公演

昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)

  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
  • 昌徳宮月明かり紀行(창덕궁 달빛기행)
お知らせ
※コロナウイルス感染症-19(COVID-19)拡散防止のためイベント中断
イベント期間
2020.05.21 ~ 2020.06.14 終了
住所
ソウル特別市 鍾路区 栗谷路99 (臥龍洞)
서울특별시 종로구 율곡로 99 (와룡동)
場所
昌徳宮一帯
TEL
+82-70-4422-3388
利用料金
30,000ウォン
観覧所要時間
約2時間
主催 / 主管
文化財庁、韓国文化財財団 /
紹介
歴史と文化が息づく王宮、そして城郭都市ソウルの形成の一環として実施される「昌徳宮月明かり紀行」に皆様をご招待します。

満月が照らす夜空の下、かけがえのない人とともに昌徳宮(チャンドックン)を散策する特別な一夜「昌徳宮月明かり紀行」。
「昌徳宮月明かり紀行」は午後8時に昌徳宮正門・敦化門(トンファムン/トナムン)の門をくぐり、案内ガイドの解説とともに仁政殿(インジョンジョン)、楽善斎(ナクソンジェ)、後苑(フウォン)を巡る約2時間のコースとなります。

昌徳宮は朝鮮時代の第三代の王・太宗(テジョン)李芳遠(イ・バンウォン=在位:1400~1418年)が建てた離宮で、昌慶宮(チャンギョングン)とともに東闕(トングォル)と呼ばれていました。
壬辰倭乱(日本で言う「文禄・慶長の役」)の後、朝鮮時代の第15代の王・光海君(クァンヘグン=在位:1608~1623年)が焼け落ちた景福宮(キョンボックン)に代わり昌徳宮を法宮(正宮)とし、昌徳宮は王が住む朝鮮の表舞台の王宮となりました。
自然の摂理を敬い、自然と人間の調和を重視する韓国文化の特性を遺憾なく表した昌徳宮は1997年ユネスコの世界遺産に登録され、世界の人々から愛される人類共通の遺産となりました。
内容
昌徳宮夜間紀行、伝統芸術公演鑑賞など
参加案内
ホームページ参照
対象年齢
未就学児童はイベント進行および安全上の理由により参加不可となっています
チケット販売
オークションチケット http://ticket.auction.co.kr(日本語あり)
ホームページ
http://www.chf.or.kr(韓・英)
情報提供元
韓国文化財財団

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。