goto content


位置

【ドラマ紹介】 「ベートーベン・ウイルス」


演技派俳優キム・ミョンミンのカリスマ溢れる演技が光る作品「ベートーベン・ウイルス」は、三流オーケストラを題材にした音楽ドラマ。音楽への情熱だけで集まった楽団員たちの成長のストーリーと、自分勝手な指揮者カン・マエの毒舌が、見る楽しみを倍増させるドラマ「ベートーベン・ウイルス」は、きれいな映像と美しい旋律が特に印象的な作品。「チェオクの剣」を演出したイ・ジェギュ監督が演出したこの作品は、カリスマ溢れる俳優キム・ミョンミンと、「太王四神記」のヒロインイ・ジア、悪役出身の俳優チャン・グンソクに、演技力のある助演俳優たちが加わり、ドラマの完成度をさらに高めています。

ドラマインフォメーション

監督: イ・ジェグュ
出演俳優: キム・ミョンミン、チャン・グンソク、イ・ジア 
放送局: MBC
放送日時: 2008年9月10日~2008年11月12日 水・木 夜 9時 55分
ホームページ : http://www.imbc.com/broad/tv/drama/thoven/index.html(韓国語)

ストーリー

ソクラン市の文化芸術課で公務員をしているトゥ・ルミは、プロジェクト・オーケストラを創設する業務を任されます。しかし公演のプロデューサーが資金を横領して逃亡し、楽団員までもが皆去って行ってしまいます。紆余曲折の末、専業主婦や高校生、痴呆にかかった老人などから成るオーケストラを率いることになりますが、悪名高い指揮者カン・マエがやってきてからはオーケストラは恐怖に包まれます。楽団員たちの粗末な実力に腹を立てたカン・マエはオーケストラを去ろうとしますが、トゥ・ルミやカン・コンウの粘り強い説得でオーケストラを指揮することに。しかし、ルミは次第に耳が聞こえなくなり、楽団員たちは新しい団員たちに追い出される形で解雇され、オーケストラは困難に立たされます。

キャスト

カン・マエ(キム・ミョンミン) 
エリートコースを歩んで成功したオーケストラの指揮者で、秀でた実力を持っています。世界的にも名盤に数えられるシンフォニー・アルバムを出したりもしましたが、約10年の間に世界の音楽界で多くの事件・事故を起こした問題児としても有名。他人のことを気にせず、自慢するのを生きがいとしているため、他人にやたらめったに毒舌を吐いたりもします。実力だけで人を評価し、指揮するオーケストラを全て解体してしまうことでも有名。
カン・コンウ(チャン・グンソク) 
25歳の交通警察官で、天性的な音楽的才能を持っています。高校の頃習ったトランペットで軍楽隊でも活動。ストレートな性格で、納得できないことにはなかなか筋を曲げないがんこさも。強い性格とは異なり、内面では繊細な感受性を持っています。他人の目は気にしませんが、他人を思いやれる義理堅い男。自分の進む道に向かって一生懸命努力するスタイルで、カン・マエに出会って指揮者としての才能に目覚めます。

トゥ・ルミ(イ・ジア) 
25歳のソクラン市所属の公務員。ソクラン市にオーケストラを作るという業務を任されますが、企画者からサギに遭い、お金をすべて盗られてしまいます。しかし、挫折しない肯定的な性格の持ち主で、音楽に対する情熱も。自らあちこち駆け回って作ったオーケストラの楽団長であり、第1バイオリニストとしても活動します。女らしい容姿とは異なり、活発な性格。
*写真:imbc

ロケ地紹介

プチ・フランス(Petite France)

