エリア検索

陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])

  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 陶山書院[ユネスコ世界文化遺産](도산서원 [유네스코 세계문화유산])
住所
慶尚北道 安東市 陶山面 陶山書院キル154(陶山面)
경상북도 안동시 도산면 도산서원길 154 (도산면)
タイプ
遺跡/史跡
問合わせ
+82-54-840-6599
ホームページ
www.dosanseowon.com
  • 概要
    概要
    陶山書院(トサンソウォン)は1574年宰相だった李滉(イファン)の学問と徳行を追慕する弟子達と儒学者達が中心になり建てられた儒学学校です。建築物の構成の面で見ると大きく陶山書堂と陶山書院に区分されます。
    1951年、李滉はこの地に移り住んだ後、弟子の育成のための学校である学校陶山書堂を直接設計して作りました。このとき、学生たちの寄宿舎として隴雲精舍と奴婢たちの住居である下庫直舍も一緒に作りました。1570年に李滉が亡くなると、2年後の1572年には位牌を尚徳祠(宝物第211号)に祀ることが決まりました。弟子たちは祠堂に李滉の位牌を安置して祭祀を行った後に典教堂(宝物第210号)と東西斎を建て書院として完成させました。書院が完成すると宣祖が陶山書院に扁額をくだしました。


    TEL
    +82-54-840-6599

    指定現況
    [陶山書院] 史跡第170号(1969年5月28日指定)
    [陶山書院尚徳祠及び三門] 宝物第211号(1963年1月21日指定)
    [陶山書院伝教堂] 宝物第210号(1963年1月21日指定)
    ユネスコ世界遺産(2019年7月6日登録)

    休業日
    年中無休

    利用時間
    夏期9:00~18:00
    冬期9:00~17:00

    駐車施設
    あり

    入場料
    大人1,500ウォン

    トイレ
    あり

    韓国語案内サービス
    可能

    外国語案内サービス
    英語可能(事前予約)

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。