り: バスに乗車する時に運転手から受け取ります。
  • ※各コースの運行時間は天候および交通状況によって変更になる場合があります。
  • 運休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は通常運行)
  • 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)
  • 釜山シティツアーバス:http://www.citytourbusan.com/ko/00main/main.php(日本語)
  • 釜山文化観光:http://jtour.busan.go.kr/index.busan(日本語)
在韓UN記念公園

在韓UN記念公園は世界で唯一のUN軍の墓地で韓国戦争(朝鮮戦争)のUN軍の戦死者たちが眠る場所です。ここは韓国戦争(朝鮮戦争)が起こった翌年の1951年1月、戦死者の埋葬のためUN軍の司令部が造り、4月に墓地が公園化されたとともに全国に仮埋葬されていたUN軍の戦死者の遺骨が安置されました。

釜山博物館

先史時代から近代にいたるまで、釜山の歴史を一目で見ることのできる場所です。釜山地域の郷土の遺物を発掘・調査し、伝統文化体験プログラムや民俗教室を開き、韓国の伝統文化を知らせる場所でもあります。

冬栢島

冬栢島は海雲台海水浴場の西側にあります。本来は島だった場所が長い歳月の堆積によって陸地とつながった今でも冬栢島と呼ばれています。昔は椿の花が多く咲きましたが、現在は松の木が青々と茂っている姿を見ることができます。

海雲台海水浴場

右に「タルマジギル」、左に「冬栢島」のある海雲台海水浴場は広く白い砂浜と美しい風景、交通の便がよいことから観光客に人気があります。年中、祭りが行われ、釜山国際映画祭のイベント会場としてもその名声を誇っています。特に、夜になると都市のライトと夜空が調和をなし、幻想的な夜景が演出されます。

新世界センタムシティー

「都心の中のオアシス」がコンセプトの複合ショッピング空間で、ショッピングはもちろんのことスパランド、文化センター、ギャラリー、野外パークなど各種レジャー文化施設を楽しむことのできる場所です。「黄金の光の海」を表現した野外照明は夜になると建物を美しく光らせます。

映画の殿堂

世界的な映画祭として有名な釜山国際映画祭(BIFF)の専用館です。2011年の映画祭の開幕式と同時オープンした映画の殿堂は総面積5万4335平方メートルの広さに地下1階から地上9階立ての規模で建設されました。多目的公演会場と3つの上映館、BIFF事務局、映像メディアセンター、多様な便宜施設などがとりそろっています。映画の殿堂の象徴である「ビックルーフ」はギネスブックにも登録されました。

釜山市立美術館

釜山市立美術館は釜山文化会館、市立博物館など並ぶ釜山の代表的な文化空間です。展示室と収蔵庫、教育研究室、事務空間、野外彫刻公園などで構成されており、多様な教育プログラムと文化イベントが年中行われています。

海雲台タルマジキル

釜山のモンマルトルと呼ばれているタルマジギルは海雲台海水浴場から松亭海水浴場に向かう道にある小さな峠です。峠を上ると空にある月を良く見えることから「タルマジギル」と呼ばれています。大小様々なギャラリーと特色あるかわいらしいカフェやレストランなどがあり、映画やドラマの撮影地としても有名な場所です。

松亭海水浴場

松亭海水浴場は長さ1.2km、幅57mの長くて広い砂浜です。水深が浅くて波も高くないので子ども連れの家族で海水浴をするのに最適です。海の水が澄んでいて静かで穏やかな海岸です。海水浴場のすぐ目の前に灯台が、周辺には公園があります。

水産科学館

水産科学館は海洋水産に関する科学技術の発展過程と未来像を紹介し、海について広く広報するために19979年5月26日にオープンした韓国初の海洋水産総合科学館です。新しい展示物を持続的に発掘、展示していたり、海の体験教室、海洋水産教室、水産生物体験教室などを運営していたり、特別展示会など多様な企画イベントを行っています。

