2021年3月08日 (月) 21:50 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

地域ガイド

エリア検索

江華郷校(강화향교)

  • 江華郷校(강화향교)
  • 江華郷校(강화향교)
  • 江華郷校(강화향교)
  • 住所 仁川広域市 江華郡 江華邑 郷校キル 58
    인천광역시 강화군 강화읍 향교길 58
  • タイプ 遺跡/史跡
  • お問い合わせ・案内 +82-32-930-4571
  • ホームページ https://www.ganghwa.go.kr/open_content/tour/(韓国語)
    www.cha.go.kr(韓国語)
  • 概要
    概要
    1127年(仁宗5)3月に賢儒の位牌を安置、位牌を祀り地方の人の教育のために高麗山の南方に郷校が建てられました。1232年(高宗19)に現在の甲串里に移されましたが、蒙古軍の侵攻により再び西島面に移されました。その後、江華郡へと移され、1624年(仁祖2)に江華留守(地方官)の沈悅が松岳山(現在の北山)の横に復元しました。1629年には江華府尹の李安訥(イ・アンヌル)が明倫堂を設立し、1688年(粛宗14)に留守の閔蓍重(ミン・シジュン)が 南門の近くに移しました。1731年(栄祖7)には、留守の兪拓基(ユ・チョッキ)が現在の位置に移し、1766年に留守の李溵(イ・ウン)が修復すると同時に小東門の外にあった碑石を現在の位置へ移しました。京畿道の文化財資料第72号に指定されており、大正殿、明倫堂の東廡、西廡、祭器庫、厨房などが現存しています。前面5間、側面3間の切妻屋根から成る大正殿には五聖、十八賢の位牌が安置されています。朝鮮時代には国家から田畑や労賃・典籍などの支給を受け、教官が教育を行いましたが、現在は教育は行われておらず、春や秋に釈奠、1日・15日に焼香を行い、1名の典校と数名の掌議が運営を行っています。

    指定現況
    仁川広域市有形文化財第34号(1995年11月14日指定)

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。

あなたにおすすめ 12 すべて表示
top