エリア検索

清涼寺(陜川)(청량사(합천))

  • No Image
住所
慶尚南道 陜川郡 伽倻面 清涼東キル 144
경상남도 합천군 가야면 청량동길 144
タイプ
寺/宗教聖地
問合わせ
+82-55-932-7987
  • 概要
    概要
    清涼寺の石灯、仏像、石塔が有名な場所、清涼寺
    伽倻山国立公園の入口、紅流洞の南側の南山第一峰(1,010メートル)のふもとにある寺院です。清涼寺の建立年代を知ることはできませんが(9世紀頃と推測)、 三国史記に崔致遠(チェ・チウォン)が頻繁に訪れたという記録があり、新羅時代に建てられたと推測されています。 寺の後方にある南山第一峰は山勢の起伏が多様で景観が美しく、清涼寺の石燈、仏像、石塔が仏教美術の3大種類を代表するほどの秀作で、当時の彫刻芸術の極地であると評価されています。

    3つの宝物がある清涼寺の見所
    大雄殿の前に清涼寺石灯(宝物第253号)、清涼寺石造釈迦如來座像(宝物265号)、清涼寺山層石塔(宝物266号)の3つの優秀な石造文化遺産があります。石灯は鼓腹形で全体的な比率と均衡が申し分なく、華麗な装飾が施されています。石造釈迦如來座像は長方形の座台の上に跏趺座姿勢で座っており、9世紀を代表する仏像として仏身・光背・台座の3つの要素をすべて取り揃えた石仏座像です。細部の表情が生き生きとしており威厳と堂々とした様子をうかがえます。三層石塔は正方形である舍利塔様式にそっていますが、独特な点があります。基壇の周りに長方形の石材で塔区を造り、上下の基壇は上から緩やかな傾斜を描き、屋根石のように反転しています。

    重要文化財
    1) 清涼寺石灯 - 宝物第253号
    2) 清涼寺石造釈迦如來座像 - 宝物第265号
    3) 清涼寺三層石塔 - 宝物第266号

    TEL
    +82-55-932-7987

    休業日
    年中開放

    体験プログラム
    テンプルステイ

    駐車施設
    あり

    トイレ
    あり

    外国語案内サービス
    不可

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。