エリア検索

龍珠寺(華城)(용주사(화성))

  • 龍珠寺(華城)(용주사(화성))
  • 龍珠寺(華城)(용주사(화성))
  • 龍珠寺(華城)(용주사(화성))
  • 龍珠寺(華城)(용주사(화성))
  • 龍珠寺(華城)(용주사(화성))
  • 龍珠寺(華城)(용주사(화성))
  • 龍珠寺(華城)(용주사(화성))
  • 龍珠寺(華城)(용주사(화성))
  • 龍珠寺(華城)(용주사(화성))
住所
京畿道 華城市 龍珠路136(松山洞)
경기도 화성시 용주로 136 (송산동)
タイプ
寺/宗教聖地
問合わせ
事務所+82-31-234-0040
テンプルステイ +82-31-235-6886
ホームページ
www.yongjoosa.or.kr (韓国語)
  • 概要
    概要
    隆健陵を出ると1.7キロメートル地点に森に囲まれた「龍珠寺(ヨンジュサ)」があります。行政区域上は台安邑松山里ですが、隆健陵のある華山裏東の麓に位置しています。ここには元々新羅文聖王16年(854)に廉居和尚の創建した葛陽寺がありました。高麗光宗21年(970)には韓国で初めて水陸齋を開設するなど名の高い道場でした。丙子胡乱の際消失し閉鎖されましたが、正祖が父荘祖の稜を華城に移し、寺を再び願堂としました。 落成式の夜に正祖が龍が如意珠をくわえて昇天する夢を見たことから龍珠寺と名づけたと伝えられています。正祖は龍珠寺を再建する際、父母恩重経を木版に刻み保存するよう命じ、当時最高の画家キム・ホンドに頼んで美しく飾るようにしました。50余りの木版とともに大雄殿横の芝には10に至る父母恩重経を刻んだ塔と石碑が高くそびえています。大雄殿の後仏幀画はキム・ホンドの指揮で描かれた傑作で、正祖大王が植えたという大雄殿前のチョウセンヒメツゲは、樹齢200年を越す天然記念物第264号です。龍珠寺梵鐘もやはり国宝第120号です。

    主要文化財

    1.龍珠寺梵鐘(国宝 第120号)
    2.チョウセンヒメツゲ(天然記念物第264号)
    3.金銅香炉(京畿道有形文化財第11号)
    4.青銅香炉(京畿道有形文化財第12号)
    5.龍珠寺上樑文(京畿道有形文化財第13号)
    6.典籍手写本(京畿道有形文化財第14号)
    7.龍珠寺屏風(京畿道有形文化財 第15号)
    8.龍珠寺大雄殿後仏幀画(京畿道有形文化財第16号)
    9.仏設父母恩重経板(京畿道有形文化財第17号)

    TEL
    +82-31-234-0040, +82-31-235-6886

    休業日
    年中無休

    体験プログラム
    龍珠寺テンプルステイ
    I amテンプルステイ(体験型)60,000ウォン
    休息型テンプルステイ70,000ウォン
    デイリーテンプルステイ(テンプルライフ)30,000ウォン(10人以上)

    入場料
    大人1,500ウォン

    利用可能施設
    孝行博物館

    トイレ
    あり

    韓国語案内サービス
    文化解説ガイド(予約+82-31-221-6987)
    利用時間10:00、13:00、15:00
    ※月曜日は解説なし
    ※団体への解説は要相談

  • 観光地
  • 宿泊
  • レストラン
  • ショッピング
  • アクセス

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。