エリア検索

扶余 定林寺址 五層石塔[ユネスコ世界文化遺産](부여 정림사지 오층석탑 [유네스코 세계유산])

  • 扶余 定林寺址 五層石塔[ユネスコ世界文化遺産](부여 정림사지 오층석탑 [유네스코 세계유산])
  • 扶余 定林寺址 五層石塔[ユネスコ世界文化遺産](부여 정림사지 오층석탑 [유네스코 세계유산])
  • 扶余 定林寺址 五層石塔[ユネスコ世界文化遺産](부여 정림사지 오층석탑 [유네스코 세계유산])
  • 扶余 定林寺址 五層石塔[ユネスコ世界文化遺産](부여 정림사지 오층석탑 [유네스코 세계유산])
  • 扶余 定林寺址 五層石塔[ユネスコ世界文化遺産](부여 정림사지 오층석탑 [유네스코 세계유산])
  • 扶余 定林寺址 五層石塔[ユネスコ世界文化遺産](부여 정림사지 오층석탑 [유네스코 세계유산])
  • 扶余 定林寺址 五層石塔[ユネスコ世界文化遺産](부여 정림사지 오층석탑 [유네스코 세계유산])
住所
忠清南道 扶余郡 扶余邑 定林路83
충청남도 부여군 부여읍 정림로 83
タイプ
遺跡/史跡
問合わせ
+82-41-830-2880
ホームページ
http://tour.buyeo.go.kr/(韓国語)
http://www.jeongnimsaji.or.kr/ (日本語あり)
  • 概要
    概要
    「扶余(プヨ)定林寺(チョンリムサ)」は6世紀の中頃に建てられ、百済が滅亡する時まで栄えていた寺です。境内には、定林寺址五重石塔が1400余年の月日を越え、素朴な美しさを大切に保っています。この定林寺址五重石塔は、益山の弥勒寺址石塔と共に百済の石塔様式を見せてくれる大切な遺物となっています。定林寺址で見ることができるもう一つの遺物は、高麗時代の定林寺址石仏坐像です。この仏像は高麗時代に定林寺を改築した際に、新しく造られたものです。坐台の上部分には蓮の花が刻まれており、また下の部分には蓮の花の模様が刻まれています。芸術性に非常に優れた作品と言えるでしょう。
    また定林寺址前にある定林寺址博物館は、仏教文化館、定林寺址館、企画展示館があり、仏教と定林寺の歴史を紹介しています。

    TEL
    +82-41-830-2880

    指定現況
    扶余定林寺址 史跡第301号(1983年3月26日指定)
    扶余定林寺址五層石塔 国宝第9号(1962年12月20日指定)

    休業日
    年中無休

    利用時間
    夏季(3月~10月)9:00~18:00
    冬季(11月~2月)9:00~17:00

    駐車施設
    あり(無料)

    入場料
    大人1,500ウォン

    利用可能施設
    自転車レンタル(無人)

    トイレ
    あり

    韓国語案内サービス
    10人以上で可
    お問い合わせ+82-41-830-2530

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。