2021年3月08日 (月) 21:42 (KST +0900) 韓国 ソウル

imagine your korea

地域ガイド

エリア検索

紹修書院[ユネスコ世界文化遺産](소수서원 [유네스코 세계문화유산])

  • 紹修書院[ユネスコ世界文化遺産](소수서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 紹修書院[ユネスコ世界文化遺産](소수서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 紹修書院[ユネスコ世界文化遺産](소수서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 紹修書院[ユネスコ世界文化遺産](소수서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 紹修書院[ユネスコ世界文化遺産](소수서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 紹修書院[ユネスコ世界文化遺産](소수서원 [유네스코 세계문화유산])
  • 概要
    概要
    韓半島最北端にある名山・白頭山(ペクトゥサン)から発する山脈・白頭大幹(ペクトゥデガン)へと続く小白山(ソベクサン)・霊亀峰(ヨンギィボン)の麓にある紹修書院(ソスソウォン)は、韓国で初めて王から扁額を下賜された賜額書院として有名です。
    紹修書院は、朝鮮時代中期の文臣であり学者・周世鵬(チュ・セブン)が白雲洞書院(ペグンドンソウォン)を創建したのがそのはじまりです。
    普段から高麗時代末の儒教の賢人・安珦(アン・ヒャン)を崇めていた周世鵬が、朝鮮時代のこの地域・豊基郡(プンギグン)のトップ・郡守(プンギグンス)の役職に赴任したのがきっかけでその翌年の1542(中宗37)年、安珦先生の故郷に祠廟を建て、ここに位牌を奉安、翌年1543年には学舎を建設し、祠廟と学び舎の機能を兼ね備えた祠院の体制を持つようになったのが白雲洞書院の始まりでした。

    指定現況
    [栄州 紹修書院]史跡第55号(1963年1月21日指定)
    [栄州 紹修書院 講学堂] 宝物第1403号(2004年4月6日指定)
    [栄州 紹修書院 文成公廟] 宝物第1402号(2004年4月6日指定)
    [栄州 紹修書院]ユネスコ世界文化遺産(2019年7月6日登録)

    休業日
    年中無休

    体験プログラム
    書院ステイ事業(古宅、ソンビ文化体験)
    祭享(春・秋郷射祭享)

    利用時間
    3月~5月、9月・10月9:00~18:00
    6月~8月9:00~19:00
    11月~2月9:00~17:00
    ※最終入場は観覧終了時間の1時間前

    駐車施設
    あり

    入場料
    大人3,000ウォン
    ※入場料は紹修書院、紹修博物館、ソンビ村統合料金

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。

あなたにおすすめ 12 すべて表示
top