goto content


Food_Themed_Streets_Guide_Book

Food_Themed_Streets_Guide_Book

h1 Title

print
龍門寺(龍門山)(용문사(용문산))
龍門寺(龍門山)(용문사(용문산))
龍門寺(龍門山)(용문사(용문산))
前へ  
龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산)) 龍門寺(龍門山)(용문사(용문산))
次へ
フォトギャラリー
* 住所
京畿道 楊平郡 龍門面 龍門山路782 (龍門面)
경기도 양평군 용문면 용문산로 782 (용문면)
* タイプ
寺/宗教聖地
* 問合わせ
宗務所+82-31-773-3797
テンプルステイ+82-31-775-5797
* ホームページ
龍門寺http://www.yongmunsa.biz(韓国語)
テンプルステイhttp://yongmunsa.templestay.com/(韓国語)
*概要
中央線「龍門駅」から東北方向に約9キロメートル離れた龍門山中腹にある龍門寺(ヨンムンサ)は、新羅神徳王2年(913)に大鏡大師によって建てられました。世宗大王の時代に再建され、二体の仏像と八体の菩薩像がまつられています。韓国戦争(朝鮮戦争)の際に多くが破壊されましたが、現在は補修し大雄殿と鍾楼など三つの付属施設があります。庭にある樹齢推定1,100年、高さ42メートル、根元周囲15メートルにもなる東洋最大のイチョウの木は天然記念物第30号に指定・保護されています。言い伝えによると、このイチョウの木は、新羅の麻衣太子が国を失った悲しみを胸に金剛山に行く途中に植えたものである、または、新羅の高僧・義湘大師が使っていた杖を地面に突き刺しておいたところ根が張って成長したものだとも言われています。その他、龍門寺から渓谷に沿って2キロメートル登ると中腹に龍の角に似た龍閣岩があり、そこから更に1キロメートル登ると100人ほどが座って休むことができるマダン岩という大きな岩があります。
管理者
龍門寺
指定現況
楊平龍門寺イチョウの木 天然記念物第30号(1962年12月7 日指定)
休業日
年中無休
体験プログラム
テンプルステイ
休息型:山寺で余裕をもって休息し、疲れた心身を癒すプログラム
お寺での作法を学ぶ、寺院案内、鉢盂供養、仏参、僧侶との対話、108拝、雲力 など

体験型:
お寺での作法を学ぶ、寺院案内、打鐘、仏参、僧侶との対話、108拝、雲力、水辺散歩、数珠づくり、博物館観覧、ハスの葉・クワの葉飯体験(8人以上)、健康茶談 など

日帰り型:ライフデイ・プログラム(団体20人以上可能)
平日9:00~13:00
僧侶との瞑想、茶談、博物館見学、イチョウの木に願いを
ヘルシーなハスの葉・クワの葉飯体験、試食

利用時間
日の出~日の入り
トイレ
あり
入場料
2,500ウォン
※テンプルステイ参加者は入場料免除

駐車施設
あり
駐車料金:乗用車3,000ウォン、バス5,000ウォン
※テンプルステイ参加者は駐車料免除
韓国語案内サービス
文化財解説予約+82-31-775-2074
アクセス

京義・中央線「龍門駅」1番出口前より7-4番の市内バスに乗り「龍門寺(용문사)」で下車(所要時間30分)。停留所より龍門寺まで徒歩3分。

関連ツアー情報

該当するツアー情報がありません
情報提供元
韓国仏教文化事業団テンプルステイチーム
上記の内容は事前の予告なく変更されることがあります。