エリア検索

崇礼門(숭례문)

  • 崇礼門(숭례문)
  • 崇礼門(숭례문)
  • 崇礼門(숭례문)
  • 崇礼門(숭례문)
  • 崇礼門(숭례문)
住所
ソウル特別市 中区 世宗大路 40(南大門路4街)
서울특별시 중구 세종대로 40 (남대문로4가)
タイプ
古宮/城/門
問合わせ
崇礼門管理所 +82-2-779-8547
ホームページ
ソウル中区文化観光 http://www.junggu.seoul.kr/tour/(日本語あり)
  • 概要
    概要

    崇礼門(崇禮門=スンネムン)は朝鮮時代初期の太祖5(1396)年に初めて築造され、1398年2月重建された建造物です。
    この門は朝鮮時代、漢陽都城(ハニャントソン)の正門として四大門の中でも南側に位置し、南大門(ナンデムン)とも呼ばれました。また1448年にも大規模な修繕が行われています。
    以降、壬辰倭乱(日本で言う「文禄・慶長の役」)や丙子胡乱(ピョンジャホラン=丙子の乱)の際にも南大門は被害を受けませんでした。
    最初に建造されたときには門の両側に城壁が繋がっていましたが、1908年道路を作るためにその城壁は崩され、城門のみ残り陸の孤島のようになってしまいました。しかし2006年になり復元工事を実施、現在のような形の崇礼門となりました。1
    952年文化財保護法により崇礼門はそれまで宝物に指定されていたものを変更、国宝第1号に改めて指定されました。

    木造の建物の平面は下層・上層が5間、側面2間の大きさで、木造建物の下層・一階部分の床は木造建物の下にある虹霓門(ホンネムン)の上にあたる中央間のみ井桁に組んだ板の間があるだけで他の部分は土の床となっており、建物2階の上層は板張りの床となっています。
    扁額の筆者については諸説ありますが、1614年に編纂された韓国最初の百科辞典といわれる「芝峰類説(チボンユソル)」には朝鮮時代初期の王族で太宗の長男で世宗大王の兄にあたる譲寧大君(ヤンニョンテグン)が書いたものであるという記録が残っています。
    四大門のうち他の門の扁額は横書きとなっていますが、崇礼門だけは縦書きになっています。これは「崇礼」の二文字が五行思想で火を意味し、景福宮と相対している冠岳山(クァナクサン)の火の勢いを抑えるためと言われています。

    現存する城門の建物として韓国で最も規模が大きい南大門は典型的な多包様式の建物で、典型的な木造建造物の手法を取り入れている、韓国の建築史において重要な建物のひとつです。
    1997年初頭、ソウル特別市では崇礼門の景観をより一層素晴らしく演出するため、ライトアップ設備も新たに設置しました。

    また地元自治体のソウル特別市中区(チュング)は2005年10月から通路補修工事とあわせて崇礼門中央のアーチ型の門・虹霓門入口など5ヶ所の地表調査を実施、朝鮮時代の世宗大王の施政の時と思われる下部石築基壇や一番下にある基礎となる石・址台石(チデソク)、地面に敷き詰める平たい石・薄石(パクソク)、 門の両側にある柱が立てられた基礎の石・門枢石などを発掘しました。
    これら発掘されたものは1907年ごろ南大門を貫く路面電車の線路を敷設する際、門の周囲に1mほど盛り土を行ったため基壇部分や路面に敷き詰められていた薄石などがその際、盛り土で完全に埋められ、それが発掘作業により露出したものと思われると発表しました。
    発掘を行った中区では人々が地表面から1.6m下にあるこれら遺構を見学できるよう、中央通路の試掘部分をそのまま残し、観覧施設を設けました。崇礼門の中央通路がある虹霓門に沿って見学することができます。

    しかし崇礼門は2008年2月10日、放火による火災で焼失してしまいます。その後、5年3ヶ月の工期を掛けて復元作業行い、2013年に一般開放に漕ぎ着けました。
    2013年5月1日には崇礼門復旧を告げる「告由祭」が執り行われました。

    崇礼門復元には忠清南道(チュンチョンナムド)泰安(テアン)の安眠松(アンミョンソン)が使われました。安眠松は高麗時代から王宮や船を造る際に使われてきた木材で、この復元作業では崇礼門の垂木、柱、屋根などに使われました。



    指定現況
    国宝第1号(1962年12月20日指定)

    休業日
    月曜日

    利用時間
    [利用時間]9:00~18:00
    ※6月~8月18:30まで開放
    ※12月~2月は17:30まで開放

    駐車施設
    なし

    入場料
    無料

    トイレ
    なし

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。