エリア検索

羅州 錦城館(나주 금성관)

  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
  • 羅州 錦城館(나주 금성관)
住所
全羅南道 羅州市 錦城館キル 8(果院洞)
전라남도 나주시 금성관길 8 (과원동)
タイプ
古宅/生家/民俗村
問合わせ
羅州市歴史観光課 +82-61-339-8611
ホームページ
羅州文化観光 http://www.naju.go.kr/tour(日本語・韓国語・英語・中国語)
文化財庁 http://www.cha.go.kr (日本語・韓国語・英語・中国語)
  • 概要
    概要
    <

    錦城館(クムソングァン)は古の時代の地方行政機関で羅州(ナジュ)に置かれた羅州牧の客舎の建物で、毎月1日と15日には王に対する敬意を表すため王宮に向かい拝礼を行う儀式・望闕礼(マングォルレ)を執り行ったり、外国の使臣や政府高官の行幸がある際に宴を開いたりする建物として使われました。

    この地に初めて錦城館の建物が建てられたのは成宗6~10(1475~1479)年の間で羅州牧使として在職した李有仁(イ・ユイン)が建築、数回に渡る重創を経て今日に至ります。

    正面5間、側面4間、八角屋根のおよそ320平方メートル(97坪)の建物で、全国の客舎の建物の中でもその規模において最も雄壮な建物です。

    日帝強占期(1910~1945年)以降、郡庁の建物として使われていましたが、原型をとどめない形となってしまったため1976年から77年にかけて復元されました。現在は全羅南道有形文化財第2号に指定されており、そばには三層石塔(宝物第50号)、駟馬橋碑、錦城討平碑などの文化財もあります。



    TEL
    +82-61-339-8611

    指定現況
    全羅南道有形文化財第2号(1972年1月29日指定)

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。