エリア検索

公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])

  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
  • 公州 宋山里古墳群と武寧王陵 [ユネスコ世界文化遺産](공주 송산리 고분군과 무령왕릉 [유네스코 세계유산])
お知らせ
武寧王陵閉鎖
武寧王陵の模型展示館のみ観覧可能
住所
忠清南道 公州市 王陵路 37-2(熊津洞)
충청남도 공주시 왕릉로 37-2 (웅진동)
タイプ
遺跡/史跡
問合わせ
公州市観光案内所+82-41-856-3151
公州市文化観光課+82-41-840-8080
ホームページ
公州市文化観光http://tour.gongju.go.kr(日本語あり)
文化財庁http://www.cha.go.kr/cha/idx/Index.do?mn=NS_01(日本語あり)
  • 概要
    概要
    百済の代表的な遺跡「宋山里古墳」と「武寧王陵」

    忠清南道公州市にある百済の代表的な遺跡「宋山里古墳(ソンサンニコブン)」の中で、武寧王陵の発掘後25年間は公開されていました。しかし、藍藻類などの微生物の生息や雨漏りなどによって原型を保存するのが難しいことから1997年11月、武寧王陵など宋山里古墳群の補修工事後は武寧王陵を含めて近郊にある5・6号基も永久に閉鎖されました。現在は古墳の原型と同一に作った模型を一般公開しています。

    公州市錦城洞は百済熊津都邑期の王と王族の墓が集まっている場所で、武寧王陵をはじめ7基の墓があります。この中で武寧王陵は塼築墳で1971年に排水工事中に発掘され、国宝に指定されたものだけでも12点にも及びます。武寧王(462-523)は在位期間、民生を安定させ、国力を高めて国際的な地位を強化するなど大きな業績を成しました。武寧王陵の発見は百済文化の高い水準とその確実な歴史を証明する歴史的な契機となり、東洋文化にきらめく百済文化の価値をさらに高めました。

    * 宋山里 1~5号墳 *
    武寧王陵の周辺に集まっていて自然滑石を利用した石室墳で1~5号墳は玄室(横穴式古墳の中なかにあって棺を安置する部屋)の床に小石が敷かれてあり、5号墳のみ壁石で棺を安置する場所が2ヶ所構築されています。天井が穹窿状になっている石室墳ではハンアリが出土されました。

    * 宋山里6号墳の壁画(内部) *
    宋山里6号墳は世界で発見された唯一の壁画塼築墳で長さ4m、幅2.5mの南北の長いトンネル型です。南側の壁と北側の壁は垂直で東西の壁は上部が丸くドームのようになっていて、両方の壁に各3匹、北の壁に1匹の火炎の形をした小さい龍がいます。武寧王陵とほぼ同じ形で構築されています。壁には壁画のある部分にだけ泥が塗られていてその部分には青龍、白虎、朱雀、玄武の四神図が描かれています。南側の壁にある朱雀の左右には月が描かれています。

    * 武寧王陵(史跡第13号) *
    百済第25代武寧王と王妃を合葬した墓で東には秀麗な公山城、西には錦江が穏やかに流れており、南には鶏龍山の美しい景色を見ることができます。武寧王陵は1971年、宋山里5号墳と6号墳の浸水防止のための工事中に発見されました。墓の構造は、長方形の通路(古墳の入口から死体が安置されていた部屋までの通路)とすべての蓮花文が刻まれている壁石が整然と摘まれている
    玄室壁は王と王妃の合葬棺台があり、3方向の壁には朱漆と火焰文を描いた宝朱型の灯篭5つが装飾されています。特に、しっかりと焼かれて壁石で作られた王陵はその緻密さにより百済の化学と水理学の水準の高さを見ることができるばかりではなく、その美しさは世界的にも評価されています。この王陵から出土された遺物は108種4,600点にもおよび、国立公州博物館に展示されています。その中で12点が国宝に指定されました。特にこの陵で史石が発見されたことで被葬者とその構造年代を確実に知ることができる唯一の資料となりました。武寧王陵から出土された代表的な国宝級の遺物は王と王妃の金冠、王妃の金製頸飾、王の金製の簪、王妃の銀製の腕輪、青銅神獣鏡、石獣、支石、頭枕、足座などがあります。

    指定現況
    [公州宋山里古墳群] 史跡第13号(1963年1月21日指定)

    休業日
    ソルラル(旧暦1月1日)および秋夕(旧暦8月15日)当日

    利用時間
    9:00~18:00(入場は17:30まで)

    駐車施設
    あり(無料)

    入場料
    大人1,500ウォン
    ※統合観覧券(武寧王陵+公山城+石壮里博物館)大人2,800ウォン

    トイレ
    あり

    外国語案内サービス
    +82-41-840-2260、856-3151(日本語、英語可能)

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。