エリア検索

昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産
(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])

  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
  • 昌徳宮と後苑 ユネスコ世界文化遺産(창덕궁과 후원[유네스코 세계문화유산])
住所
ソウル特別市 鍾路区 栗谷路99(臥龍洞)
서울특별시 종로구 율곡로 99 (와룡동)
タイプ
古宮/城/門
ホームページ
昌徳宮ホームページ http://cdg.go.kr/(韓・英)
  • 概要
    概要
    昌徳宮(チャンドックン/史跡122号)は、1405年景福宮の次に建てられた別宮です。正宮の景福宮の東側にあり「東宮」とも呼ばれていました。錦川橋が造成され(1411年)敦化門が建立され朝鮮第9代の成宗の時代は、さまざまな王が本宮の役割をする宮殿となりました。
    壬辰倭乱(文祿・慶長の役)の際には火事になってしまいましたが、これは宣祖(朝鮮時代14代王)が義州に避難したことに怒った百姓が宮殿に放火したためです。1611年に光海君により再建された宮は自然と人工の調和がなされ、観光客がよく訪れる場所として仁政殿、大造殿、宣政殿、楽善斉など多くの文化財が各所で目を引きます。
    昌徳宮は、1997年12月にイタリアのナポリで開かれたユネスコ世界遺産委員会で水原の華城とともにユネスコ世界遺産委員会に登録されました。また2010年11月にソウルで開催された主要20カ国・地域(G20)首脳会議の期間内には各国首脳が訪問し観覧した場所として、韓国の美しさを表現した代表的な観光名所になっています。
    昌徳宮の後苑は、太宗の時に建てられたもので、王を始めとした王族の憩いの場でした。後苑は、北苑、禁苑など呼ばれ、高宗以降に秘苑と呼ばれるようになりました。昼は野山と谷が本来の自然そのままの姿を保ったまま、必要な場所にだけ人の手が加えられた韓国一番とされる庭園です。芙蓉亭、芙蓉池、宙合楼、魚水門、暎花堂、不老門、愛蓮池、演慶堂などを始めとした多くの亭子や泉が所々にあります。特に秋の紅葉や落ち葉の時が最高に美しいといわれています。

    管理者
    昌徳宮管理事務所

    TEL
    +82-2-3668-2300

    Fax
    +82-2-762-2070

    休業日
    月曜日

    開放区間
    自由観覧制(宮殿全域/ただし後苑圏域は制限観覧)
    2~5月/9~10月 10:00~17:30
    6~8月 10:00~18:00
    11~1月 10:00~16:30
    ※入場は閉宮の1時間前まで

    入場料
    一般観覧:3,000ウォン
    後苑観覧:5,000ウォン
    ※後苑特別観覧のためには一般観覧券(3,000ウォン)と後苑観覧券(5,000ウォン)を両方購入する必要があります
    ※昌徳宮と昌慶宮は涵陽門でつながっているため、別途に観覧券を購入すれば両方観覧できます
    ※昌徳宮(一般観覧)は韓服を着ていれば入場料が無料になります


    外国語案内サービス
    一般観覧
    英語(2回):10:30、14:30
    日本語(1回):12:30
    中国語(2回):10:00、16:00
    所要時間60分

    後苑特別観覧
    英語(4回~3回):11:30、13:30、14:30、15:30(2月~10月)/11:30、13:30、14:30(11月~1月)
    日本語(1回):10:30
    中国語(1回):12:30
    所要時間90分

    ※後苑への入場は1回最大100名(インターネット予約50名、当日先着順50名)
    統合観覧券を購入した場合もインターネットもしくは現地でチケットを交換する必要があります

    外国語案内サービス
    団体訪問時は要予約。
    お問い合わせ:+82-2-762-8261、+82-2-762-9513、またはホームページ

    外国人予約案内
    インターネット事前予約50名
    当日9:00から先着順に苑内販売50名

    ※昌徳宮後苑は、インターネット事前予約および当日先着順で、計100名まで入場可能です

    ベビーカーレンタル
    可能(敦化門に8台)

    ペット同伴
    不可

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。