goto content


位置

ソルラル(旧正月)の風景

韓国では正月を伝統的に旧暦で祝い、2014年は1月31日(金)が「ソルラル(旧正月)」となり、1月30日(木)~2月2日(日)がソルラル連休に当たります。この時期になると、韓国のほとんどは、各地で暮らしている家族が久々に一堂に集まり先祖を敬う儀式を行ったり、伝統ノリ(遊び)をしながら楽しい時間を過ごすことがソルラルの本来の意味です。実際に韓国の一般家庭ではどのようにして過ごすのか、その様子をご紹介します。

★事前準備★デパートや市場で贈り物や食材を購入!


ほとんどの韓国の家庭では、ソルラル(旧正月)の約1週間前から忙しくなります。茶礼(チャレ)をするために必要な物を購入したり、家族やお世話になった人などに贈り物をする習慣があるためです。そのためデパートや大型スーパー、市場などは多くの人が集まります。茶礼の料理は、肉、魚、果物、ナムルなど多様で、形や色合いが良い新鮮なものを選びます。
また帰郷のためのバス、列車や飛行機のチケットを予約するのもソルラルの準備のひとつです。多くの人は故郷を離れて生活しているので、ソルラルの際には故郷に戻るため、1ヶ月前の前売り開始日には「チケット予約戦争」と言われるほどで、ほとんどのチケットが売切れてしまいます。
一方で車を利用する人も大勢いますが、高速道路の渋滞は避けられません。通常2時間ほどで行けるソウル~大田間が4~5時間、4時間ほどのソウル~釜山間も約8時間くらいと2倍以上になります。
最近ではこのような渋滞を避けようと、田舎の両親が都会に住む子どもを訪ねる「逆帰郷」現象も見られるようになっています。大都市では地方に行くよりも、地方から大都市へ行く道が比較的すいているからです。

ソルラルに人気の贈り物は?
経済状況とその年の流行によって少しずつ変わりますが、いつもらっても嬉しいものは商品券と現金です。また両親など年配の方には高麗人参や蜂蜜などの健康食品やマッサージ器などの健康用品が主流で、友人知人にはシャンプーや石けん、歯磨き粉などが入った日用品セットやハムや缶詰などの食品セットが人気です。他にも茶礼料理として必要な伝統菓子や果物、干し魚なども人気アイテムとなっています。

茶礼の料理の準備は?
ソルラルの前日は、先祖を供養する儀式に使う食べ物を作ります。作られるのは各種和え物や魚や野菜に衣をつけて焼いたジョンと言われるものなど約20種類もの品々。儀式に使われるものだけに真心をこめて形よく作らなければならないため、時間と労力の要る大変な作業となります。韓国ではこのような作業のほとんどを女性が行うため、このような準備を行う名節(旧正月と秋夕)がやってくる前に訳も無く頭痛や疲労に悩まされる「名節症候群」という言葉があるほどです。 もちろん最近は男性が手伝ったり、全家族が少しずつ食べ物を持ち寄ったり、20~30万ウォンほどするデリバリーを頼んで済ませる人も見られるようになっています。

★ソルラル当日★茶礼(チャレ)を行い、伝統遊びで一勝負!


ソルラルの朝には早起きして朝風呂に入り「ソルビム(正月のため新調した服)」や一張羅の韓服を着たりして身支度をし、そして先祖を敬う儀式「茶礼(チャレ)」を執り行ないます。
「茶礼」では死者の霊がやどるとされる神位や杯、ろうそく、そして茶礼用の食べ物が順序通り並べられたテーブルの前で、男性の年長者から順々に深々と手をついてお辞儀をしたり、お酒をそそいだりする儀式が行われます。
このようにすることで先祖に対し日ごろの感謝を表し、家族を見守ってもらうようお祈りする意味が込められています。 茶礼が終わると今度は食事の時間となり、お正月の朝に必ず食べられる「トックク」を家族全員でいただきます。
このトッククに使われる餅はもともと長いことから長寿を表す縁起のいい食べ物であり、数え年で年齢を数える韓国の人々はこのトッククを食べることによって1歳年を取ると考えられているのです。
そしてこれが終わったら今度は「歳拝(セベ)」を行います。年少者がお辞儀をし、徳談(トクダム)と呼ばれる相手が幸せを祈る言葉と一緒にセベトン(お年玉)が渡されます。これが子どもたちがソルラルを好きな理由のひとつです。
宗教上の理由から茶礼のような儀式を行わない家族も増えつつありますが、親族が集まって新年の始まりを祝い、健康と幸せを祈るというお正月の意味はどこも変わりないようです。

☞ 関連コラム:韓国の伝統的なお辞儀「チョル」ソルラルの挨拶「歳拝(セベ)」を習おう

ソルラルの遊び方は? 
朝の一通りのイベントが済んだら伝統的な遊びをします。「ユンノリ」というすごろくに似たゲームが最もポピュラーなものですが、これは一方を平たく切った丸く細長い棒をコマにして進めていくものです。また「花札」は根強い人気があります。花札のやり方は日本とは違い、内容が複雑ですが点数をつける方法が面白く、大人を中心に楽しまれています。1度始めると3~4時間ほどやり続けてしまう中毒性も魅力のひとつです。
またこの時期ソウル市内の古宮や民俗村では韓国の伝統的な民俗ノリ(遊び)が体験できるスペースが設けられます。また家でゆっくり話をしながらテレビを見たり、映画鑑賞をしたりします。ソルラルには多様なジャンルの映画や番組が放映されるため、見どころが満載です。

☞ 関連コラム:ソルラル連休の伝統文化イベント・公演案内
※2014年版は随時アップデート予定

★ソルラルの後★家族旅行!

近年では、ソルラルの茶礼の儀式を省略し、温泉やスキー場に行く家族も多く見られます。伝統ノリ(遊び)や公演が行われる民俗村や古宮、テーマパークなども多く集まります。

今年の干支である午年の意味は?
韓国にも十二支があり、旧正月が近づくと干支のついた年賀状やグッズが並び、街のディスプレイにもよく見られるようになります。韓国では伝統的にその年運のいい動物とその年に生まれた子どもの性格や運勢を占う風習がありますが、最近ではひとつの楽しみとして占うことが多くなりました。
2014年は甲午年で、十二支の中で7番目の動物である馬の年です。午年 (2014年生、2002年生、1990年生、1978年生、1966年生、1954年生、1942年生) 生まれの人は、 明るく開放的でユーモアがあります。一つの道だけを絶えず開拓していくので、どんな仕事をしても成功率が高いでしょう。ただし、物事全てが自分を中心に動くことを望む傾向があり、浪費と遊びすぎに気を付けなければなりません。

☞ 関連コラム:韓国の十二支ガイド

★ミニメモ★ ソルラルに韓国を旅行したい場合は?
ソルラル期間中、ソウルは通常に比べ人が少なくなり静かになります。ほとんどの家庭は帰郷したり、海外旅行に行ったりするためです。お店やレストランも休業するところが多くなります。
古宮や公園、テーマパークなどは、ソルラルの特別イベントとして様々な韓国の伝統ノリ(遊び)などが開催されるため、体験してみるのもおすすめです。ソウル市内も人が少なくなるので、余裕を持って観光ができます。
ただし列車はもちろん、バスや飛行機など全ての交通機関が混雑するため、地方への移動する際は注意してください。

☞ 関連ページ
ソルラル連休の伝統文化イベント・公演案内
※2014年版は随時アップデート予定

ソルラルのおすすめスポット!

最終更新日:2013年12月20日

日付    2014/01/06