エリア検索

大勝瀑布(대승폭포)

  • No Image
住所
江原道 麟蹄郡 北面 雪岳路(寒渓里)
강원도 인제군 북면 설악로 (한계리)
タイプ
滝/渓谷/湧き水
問合わせ
雪岳山国立公園事務所 +82-33-636-7700
探訪施設課 +82-33-636-5546
将師台分所 +82-33-463-3476
ホームページ
雪岳山国立公園 http://seorak.knps.or.kr(日本語)
  • 概要
    概要
    将師台駐車場から大勝嶺方向に0.9m程登ったところに大勝瀑布(テスンポッポ)があります。88mの高さから落ちる水が、まるで何十本もの水の柱のように見えます。ここは、新羅最後の王、敬順王(在位927~935)の休息地だった場所として有名で、金剛山の九龍瀑布と開城の朴淵瀑布とあわせて韓国の三大瀑布として知られています。
    瀑布の上方に登ると南側には三兄弟峰、チュゴク峰、カリ峰があり、瀑布の下方にはサジュン瀑布が、将師台の付近には大きな岩壁が空に向かってそびえ立っているハヌル(空)壁、月宮仙女が入浴をしたといわれる玉女湯などがあります。
    この大勝瀑布には伝説があります。昔、両親を早くに亡くし、キノコを売って生計を建てていた大勝という男がいましたがある日、瀑布の上の石柱に縄を結びつけてキノコを取っていると、亡くなったはずの母の呼び声が聞こえたため急いで絶壁の上に登ってみると、母はおらず大きなムカデが縄を切ろうとしていました。このおかげで大勝は助かったわけですが、この世を去った後も息子の命を助けようとしてくれた母の叫びが聞えるような場所ということで、大勝瀑布と呼ばれるようになったといわれています。

    管理者
    雪岳山管理事務所 将師台分所

    TEL
    +82-33-463-3476

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。