開催予定のお祭り

河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)

  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
  • 河回別神グッ仮面劇常設公演(하회별신굿탈놀이 상설공연)
イベント期間
2019.01.01 ~ 2019.12.31 終了
公演時間
12月まで毎週火曜日~日曜日常設実施(但し月曜日が公休日の場合は実施)
・14:00~15:00 約1時間公演
住所
慶尚北道 安東市 豊川面 河回宗家キル 3-15
경상북도 안동시 풍천면 하회종가길 3-15
場所
安東河回村仮面劇公演場
TEL
+82-54-854-3664
利用料金
無料
観覧所要時間
約60分
主催 / 主管
河回別神グッ仮面劇保存会 / 河回別神グッ仮面劇保存会
紹介
800年以上の歴史を持つ「河回別神グッ仮面劇(ハフェビョルシングッタルノリ)」は、両班(ヤンバン)、ソンビ(古の時代の学者)などの既得権益階級、高麗時代当時の仏教界にみられる特権階層、そして一般の人々の生活や葛藤をありのままに表現した韓国の伝統芸能です。古の時代から支配階級であった両班の人々が多かった安東(アンドン)であったからこそ現代にも受け継がれています。また、河回別神グッ仮面劇は、韓国を代表する伝統芸能・タルノリ(仮面劇)の特徴がよく表れている伝統芸能でもあります。
6つのマダン(広場)からなる公演では、高麗時代中期から今に続く韓国社会の矛盾や支配層を鋭く風刺します。
人々の抑圧されたもどかしさや無念さを晴らす手段として、この仮面劇はその一助を果たし、村の平安や安寧、そして共同体としての結束をも図ります。
仮面劇を通じて800年という時代を越え現在とつながり、そして韓国を超え世界へとつながる祭りの場と発展するのがこの河回別神グッ仮面劇です。
内容
河回別神グッ仮面劇は、韓国重要無形文化財第69号に指定された民俗芸能で、韓国伝統文化のすばらしさと、その価値を知ることのできる仮面劇です。

高麗時代から受け継がれ、村の安寧と豊饒を祈願し、別神グッを行ってきました。これは毎年行われる洞祭とは異なり、5年、10年あるいは特定の状況下で定期的な周期で行われるのが特徴で、現在は10あるマダン(場)のうち6つのマダン、舞童(ムドン)、チュジ、白丁(ペクチョン)、老婆(ハルミ)、破戒僧(ペゲスン)、両班(ヤンバン)・学者(ソンビ)の各マダンの演目をご観覧いただけます。

中でも「両班・ソンビマダン」などは、その時代の既得権益階級や宗教界の矛盾をウイットに富んだ風刺やユーモアで表現する点が特筆されます。 公演終了後には演者と観客の方々が一緒に写真撮影をしたり、楽しい体験プログラムも用意されており、さまざまな世代の方々にお楽しみいただける内容となっています。 河回別神グッ仮面劇常設公演はさまざまなプログラムで、観客の方々と出演者の垣根を越え、伝統劇の価値や特色を実感できる常設公演となっています。
ストーリー
古の時代から韓国では村ごとに守護神、すなわち洞神(トンシン)がいると信じられてきました。そのため、毎年、一年の安寧と平安を祈願する洞神を祀る祭祀・洞祭(トンジェ)を執り行うのが一般的でした。
しかし、洞祭とは別に、5年、10年あるいは特定の状況下で定期的な周期で行われる祭祀があり、それが別神(ビョルシン)グッでした。
河回別神グッ仮面劇は、信仰的要素とともに、身分による差別、政治・社会的な矛盾、経済的搾取などからわずかな時間ではあるものの脱したいという一般の民のあがきであり、一種の祭りでもありました。

まず、童身を象徴する女装した仮面を被ったカクシクァンデが 肩車をして村にやって来る 「舞童(ムドン)マダン」から公演が始まります。

引き続き行われる「チュジマダン」では、獅子に似た想像上の動物・チュジが雄・雌の間で争いを行う中で、さまざまな鬼神を追いやり、その争いの結果、雌が勝つと多産や豊穣、繁栄をもたらすということで、これらを祈願する意味があります。

