エリア検索

国立中央科学館(국립중앙과학관)

  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
  • 国立中央科学館(국립중앙과학관)
住所
大田広域市 儒城区 大徳大路481 (九城洞)
대전광역시 유성구 대덕대로 481 (구성동)
問合わせ
総合案内センター+82-42-601-7894~6
利用時間
9:30~17:50
休業日
月曜日、祝日の翌日、1月1日、ソルラル(旧暦1月Ⅰ日)・秋夕(旧暦8月15日)の当日、連休の翌日
ホームページ
http://www.science.go.kr(韓・英)
  • 概要
    概要
    「自然と人間と科学の調和」というテーマのもと、5万坪あまりもの土地に建設された「国立中央科学館(クンニプチュンアンクァハククァン)」は、産業、技術、自然史、科学技術史などに関する資料の収集、研究および展示を通し、科学技術とその知識の普及に努め、生活の科学化を目指し科学技術を通じた先進化という目標を達成しようと1990年10月9日にオープンしました。

    野外展示場には、飛行機、プロペラ、エアーボートなどの大型展示物が展示され、休息空間も設置されています。特別展示館には、全国科学展覧会、および全国学生科学発明展示大会の受賞作品が定期的に展示され、科学館が所蔵する展示品や珍しい所蔵品の特別展も開催されます。常設展示館には、自然史、韓国科学技術史、自然の理解、自然の利用など4つの分野322のテーマに沿って4,200点の展示物が実物、復元、剥製、映像、写真、図解、実験装置などの形態で展示されています。

    天体館はドーム型の建物で、70mmの大型アストロビジョンと天体投影機、プラネタリウムがあります。自然学習園には、全10万891平方メートルの敷地に12キロメートルの観察路が設置され、その周辺には各種植物が植えられています。アマチュア無線局(HAM)は、1992年1月16日に開局し、希望する団体の申込みを受けて公開・運営しています。

    これらの他にも、セサク科学教室、探求館、体験実験教室、模型飛行機、製作・コンピューター教室などの科学教育プログラムも運営されており、週末星座旅行、天体科学教室、オープン観測会、自然史研究会、冬の渡り鳥自然探検隊などのイベントも開催されています。

    国立中央科学館の歴史
    国立中央科学館のはじまりは、1926年にさかのぼります。1926年10月に設立の承認を受け、翌年5月に常設展示館がオープンしました。その後、国立科学博物館と改称し、1948年に文教部傘下の国立科学館として正式に発足しました。1969年には科学技術処へ移管され、1990年に国立中央科学館として拡大・改編されました。1990年6月8日までの科学館はソウル科学館と改称され、所属機関として置かれ、本部を大田広域市大徳研究団地に置いています。

    運営者
    国立中央科学館長

    規模
    敷地165,290平方メートル
    延べ坪28,826平方メートル
    展示室21,421平方メートル(常設展示館 15,834平方メートル、特別展示館 4,760平方メートル、天体館 1,818平方メートル)

    展示室案内
    展示館:科学技術館、自然史館、創意ナレ館、磁気浮上列車、クムアッティ体験館、生物探求館、天体館、サイエンスホール、野外展示物など

    トイレ
    あり

    障害者用施設
    出入り口スロープ、専用駐車区域、エレベーター、車いす貸与
    専用トイレ(男女共用、各建物に1ヶ所ずつ)

    料金
    創意ナレ館:大人2,000ウォン
    磁気浮上列車:大人2,000ウォン
    天体館:大人2,000ウォン
    クムアッティ体験館:大人2,000ウォン
    ※毎月最終水曜日「文化のある日」50%割引

    駐車施設
    あり(運営時間9:30~17:00/有料)

    情報提供元
    国立中央科学館 広報イベント課、国立中央科学館 広報協力チーム

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。