トピックス

陶磁器と薫り高い茶の出会い
「聞慶(ムンギョン)伝統茶碗祭り」

  • Tag Event
  • 日付2016/04/25
  • Hit16856

5月は祭りの月といってもよいほど全国各地でさまざまな祭りが開催されます。聞慶(ムンギョン)セジェオープン撮影セット場で2016年4月30日(土)から5月8日(日)まで開かれる「聞慶伝統茶碗祭り」では、韓国の陶芸の名匠の茶碗が見られる他、公募で当選した作品を見ながら茶碗の世界の奥深さを体験することができます。特にお茶と陶磁器のイベントは必ず体験することをおすすめします。

祭りが開かれる聞慶セジェは朝鮮時代(15世紀)に開拓された古道にある峠で、昔は漢陽(現在のソウル)への一番の近道でした。ソンビ(学者)が科挙を受けるために通った道で、現在は第1関門から第3関門まで道立公園に指定されています。

この祭りでは茶碗国際交流展や聞慶伝統陶磁器名品展、全国茶碗公募大展などが開かれ、陶磁器作りや茶碗の絵付け、茶礼体験などの体験プログラムも楽しめます。

主な体験プログラム

陶磁器作り

陶磁器作りが体験できるプログラムです。ろくろの上の土に手を触れると、器を1つ作るのにどれだけ丹精が込められているのかが感じられます。日陰でよく乾燥させれば持ち帰りも可能。体験費4,000ウォン(現金のみ)。

茶碗の絵付け

絵付けをしてオリジナルの茶碗を作ることができます。素焼きの茶碗に顔料で好きな絵を描いて茶碗の裏底に名前を書き、よく乾燥させてから本焼きを行います。完成品は後日、自宅まで送られてきます(韓国国内は送料着払い)。体験費10,000ウォン。

茶礼(タレ)体験

聞慶セジェ内にあるドラマ撮影セット場が茶礼(お茶を飲む際の礼儀作法)体験場になっており、韓服を着たボランティアの方からの手ほどきを受け、茶道を体験しながら韓国的な趣が楽しめます。五味子(オミジャ)茶、タンポポ茶、緑茶、蓮の葉茶など、様々な種類のお茶と韓国伝統料理の餅を味わうことができます。5種類の味がするという五味子茶は聞慶の特産物なので、ぜひ本場の味を体験してみてください。体験費2,000ウォン。

☞ 「聞慶伝統茶碗祭り」でこんな体験にチャレンジ!
陶磁器体験や茶礼体験の他に「朝鮮時代の服装体験(体験費4,000ウォン)」もあり、王様や将軍、王妃などの衣装が試着できます。昔の人の姿に変身して、手持ちのカメラで記念写真を撮ってみませんか?

More info

※上記の内容は2016年4月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。