エリア検索

報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])

  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
  • 報恩 法住寺[ユネスコ世界文化遺産](보은 법주사[유네스코 세계문화유산])
住所
忠清北道 報恩郡 俗離山面 法住寺路 405
충청북도 보은군 속리산면 법주사로 405
タイプ
寺/宗教聖地
問合わせ
法住寺 +82-43-543-3615
ホームページ
法住寺 http://www.beopjusa.or.kr;(韓国語・英語)
☞テンプルステイについてはこちら (韓国語・英語)
  • 概要
    概要

    新羅時代の文化を今に。法住寺。
    俗離山に位置する法住寺は1400年ほど前、新羅に仏教が伝来し24年目にあたる真興王14 (553)年に義信祖師が創建しました。その後、776年真表(ジンピョ)及び永深(ヨンシム)両僧侶のときに重創され、朝鮮時代中期にはおよそ60棟の建物と70あまりの庵亭を擁する大刹・大規模な寺としてその威容を轟かせました。
    しかし、壬辰倭乱(日本で言う「文禄・慶長の役」)により寺院のほとんどが焼かれ、1624年仁祖2年になり僧侶・碧巌(ピョガム)により再び重創されました。
    境内には韓国の三大仏像殿のひとつである大雄宝殿を中心に、龍華殿、円通宝殿、冥府殿、能仁殿、祖師閣、真影閣、三聖閣など8つの殿閣や一柱門、金剛門、四天王門、鐘鼓楼、浮屠殿など5つの付属の建造物、そして禅院、講院、念仏院などおよそ10棟の僧侶の生活場所であった寮舎の建物が残っており、合わせて30棟あまりの建物が建てられたと推測されま す。

    文化財の宝物倉庫、法住寺の文化財!
    捌相殿(国宝第55 号)は五層の木塔として韓国の木塔研究に重要な資料となっている建物です。この捌相殿は 新羅の真興王の時代の頃、義信によって建立され、776年秉真(ピョンジン)が重創、1597年丁酉再乱(日本で言う「慶長の役」)の時に焼失した後、1605年再建し今日に至っています。
    1984年に双峰寺(サンボンサ)の大雄殿として使われていた三層木造塔が焼失したことにより、八相殿は韓国の木造塔唯一の実例となる重要な建築物となりました。全体の高さが先端の相輪まで22.7m、現存する韓国の塔婆の中では一番の高さを誇っています。
    石蓮池(国宝第64号)は、八角形の土台石の上に三層の薄い石を重ね、そこに伏蓮台を 、更にその上に雲の模様の装飾を入れた石を配置し、その上に巨大な石蓮池の石造物を載せた、まさに蓮の花が雲の上にふわふわ浮かんでいるかのような姿を装飾した傑作品で、8世紀ごろに制作された統一新羅時代の作品と見られています。
    掛仏(宝物第1259号)は法住寺の大雄宝殿内に所蔵されている大きな仏画で、1766年に制作、赤、緑、黄、青色の色彩が美しく保存状態も良好です。
    四天王石燈(宝物第15号)は新羅の典型的な八角石燈の代表的な様式で、彫刻の技法を見ると恵恭王(在位:765-780年)の代に真表律師が法住寺を重創した時の作品と推定 されます。
    双獅子石燈(国宝第5号)は新羅時代の石燈のうち秀でた作品のひとつで、制作さられた年代は聖徳王19(720)年と推定されています。石塔の竿(柱)石を石獅子で置き換えたこの石塔は典型的な様式からは程遠いもので、八角の土台石の上にある下台蓮華石と双獅子蓮華台方石をひとつの石に彫刻し、他の石塔と比べ、灯を灯す火舎石と石塔の屋根を形成する屋蓋石が大きな特長となっています。



    休業日
    年中無休

    利用時間
    日の出から日没まで

    駐車施設
    法住寺横に民間駐車場あり(有料)

    入場料
    * 個人:大人 4,000ウォン/学生・青少年など 2,000ウォン/子ども  1,000ウォン
    * 団体(30人以上):大人  3,700ウォン/学生・青少年など 1,600ウォン/子ども  800ウォン


    トイレ
    あり

    駐車料金
    乗用車-1日7,000ウォン

    外国語案内サービス
    不可

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。