三つ目の演目「白丁マダン」では、その昔、家畜の屠殺を生業としと蔑まされていた白丁(ペクチョン)を巡る話で、取り出した牛の心臓や牛の睾丸を話題に、身分による差別や支配階級の二重性や偽善的な態度を風刺します。

この他にも、おじいさんが買ってきたニシンを一人で食べてしまうおばあさん・ハルミの姿を通じ、その当時の家父長的秩序や男女差別を皮肉る「ハルミマダン」、道端で小便をする女性を見かけ欲情に負けてしまう僧侶の姿を通じて、腐敗した宗教を叱咤する「破戒僧マダン」、当時最高の支配階層で知識人でもあった両班(ヤンバン)とソンビ(古の時代の学者)が白丁マダンで登場した牛の睾丸をめぐって争う姿を通じ、当時の社会の偽善や矛盾を風刺する「両班・ソンビマダン」も上演されます。

すべてで六つのマダンをお届けする公演では、過去をはじめ現在にも通じる社会の矛盾や不条理を批判し、現代を生き抜く我々を顧みる機会にもなります。公演の後には演者と一緒にマダンで踊ったりして、伝統文化の真髄や楽しさを実感することができます。
略歴
1973年 10月 安東河回仮面劇研究会創立
1978年 10月 全国民俗芸術競演大会参加、文化公報部長官賞慶尚北道代表
1980年 11月 国家指定重要無形文化財第69号指定
1992年 9月 第1回安東MBC(文化放送)郷土文化賞受賞文化部門選定
1997年~2017年 文化体育観光部指定、常設文化観光プログラム
出演
重要無形文化財第69号指定河回別神グッ仮面ノリ保存会員29人
付帯行事
[ティプリマダンとフォトタイム]
・公演後、観客と一緒に参加するティプリ(余興)マダン(広場)と写真撮影会実施

[団体体験プログラム(15人以上、有料)]
・タルチュム体験、アカデミー、河回別神グッ仮面劇ストーリーテリング、タル(仮面)づくり体験 など
プログラム
[舞童(ムドン)マダン]
・村の守護神である城隍神(ソンファンシン)の化身となったカクシグァンデが 肩車をしながら村へとやってくると、見物に来た人々が準備したさまざまな衣を神竿にかけ、村の平安と豊作を祈願します。

[チュジマダン]
・悪事を働く獣や鬼神を追い払う雄と雌の想像上の動物・チュジが激しく踊りを踊り、闘います。この闘いは雑鬼や邪悪なものを追い出すという意味があり、雌が勝つと多産と豊作になるといいます。

[白丁マダン]
・よどみない動きと牛を一発で仕留める白丁(ペクチョン)の行動を通じて、身分による差別をはじめ社会的な矛盾に抵抗する姿を模写、仕留めた牛を裂き睾丸を取り出す姿を通じ、性をタブー視しながらもひそかに楽しんだ当時の矛盾及び偽善を辛辣に批判します。

[老婆(ハルミ)マダン]
・ニシンを巡り繰り広げられるおじいさんとおばあさんの口論から、おじいさんを圧倒するおばあさんの行動を通じ、その当時の家父長的な権威や男女の上下関係を否定、その時代の社会秩序に抵抗する一般の人々の意識を表現します。

[破戒僧(パゲスン)マダン]
・僧侶が宗教的な戒律を捨て、俗世の暮らしを謳歌する過程を、包み隠さず表現します。これによって高麗時代末期の仏教や僧侶らの堕落した姿をまざまざと表現するとともに偽善的な当時の宗教の世界を風刺します。

[両班・ソンビマダン]
・両班(ヤンバン)とソンビ(古の時代の学者)が、女性や牛の睾丸を巡り、喧嘩する姿を通じて、当時の支配階級の偽善や見せかけの姿をありのまま表現するとともに、当時の人々の抑圧された感情や不満を解消させるそんな筋書となっています。
対象年齢
年齢制限なし
ホームページ
http://hahoemask.co.kr(日本語あり)
情報提供元
[文章/写真]河回別神グッ仮面劇保存会履修者 ナム・ウヨル氏

Visit Koreaでは、ここで紹介した情報に関する直接的・間接的な損害について一切責任を負いかねます。