エリア検索

宗廟(ユネスコ世界文化遺産)(종묘(유네스코 세계문화유산))

  • 宗廟(ユネスコ世界文化遺産)(종묘(유네스코 세계문화유산))
  • 宗廟(ユネスコ世界文化遺産)(종묘(유네스코 세계문화유산))
  • 宗廟(ユネスコ世界文化遺産)(종묘(유네스코 세계문화유산))
  • 宗廟(ユネスコ世界文化遺産)(종묘(유네스코 세계문화유산))
  • 宗廟(ユネスコ世界文化遺産)(종묘(유네스코 세계문화유산))
  • 宗廟(ユネスコ世界文化遺産)(종묘(유네스코 세계문화유산))
  • 宗廟(ユネスコ世界文化遺産)(종묘(유네스코 세계문화유산))
住所
ソウル特別市 鍾路区 鍾路 157(薫井洞)
서울특별시 종로구 종로 157 (훈정동)
タイプ
遺跡/史跡
問合わせ
宗廟管理所 +82-2-765-0195
ホームページ
ソウル市公式観光情報サイト
http://www.visitseoul.net/jp(日本語)
  • 概要
    概要
    宗廟(チョンミョ)は朝鮮時代の歴代君主の位牌を奉り祭祀を行う場所です。1394年、太祖(1335-1408)・李成桂が朝鮮王朝(1392-1910)の建国とともに、新たな都、漢陽に景福宮と同時に建てた建築物で、その伝統的な荘厳な儀式である祭礼や祭礼楽など、長い伝統と慣習がそのまま保存され、世界文化遺産に登録されています。
    宗廟正門を入ると三本の道があり、少し高い真ん中の道は亡くなった王の道、東側は王、西は王世子のための道となっています。真ん中の道は正殿に続き、両側の道は斎戒沐浴して祭祀の準備をする部屋へとつながっています。心と体を清めた後、王と世子は典祀庁へ移動します。典祀庁は祭祀を行う食事を準備する場所で、庭を中央に建物をロの字型に配置してあります。
    また宗廟の中心である正殿は歴代君主の位牌を奉って祭祀を行う空間です。王に対して祭祀を行うのは中国から伝わったものですが、現在までその伝統を維持しているのはここだけです。正殿には19の部屋があり、各部屋には各王を奉ってあります。正殿の塀の中には君主に誠実に仕えた臣下たちを奉った功臣殿があります。
    宗廟祭礼楽は、器楽や歌、踊りで構成されている祭礼楽ですが、500年前の旋律を今日まで伝え、現在世界で最も古い儀礼文化となっており、毎年5月の第1日曜日(変更の場合もあります)にその行事を見ることができます。

    管理者
    宗廟管理所

    TEL
    +82-2-765-0195

    指定現況
    史跡第125号(1963年1月18日指定)

    休業日
    火曜日

    観光コース案内
    第1コース(200人以下)
    正門⇒恭愍王神堂⇒望廟楼⇒香大庁(祭器の観)⇒斎宮⇒正殿⇒永寧殿⇒楽工庁(映像視聴)⇒正門

    第2コース(200人程度)
    正門⇒斎宮⇒正殿⇒永寧殿⇒楽工庁(映像視聴)⇒香大庁(祭器の観覧)⇒望廟楼⇒恭愍王神堂⇒正門

    利用時間
    「一般観覧」言語別時間制観覧(日本語ガイド時間参照)
    「自由観覧(毎週土曜日/毎月最週水曜日)」2~5月、9~10月 9:00~18:00/6月~8月 9:00~18:30
    11~1月 9:00~17:30
    ※チケット販売はツアー開始1時間前まで

    入場料
    大人:1,000ウォン
    満7歳から満18歳以下の外国人:500ウォン
    [文化のある日]
    -入場料無料:2014年1月29日(水)から毎月最週水曜日
    -対象:朝鮮王陵訪問客


  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。