海東龍宮寺

1376年に建てられた寺院で、心から祈祷すれば誰でも1つの願い事が叶う場所であるとして有名です。海東龍宮寺は「海の東側にある龍の宮殿」という意味で崖の上に建てられた寺院までの道はまるで波打つ海の中にある龍宮に入るかのようです。大雄殿と3層石塔、108段の階段、約10mの高さの海水観音大仏石像、薬水などがあります。

荒嶺山

典型的な都心地の中にある山で3時間以内で上り下りができます。朝鮮時代に軍事上、重要な通信手段であった烽燧台が山の頂上に設置されており、現在は毎年、山神祭と一緒に烽火を再現しています。

五六島

五六島は釜山港を頻繁に出入りする各種船舶が必ず通る場所で釜山港の象徴です。五六島という名前の由来は防牌島と松島から探すことができます。2つの島は下の部分がほぼつながっていて引き潮の時には1つの島のように、満ち潮の時には2つの島のように見えます。このように潮汐の差によって島が5つまたは6つに見えることから五六島と呼ばれています。

福泉博物館

福泉博物館は1996年10月にオープンした考古専門博物館で、伽倻および日本を含めた近郊国家の遺物と比較展示を見ることができます。特に釜山地域の埋葬文化財に関する発掘、展示、広報を行っています。

梵魚寺

金井山の東側の中腹にある梵魚寺は新羅(BC57∼AD935)第30台文武王(在位661~681)時代に建てられました。梵魚寺は山の中にあるのでどこからでも美しい景色を見ることができ、境内には宝物に指定されている大雄殿、石塔など多くの文化財があります。仏教経田と仏教絵画など価値の高いブ遺物を展示している博物館と僧侶になるための大学もあります。

釜山 岩南公園

天恵の海岸絶景を誇る「岩南公園」は、釜山・岩南洞のチンジョン山一帯の自然公園で、うっそうとした森に囲まれています。散策路では海を眺めながら山林浴を楽しむことができ、途中にある休憩広場からは、目の前に広がる涼しげな海を見下ろすことができます。一周するのに1時間ほどかかり、入場料はありません。

多大浦海水浴場

釜山の西南側にある多大浦海水浴場の「多大浦」という名前は「大きくて広い浦口」という意味です。この海水浴場は洛東江の淡水と海の水が出会う河口付近にあり、水温が高くて水深が浅いことが特徴です。洛東江の上流に築造されたダムによりだんだんと干潟になりつつありますが、各種生物たちの住処となり、自然学習の場として脚光を浴びています。

洛東江河口エコセンター

洛東江河口の渡り鳥飛来地は天然記念物179号に指定されており、環境的に大変重要な場所となっています。洛東江河口エコセンターには洛東江河口の歴史と生成過程、洛東江河口に生息している渡り鳥が展示されています。壁の一方がガラスになっているため、洛東江河口の全景を眺めることができます。 また、葦で探鳥用の穴蔵をつくる葦体験、河口踏査、植物観察体験のような各種体験プログラムが運営されています。

広安里海水浴場

釜山・水営区にある海抜415メートルの金蓮山には昔、「般若庵」と「波羅密多」という名前の寺院があったとされていますが、現在は寺院跡のみが残っています。金蓮山は寺から美しく響いてくる鐘の音で有名で、山の頂上から望む釜山港や広安里沿岸の夜景はとても美しく、一度見たらまた訪れたくなるほどです。山の中には青少年修練院や薬水の出る泉、登山路などがあり、市民の憩いの場となっています。

金蓮山

釜山・水営区にある海抜415メートルの金蓮山には昔、「般若庵」と「波羅密多」という名前の寺院があったとされていますが、現在は寺院跡のみが残っています。金蓮山は寺から美しく響いてくる鐘の音で有名で、山の頂上から望む釜山港や広安里沿岸の夜景はとても美しく、一度見たらまた訪れたくなるほどです。山の中には青少年修練院や薬水の出る泉、登山路などがあり、市民の憩いの場となっています。

※最終更新日:2015年7月8日