地図

エリア検索

金海 大成洞古墳群(김해 대성동 고분군)

  • 金海 大成洞古墳群(김해 대성동 고분군)
  • 金海 大成洞古墳群(김해 대성동 고분군)
住所
慶尚南道 金海市 伽倻エキル126(大成洞)
경상남도 김해시 가야의길 126 (대성동)
タイプ
遺跡/史跡
問合わせ
金海市伽倻史復元課+82-55-330-3934
ホームページ
金海文化観光http://tour.gimhae.go.kr(日本語あり)
文化財庁http://www.cha.go.kr(韓国語)
  • 概要
    概要
    伽倻の成立と展開を解明するのに最も適した遺跡、大成洞古墳群
    大成洞遺跡は伽倻の建国説話が込められた亀旨峰と金海貝塚で有名な会峴里貝塚の中央に位置し、東方には金首露王陵が隣接しています。公設運動場の北後方にある標高22.6メートルの「ウェッコジ」と呼ばれる丘陵を中心に形成されています。この遺跡は慶星大学博物館で1990年から1992年まで3度にわたる発掘調査をした結果、金官伽倻支配者集団の共用墓地であったことが判明しました。立地条件がいい丘陵の稜線部には王の墓とこれに相応する支配者の墓があり、傾斜面には身分が低い者の墓が形成されていました。

    大成洞古墳の歴史的意味
    調査された墓は全136基で、種類は木棺墓、木槨墓、甕棺墓、石槨墓、橫穴橫口式の石室墓です。この中で木棺墓が墓祭の主流でした。丘陵の稜線部に形成された大型の木槨墓は埋葬主体部の大きさと副葬された遺物の量と質から見て、3世紀後半~5世紀前半にかけて形成された金官伽倻支配者たちの墓であると推測され、特にこの遺跡の大型木槨墓の調査を通して重要な事実が明らかになりました。3世紀末に初めて人と馬を殉葬し武器を副葬する習慣とともに、騎馬用の鉄製の鎧と兜、北方遊牧民族的な墓祭、馬具類、陶質土器、銅復など北方遊牧民族の習慣が反映された遺物が多く出土されたという事実です。それと、筒形銅器、巴形銅器、各種碧玉製の石製品など古代日本との交流の実態を究明することができる物が出土されたことです。このようなことから、大成洞遺跡は伽倻の成立と展開、性格、政治や社会構造を解明するのに最も適した遺跡だといえます。

    TEL
    +82-55-330-3934

    指定現況
    史跡第341号(1991年1月9日指定)

    休業日
    年中無休

    駐車施設
    あり

    トイレ
    あり

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。