エリア検索

烏竹軒(오죽헌)

  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
  • 烏竹軒(오죽헌)
住所
江原道 江陵市 栗谷路 3139番キル24(竹軒洞)
강원도 강릉시 율곡로3139번길 24 (죽헌동)
タイプ
遺跡/史跡
問合わせ
烏竹軒市立博物館 +82-33-660-3301~3308
ホームページ
烏竹軒博物館
www.ojukheon.or.kr/museum(韓国語)
  • 概要
    概要
    烏竹軒(オジュッコン)は朝鮮時代の学者である栗谷・李珥(ユルコク・イイ)と関連して有名になった江陵地域の代表的な遺跡地です。烏竹軒は朝鮮時代初期の建築物で、建築史跡の面において重要性を認められて1963年に宝物第165号に指定されました。この夢龍室で栗谷・李珥が生まれたとされています。
    境内は烏竹軒をはじめ、文成祠、サランチェ、御製閣、栗谷記念館、江陵市立博物館などがあります。文成祠は栗谷の位牌堂であり、御製閣は栗谷の著書である『撃蒙要訣』と栗谷が幼い時に使用した硯を保管するための遺品所蔵閣です。一方、栗谷記念館は栗谷の著書と申師任堂の遺作をはじめ、梅窓・玉山李瑀など栗谷の一家の遺品の展示館です。江陵市は1961年から現在まで、毎年10月25日~26日に栗谷を追悼する栗谷祭典を行っています。

    管理者
    江陵市(烏竹軒市立博物館)

    TEL
    +82-33-660-3301~3308

    指定現況
    宝物第165号(1963年1月21日指定)

    休業日
    1月1日、ソルラル(旧暦1月1日)、秋夕(旧暦8月15日)
    ※文成祠は常時開放

    所要時間
    約1時間

    利用時間
    * 夏季 8:00∼18:00
    * 冬季 8:00∼17:30
    ※チケットの販売は閉館の30分前まで※夏のピーク時は観覧時間を延長(ホームページ参照)

    入場料
    3,000ウォン

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。