goto content


位置

2018年平昌冬季五輪の開催地、江原道の魅力盛りだくさん!

2018年平昌冬季五輪の開催地、江原道の魅力盛りだくさん!
2011年7月7日の午前0時、 南アフリカのダーバンで行われた第123回国際オリンピック委員会(IOC)総会において、63票という圧倒的な支持を受けて「2018年冬季五輪開催地」として平昌が選定されました。平昌は首都ソウルから約182km、バスで約2時間30分の場所にあり、秀でた自然景観と気候風土で四季折々で観光客が多く訪れます。特に夏は山や渓谷を、冬は韓国最高のスキー場でウィンタースポーツを楽しめることで有名です。
2018年平昌冬季五輪が開かれる主な競技場は、平昌、江陵、旌善にあり、この3ヶ所は車で30分かからずに移動できるので競技観戦はもちろんのこと、観光コースとしても最適な条件を併せ持っています。
江原道(カンウォンド)
四季折々の観光地、江原道
2018年に世界中の注目を集める平昌、江陵、旌善がある江原道地域は、ウィンタースポーツの中心地であるだけでなく、韓国で自然が最もよく保存されている清浄地域としても選ばれています。東側は質がよく豊富な砂と深くて透き通った海がある韓国最高の海水浴場が海岸線に絶え間なく続いています。高い山と渓谷が多く、韓国3大ラフティング地域が集まる場所でもあります。
江原道は、夏には涼しい森や海、冬には幻想的な雪景色を鑑賞出来る雪が積もる山やスキー場、春秋には鬱蒼とした森が花や紅葉になり、多彩に変化する自然の驚異を感じられ、一年中いつでも旅行できる場所です。
平昌(평창/ピョンチャン)
平昌(ピョンチャン)
2018年平昌冬季五輪の雪上種目の大部分が行われる「アルペンシア・クラスター」がある場所です。アルペンシア・クラスターとは大会の開幕式と閉幕式が開かれる「オリンピックスタジアム」の役割を果たす予定です。オリンピック競技場があるアルペンシアリゾートスキー場竜平リゾートスキー場普光フェニックスパーク・スキー場は冬のスキー旅行の中心地で、特に最も多くの競技が開かれるアルペンシアリゾートは、スキー場、ゴルフ場、ウォーターパーク、ホテル、コンベンションセンターなどを併せ持つ超大型の複合観光団地で、国際的な観光名所として浮上しています。
この他にも、平昌には、東洋最大規模の高原地帯が広がる大関嶺三養牧場と鬱蒼とした山林がそびえる五台山国立公園韓国自生植物園ハーブナラ農園などがあり、一年中自然が醸し出す景色が楽しめます。
-> 平昌紹介&おすすめ旅行
江陵(강릉/カンヌン)
江陵(カンヌン)
2018年平昌冬季五輪の全ての氷上種目が開かれる「コスタル・クラスター」がある都市で、韓国の代表的な夏の休養地として有名な場所です。江陵には東海岸に沿って約10ヶ所の海岸が絶え間なく続いています。東海岸最大の鏡浦海水浴場、世界で海と最も近い汽車駅の前に広がる正東津海水浴場などが有名です。
海の上を横切り、海岸へ向かうアラナビジップライン、海をみながら海岸線に沿って走行する海岸列車などさまざまな体験ができます。
また、秀でた歴史文化の遺跡地と伝統がしっかり保存されている江陵にはユネスコ無形文化遺産に指定されている江陵端午祭が毎年開かれています。300年以上上流階級の古宅であった船橋荘、16世紀の代表的な大学者の生家である烏竹軒、日の出の名所として有名な鏡浦台など見どころがたくさんあります。
-> 伝統文化が息づく東海岸の旅、江陵
-> ユネスコ無形文化遺産
旌善(정선/チョンソン)
旌善(チョンソン)
2018年平昌冬季五輪のために新しく作られた中峰スキー場(2016年完工予定)にある旌善は、江原道でも美しい観光地とされる場所です。都会では見られなくなった在来市場の風景を維持した旌善5日市、1900年代中盤まで実際に金を掘っていた金鉱の坑道が見られる画岩洞窟、かつての汽車鉄道を走行しながら秀でた景色が見られる旌善アウラジレールバイクなどは素朴ながら美しい旌善の景色を楽しむのに最適です。

特に、毎年スキーシーズンに韓国観光公社が開催する「Fun Ski & Snow Festival」が開かれるハイワンスキー場周辺には韓国人および外国人が利用できる江原ランドカジノや料理をテーマにした韓国ドラマ『食客』のロケ地であり、格調高い韓国伝統宮中料理を味わえる雲岩亭の美しい庭園があります。
その他の観光地

韓国の名山のひとつであり、四季を通じて美しい景色と秀麗な山並み、多様な登山コースがある雪岳山国立公園が束草(ソクチョ)と麟蹄(インジェ)にかかっていて、韓国3大ラフティング地域である麟蹄の内麟川ラフティング、寧越(ヨンウォル)の東江ラフティング、鉄原(チョロン)の漢灘江ラフティングがあります。

東海岸にある三陟(サンチョク)には、天然記念物として指定されている幻仙窟と大金窟、海岸に沿ってレールバイクで走行する三陟海洋レールバイクなどがあります。ソウルから列車で約1時間で行ける春川(チュンチョン)にはカップルのデートコースとして有名な南怡島春川明洞タッカルビ通り、内陸の海と呼ばれるほど景色が美しい昭陽湖,、湖の中にある島である中島観光地などがあります。この他にも魅力的な見どころや体験が思う存分できる場所がここ江原道です。
2018 平昌冬季五輪インフォメーション

期間:2018年2月9日~25日(予定)
会場:江原道 平昌郡、江陵市、旌善郡

開催競技場
- 雪上競技: 平昌アルペンシア・クラスター(アルペンシアリゾートスキー場, 竜平リゾートスキー場)
普光フェニックスパーク・スキー場、旌善(中鋒アルパイン競技場)
- 氷上競技: 江陵コスタル・クラスター(江陵室内スケート場、鏡浦アイスホール競技場など)

平昌冬季五輪ホームページ: http://www.pyeongchang2018.org/ (韓、英、仏)
江原道テーマ別・おすすめ旅行 平昌紹介&おすすめ旅行 平昌紹介&おすすめ旅行 ?統文化が息づく東海岸の旅、江陵 江原道のスキーリゾート 江原道の味紀行 ロマンチックな旅行の代名詞 京春線に乗って行く春川旅行  ロマンチックな旅行の代名詞 京春線に乗って行く春川旅行 
日付    2011/08/19