夢と希望を与えてくれるサン・テクジュペリの『星の王子さま』をモチーフにしたプチ・フランスは、ドラマのメインロケ地であり、指揮者カン・マエの作業室や、トゥ・ルミとカン・コンウの初キスシーンの場所でもあります。また、ドラマに出演した全出演者たちのサインが展示されている場所でもあります。この他にも、150年以上にもなるフランスの古い家をそのまま移して来て再建した住宅展示館や、サン=テクジュペリの作品世界を垣間見ることのできる記念館、美しいメロディーが流れるオルゴールの部屋など様々な施設が備わっています。美しい自然景観と調和した様々な展示や体験イベントなどが年中企画されており、宿泊施設もあります。フランスの田園の村をそのまま移してきたこの場所は、韓国内で唯一フランスの文化が体験できる場所で、周辺には南怡島や虎鳴湖などの有名な観光地もあります。

住所: 京畿道加平郡清平面高城里 616番地
お問い合わせ: +82-31-584-8200
ホームページ: www.pfcamp.com
入場料: 8,000ウォン
アクセス方法: ①東ソウルターミナルまたは上鳳ターミナルから清平行きのバスに乗車 → 「清平駅」で降り、プチ
フランス行きのシャトルバスを利用。
②「清涼里駅」から春川行きの汽車に乗車 → 「清平駅」で降り、プチ・フランス行きのシャトルバスを利用。

*シャトルバスの運行時間:
(平日)
プチ・フランス発:
09:30, 10:30, 11:30, 14:00, 16:00, 17:00
「清平駅」発:
: 10:00, 11:00, 12:00, 14:30, 16:30, 17:30
(週末)
プチ・フランス発:
09:30, 10:30, 11:30, 12:30, 14:00, 15:00, 16:00, 17:00, 18:00(土)
「清平駅」発: 10:00, 11:00, 12:00, 13:00, 14:30, 15:30, 16:30, 17:30, 18:30(土) 
* シャトルバスの発着場所が「清平駅」に変更となりました。(2009.4.27)


大関嶺三養牧場

第11回でトゥ・ルミはカン・マエに対する自分の気持ちを整理するために自転車旅行に旅立ちます。トゥ・ルミを探しにこの場所にやってきたカン・マエと劇的な再会をし、二人はお互いの気持ちを確認し合います。抱き合う二人の後ろに見える美しい風車と広々とした牧草地は江原道にある大関嶺三養牧場!アジア一の規模を誇るこの牧場は、江原道の大関嶺一帯に600万坪規模で作られました。「ベートーベンウイルス」以外にも、映画「ブラザーフッド」や「永遠の片思い」、ドラマ「オータム・イン・マイ・ハート」など数多くの映画やドラマのロケ地としても有名です。

住所:江原道平昌郡道岩面橫渓2里山 1-107番地
お問い合わせ: +82-33-335-5044~5
ホームページ: http://www.samyangranch.co.kr (韩,英)
アクセス方法: 東ソウルターミナルから橫渓行きの市外バスに乗車(06:30~20:05/ 2時間30分所要/料金 13,200ウォン)-> シャトルバスの運行(2009年4月30日までシャトルバスの運行が中断されるため、タクシーを利用)

*入場料: 7,000ウォン


デイパーク 

第7回で痴呆にかかったオーボエ奏者のキム・カビョンはカン・マエに解雇の通知を受けます。しかし、自分がまだ演奏できるということを証明するために一人通りで演奏を続けます。カン・コンウはわざとキム・カビョンの演奏場所にカン・マエを連れて行き、その姿を見せます。10時間程一人でオーボエを吹き続けた姿を撮影した場所は、竜仁市星福洞にあるヨーロッパ風の複合文化空間「デイパーク路」。100余りのショップやレストランが集まるこの場所は、3つの棟に分かれており、ショッピングやグルメが同時に楽しめる場所です。また、デイパークの中央には噴水やベンチがあり、ゆっくりとした時間が楽しめ、週末には通りで公演が開かれたりもします。 

住所: 京畿道竜仁市水枝区星福洞 89番地
観光案内電話: +82-31-1330 (日本語可)
アクセス方法: 地下鉄2号線「江南駅」6番出口 → まっすぐ進み、バス停から6800番のバスに乗車 → 星福洞「カンナムマウル」バス停で下車

日付    2009/03/10