開催予定のお祭り

河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)

  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
イベント期間
2019.01.01 ~ 2019.12.31
公演時間
河回村常設公演
1月~2月:土・日14:00~15:00
3月~12月:水~日14:00~15:00
※祝日・観光週間に特別公演約10回実施
住所
慶尚北道 安東市 豊川面 河回宗家キル3-15
경상북도 안동시 풍천면 하회종가길 3-15
場所
安東河回村仮面劇公演場
TEL
+82-54-854-3664
利用料金
無料
観覧所要時間
約60分
主催 / 主管
河回別神グッ仮面劇保存会 / 河回別神グッ仮面劇保存会
紹介
800年以上の歴史を持つ「河回別神グッ仮面劇(ハフェビョルシングッタルノリ)」は両班、ソンビなどの既得権益層と高麗当時の仏教界に代弁される特権層、それ以外の一般民衆の生活と葛藤をそのまま現わします。これが昔から両班(貴族階級)の多かった安東で今も受け継いでこられた理由であるとともに、韓国の代表仮面劇「タルノリ」の特性からきていることがわかります。6つのマダン(場)からなる公演では、高麗中期から今に続く韓国社会の矛盾と支配層を鋭く風刺します。民衆の押えつけられていたもどかしさやくやしさを解消する媒介として機能し、村の安寧だけでなく共同体の結束を図ります。これを通じて800年の時を越え、現在とつながり、韓国を飛び出し世界とコミュニケーションする祭りの場となるのです。
内容
河回別神グッ仮面劇は韓国重要無形文化財第69号に指定された民俗ノリ(遊び)で、韓国伝統文化のすばらしさと、その価値を知ることのできるものです。高麗時代から受け継がれ、村の安寧と豊饒を祈って別神グッを行ってきました。これは毎年行われる洞祭と違い5年、10年など決まった周期で行われるのが特徴でした。現在は10あるマダン(場)のうち6つのマダン(舞童(ムドン)、チュジ、白丁(ペクチョン)、老婆(ハルミ)、破戒僧(ペゲスン)、両班(ヤンバン)と学者(ゾンビ))を見ることができます。
河回別神グッ仮面劇常設公演は老若男女誰もが楽しめ、また、さまざまな方法で観覧客との境界を取り払い、韓国伝統劇の価値と特色を知ることができるよう工夫されており、公演後には観覧客と一緒に写真撮影するといった体験プログラムも用意されています。
付帯行事
うちあげマダンとフォトタイム
団体体験プログラム(15人以上、有料):タルチュム体験、アカデミー、河回別神グッ仮面劇ストーリーテリング、タル(仮面)づくり体験 など
プログラム
舞童(ムドン)マダン
チュジマダン
白丁(ペクチョン)マダン
老婆(ハルミ)マダン
破戒僧(ペゲスン)マダン
両班(ヤンバン)と学者(ゾンビ)マダン
http://www.hahoemask.co.kr/board/index.php?doc=japanese/html/6act_00.htm(日本語)
対象年齢
制限なし
ホームページ
http://hahoemask.co.kr(日本語あり)
情報提供元
河回別神グッ仮面劇保存会

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。