エリア検索

遯岩書院[ユネスコ世界文化遺産](돈암서원 [유네스코 세계문화유산])

  • 遯岩書院[ユネスコ世界文化遺産](돈암서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 遯岩書院[ユネスコ世界文化遺産](돈암서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 遯岩書院[ユネスコ世界文化遺産](돈암서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 遯岩書院[ユネスコ世界文化遺産](돈암서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 遯岩書院[ユネスコ世界文化遺産](돈암서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 遯岩書院[ユネスコ世界文化遺産](돈암서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 遯岩書院[ユネスコ世界文化遺産](돈암서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 遯岩書院[ユネスコ世界文化遺産](돈암서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 遯岩書院[ユネスコ世界文化遺産](돈암서원 [유네스코 세계문화유산])
住所
忠清南道 論山市 連山面 林3キル 26-14
충청남도 논산시 연산면 임3길 26-14
タイプ
遺跡/史跡
問合わせ
書院管理事務所 +82-41-736-0096
論山市文化芸術課 +82-41-746-5412
ホームページ
論山遯岩書院 http://www.donamseowon.co.kr(韓・英・中)
論山市文化観光 http://www.nonsan.go.kr/tour/(韓国語)
文化財庁 http://www.cha.go.kr(日本語あり)
  • 概要
    概要
    * 金長生を祀る書院、遯岩書院

    遯岩書院(トナムソウォン)は、朝鮮時代の仁祖12(1634)年、現在建てられている場所から1.5キロメートル離れた里山に建てられました。
    遯岩書院は 顕宗(ヒョンジョン)元(1660)年、王から扁額を下賜を受け、賜額書院となりました。しかし、立地している場所が低地にあり洪水になると水が庭まであふれてくることから、高宗17(1880)年、現在の場所である林里(イムニ)74番地(書院村)へ移築されました。
    また遯岩書院は 高宗3(1865)年に行われた書院撤廃令の対象からも外れるほどの書院でした。3間の幅がある高柱の大門・入徳門(イットッムン)を入ると、正面に養性堂(ヤンソンダン)、左手に凝道堂(ウンドダン)があり、養性堂の裏手には祠宇(祠堂)があり、この他敷地内には蔵板閣(チャンパンガク)、静会堂(チョンフェダン)、山仰楼(サンアンヌ)の建物があります。
    遯岩書院では地元の儒林らが毎年陰暦2月と8月中旬ごろの中丁の日に祭祀を執り行っています。
    祠堂の建物の前面には1間分の広さを確保し建物の内部に食い込むような形で作られた玄関口のようなスペース・前退(チョンテ)があり、床材には瓦のように焼いた瓦板が使われています。祠堂の建物内部は井桁に組んだ板の間となっています。正面の柱の間には四枚で構成された引き戸がつけられており、建物両脇と後方の壁は漆喰壁となっています。
    軒の端の重さを支えるため柱の上部に取り付ける木組・栱包(コンポ)は、二翼工外出目と呼ばれる木組の工法と同様の手法で組まれています。柱と梁が交わる隅の部分に取り付ける梁奉(ヤンボン)は伝統的な姿となっており、 柱の上部を左右につなげる木材・昌坊(チャンバン)の上に設けられた華盤型の草刻盤は柱の間に1つずつあります。
    屋根の架構は退高柱を立て、退梁と大梁を掛けわたす木材は海老のように曲がったものを使います。大梁の上に一種の包台工を取り付け、退高柱とともに宗梁を支え、そのさらに上の宗梁に波蓮台工を置き、建物最上部にある上梁を支えます。
    祠宇(サウ=祠堂)には朝鮮時代中期の思想家・金長生(キム・チャンソン)を主享とし同時期の文臣3人、金集(キム・チプ)、宋浚吉(ソン・ジュンギル)、宋時烈(ソン・シヨル) 先生の合わせて4人のみを文廟に祀る他ではあまり見受けられない昔の賢人を祀る先正書院です。
    遯岩書院の碑文によれば、部屋、板の間、縁側、 行廊がある凝道堂があったといい、凝道堂の左手に居敬斎(コギョンジェ)、右手に精斎(チョンイジェ)がありましたが、建設当時の原型のままで残っておらず、当時どのような建物であったのか察することができないのが残念な点です。


    * 遯岩書院の意義と評価

    光山金氏は連山地域で代々暮らし、多くの人材を輩出してきた湖西(ホソ)地方の名門士族の一族です。
    このような理由から遯岩書院は西人-老論系を代表する書院で、1871年書院毀撤令の際にも潰されず残され、今日に至っています。特に金長生が他界した後、弟子や文人らが作った遯岩書院冊版などさまざまな資料が残されています。
    このように遯岩書院は、湖西(ホソ)地方(現在の忠清道)をはじめ畿湖(キホ)地域(現在の京畿道・黄海道南部・忠清南道北部)で尊崇される書院として、金長生を祀る書院の中で最も重みがあり影響力のある書院として知られています。
    現在に至るまで良い状態で保存・管理がされ、地元の歴史を研究する郷土史料としても保存的価値が高い書院となっています。
    加えて、湖西地方の人々の動向を研究する上で素晴らしい史料でもあり、また当時の実力者・金長生の影響力を知ることができるのもこの遯岩書院です。

    * 所有 - 光山金氏宗中




    TEL
    +82-41-736-0096

    指定現況
    [論山遯岩書院] 史跡第383号(1993年10月18日指定)
    [論山遯岩書院] ユネスコ世界遺産(2019年7月6日登録)

    休業日
    1月1日、ソルラル・秋夕当日

    所要時間
    約30分

    体験プログラム
    * 遯岩書院活用事業
    ・風流があるアカデミー
    ・書院で出会う世界文化遺産
    ・土曜性理学
    ・出張礼節教室
    ・家族とともに楽しむヒヨコ人格教育学校

    * 遯岩人格教育学校 * 文化財サポーターズ

    駐車施設
    あり

    入場料
    無料

    トイレ
    あり

    駐車料金
    無料

    韓国語案内サービス
    文化解説士案内可能(論山市文化観光課 +82-41-746-5401~2)

    外国語案内サービス
    不可

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。