エリア検索

西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)

  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
  • 西大門刑務所歴史館(서대문형무소역사관)
住所
ソウル特別市 西大門区 統一路 251 (峴底洞)
서울특별시 서대문구 통일로 251 (현저동)
問合わせ
西大門刑務所歴史館 +82-2-360-8590
利用時間
3月~10月:9:30~18:00
11月~2月:9:30~17:00
※入場は閉館の30分前まで
休業日
月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日休館)、1月1日、秋夕(旧暦8月15日)・ソルラル(旧暦1月1日)の当日
観覧所要時間
1時間~1時間30分
ホームページ
西大門刑務所歴史館 http://sphh.sscmc.or.kr(日本語あり)
  • 概要
    概要
    西大門(ソデムン)刑務所歴史館は、大韓帝国末期に日帝の強圧により監獄が建設され、およそ80年間、韓国の近現代史の激動期の受難や民族の恨が宿る歴史の現場となったところです。
    ここは韓民族の抗日独立運動に対する日本帝国主義の代表的な弾圧機関があった場所でした。
    1908年10月21日に京城監獄という名称で開設され、日帝に国権が奪われたことに反抗する民族独立運動が全国規模で大々的に起こると、日帝は数多くの愛国志士を逮捕し投獄しました。
    収容人数が増加すると、近くの同じソウルにある麻浦(マポ)の孔徳洞(コンドクトン)に別の監獄を建て、この場所にある監獄は1912年9月3日に西大門監獄と名称を変えました。
    名称が変更されるほど多くの民族受難の歴史を経てきた西大門刑務所は刑務所としての役割を終えると、1992年8月15日、現在の「西大門独立公園」として再スタートを切りました。
    現在は歴史性と保存価値を鑑み、7棟の建物のみを当時のまま保存され、その中でも獄舎の3棟と死刑場は史跡第324号に指定されています。
    西大門区では1995年から西大門独立公園史跡地に対する聖域化事業を開始しました。
    祖国独立のため日帝の侵略に立ち向かい闘い投獄され、残忍な拷問と弾圧を受け、殉国した先烈らの魂を称え、後世に韓国の先烈らの自主独立精神を伝える歴史の生きた教育の場とすべく、1998年11月5日、この「西大門刑務所歴史館」を開館しました。

    問い合わせ
    +82-2-360-8586

    規模
    敷地:29,216平方メートル
    建築面積:3,347平方メートル

    体験プログラム
    青少年現場体験学習

    展示室案内

    *追慕の場(1階)
    1)映像室
     数多くの韓国の愛国の志士達が日帝の侵略と弾圧に抵抗し投獄された西大門刑務所の設立背景と、その歴史的変遷を大型スクリーンで7分間上映します。

    2)企画展示室
     祖国光復の独立のため日帝の侵略に抵抗し殉国した韓民族の活躍ぶりを発掘し、多様な企画を開催する展示スペースとして利用しています。

    3)資料室
     韓国史に関する図書を収集・所蔵し、歴史専門資料室として開設、特に独立運動史と関する資料・書籍などを閲覧することができます。


    *歴史の場(2階)
    1)民族抵抗室
     西大門刑務所が設立された歴史的背景と、韓民族の反日闘争史を時系列に事件別ごとに展示しています。

    2)刑務所歴史室
     西大門刑務所の変遷過程と韓国全国にある刑務所の現況が一目で分かるように展示、1934年当時の西大門刑務所の配置を模型で展示しています。

    3)獄中生活室
     日帝の拷問と弾圧に虐げられた獄中生活の実情を展示、観覧客が自ら体験できるように壁棺、独房を再現、死刑場の断面模型を立体的に展示しています。


    *体験の場(地下フロア)
    1)臨時拘禁室と拷問室
    保安課地下監房で、愛国志士達を訊問し拷問する所でした。現在は日帝が犯した残酷な様々な拷問の様子を文献や考証を元に再現しています。

    ※観覧順序
    展示室⇒中央舎⇒12獄舎⇒11獄舎⇒工作舎⇒ハンセン病舎⇒殉国先烈追慕碑⇒ポプラの木⇒死刑場と屍口門⇒獄舎の敷地と赤レンガの壁⇒隔壁場⇒女子獄舎⇒塀と望楼⇒炊事場(展示室・ミュージアムショップ)⇒通用門⇒休憩所⇒建築部材



    主要施設
    展示館(保安課庁舎)、獄舎、死刑場、屍口門、柳寬順地下監獄、塀と望楼、拘置監庁舎など

    付帯施設
    情報検索室、ミュージアムショップ

    トイレ
    あり

    料金
    個人:大人 3,000ウォン/青少年など 1,500ウォン/子ども 1,000ウォン
    団体:大人 2,400ウォン/青少年など 1,200ウォン/子ども 800ウォン
    ※一般(満19歳~満64歳)、青少年(満13歳~満18歳)、子ども(満7歳~満12歳)
    ※無料入場:満6歳以下の乳幼児、満65歳以上の高齢者など
    ※西大門区住民(身分証所持者に限る)、管内学校(小・中・高校生)は50%割引
    ※西大門自然史博物館入場券所持者は20%割引(個人客のみ対象)

    駐車施設
    独立公園駐車場(ソウル市西部プルン都市事業所+82-2-312-2958)

    駐車料金
    大型車 5分 450ウォン/1時間5,400ウォン
    小型車 5分 150ウォン/1時間1,800ウォン
    ※駐車施設及び料金はホームページ参照
    西大門区都市管理公団http://parking.sscmc.or.kr/index.asp(韓国語)

    韓国語案内サービス
    様々なドーセント(専門ガイド)解説プログラムを実施

    [ドーセント観覧解説プログラム]
    ・訪問1週間前までに事前電話予約。ドーセントが訪問客の日程に合わせて解説可能
    ・申請可能人員 30人以下
    ・問合せ:+82-2-360-8586

    外国語案内サービス
    様々なドーセント(専門ガイド)解説プログラムを実施

    [ドーセント観覧解説プログラム]
    ・訪問1週間前までに事前電話予約。ドーセントが訪問客の日程に合わせて解説可能
    ・可能外国語:日本語、英語
    ・申請可能人員 30人以下
    ・問合せ:+82-2-360-8586

    外国語案内サービス
    団体観覧事前予約(問合せ:+82-2-360-8583)
    ※ドーセント予約案内は別の連絡先に要電話問合せ(詳しくは韓国語案内サービスあるいは外国語案内サービスをご参照ください)


  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。