エリア検索

韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)

  • 韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)
  • 韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)
  • 韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)
  • 韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)
  • 韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)
  • 韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)
  • 韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)
  • 韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)
  • 韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)
  • 韓国天然染色博物館(한국천연염색박물관)
住所
全羅南道 羅州市 多侍面 白湖路 379
전라남도 나주시 다시면 백호로 379
問合わせ
代表番号 +82-61-335-0091
体験に関するお問合せ +82-61-335-6091
休業日
1月1日、秋夕の当日
ホームページ
韓国天然染色博物館 http://www.naturaldyeing.or.kr(日本語・韓国語・英語・中国語)
  • 概要
    概要

    * 羅州天然染色文化を継承する場所、韓国天然染色博物館(旧羅州天然染色博物館) *

    古代文化の中心地である羅州は栄山江流域を背景に早くから染色文化とシルク生産の大きな役割を果たしていきました。栄山江と海水が合流した地理的環境は藍と桑を栽培するのに適しており、ここは天然染色の最適な場所であり全国で唯一国家無形文化財染色場の機能保有者も活動している場所です。

     

    このような地理的な特性と地域の文化を発掘して継承するために建てられたのが天然染色文化館です。文化館は天然染色の伝統を継承・発展と天然染色産業の振興の契機をもたらし、天然染色商品を開発して観光資源化を通した地域経済活動家に寄与するために政府から特別交付税の支援を受けて建てられました。羅州市天然染色博物館は韓国の天然染色文化を代表し、これからの天然染色市場の活性化に寄与することができる天然染色の中心地となるでしょう。

     

    * 天然染色にも無形文化財がある? *

    羅州で伝統天然染色は国家無形文化財第115号dらる染色場機能保有者であるユン・ビョンウン氏とチョン・クァンチェ氏を中心に伝統の藍染め技術を伝承・発展させています。栄山江沿いにある羅州市天然染色文化館では天然染色作品の展示、体験、教育、研究開発および産業化の支援など天然染色の保護と産業化部分で革新的な役割をはたしています。



    管理者
    (財)羅州市天然染色文化財団

    問い合わせ
    +82-61-335-0160

    運営者
    韓国天然染色博物館

    事業内容
    展示、体験プログラム、教育

    体験プログラム
    天然染色体験、。体験学習

    展示室案内
    [展示棟] 常設展示館、企画展示室、デザイン開発室、体験学習室
    [研究棟] 体験館、第1セミナー室、研修室、第2セミナー室

    料金
    無料

    情報提供元
    韓国天然染色博物館

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。