トピックス

暑い夏にオススメ!韓国のピンス特集

  • Tag Food Trend
  • 日付2019/07/08
  • Hit66522

レトロよもぎピンスとクラウドマンゴーピンス(写真提供:グランドインターコンチネンタルソウルパルナス)

韓国の人々が愛して止まない夏のデザートと言えばピンス・かき氷。
ピンスを漢字で書けば「氷水」となりますが、韓国の代表的なピンスといえば小豆餡をのせて食べるパッピンス(氷小豆・氷ぜんざい)。最近ではトッピングやかき氷自体をアレンジしたユニークなピンスが登場、種類も多様化してきました。
そして、いまではピンス専門店も誕生するなど韓国でも多くの人がピンスで暑さをしのいでいます。
暑さが猛威を振るいそうな今年の夏、今回は韓国で味わえるいろんなピンスをご紹介します。

ピンスと言えばこれ!韓国の定番・パッピンス

パッピンス

パッピンスと言えば韓国のピンスの元祖ともいえる存在。パッは韓国語で小豆を意味し、文字通り訳せば「小豆氷水」で、氷の上に甘い小豆餡がのっているのが基本。もともと細かく削った氷の上に冷ました汁粉を掛けたのが始まりで、少しずつ形を変えて現在のパッピンスに至ったとされています。トッピングとしてピンス用の小さな柔らかいお餅や大豆など穀物を挽いて作った粉・ミスカルなどをかけて食べるのが韓国流。パッピンスはトッピングの種類によって味わいが少しずつ違いますが、柔らかいお餅の食感と甘い小豆餡の味わいが絶品です。

お口の中ではじける爽やかな魅力、フルーツピンス

ソウル新羅ホテルのマンゴーピンスとブルーベリーピンス(上・写真提供:ソウル新羅ホテル)、メロンピンス(下左・写真提供:Cafe cloud Bam)、桃ピンス(下右・写真提供:東京ピンス)

小豆が苦手な方やさっぱりとした味を楽しみたい方にオススメしたいのが、クァイルピンスことフルーツピンス。クァイルとは韓国語で果物のことで、かき氷の上にいろんな種類の果物をトッピングしたり、時には一種類だけ果物をふんだんにのせるときもあります。最近ではさらに濃い味を出すため、氷を作る段階で氷の中に果物を入れて凍らせ果物の味をさらに引き立てるメニューも登場し人気を博しています。フルーツピンスは使う果物により、マンゴーピンス、メロンピンス、桃ピンス、イチゴピンス、グレープフルーツピンスなどその種類もさまざま。パッピンスに比べ甘さは控えめですが、牛乳を凍らせて細かく削った氷と果物の爽やかな味がハーモニーをかなで、お口の中でやわらかに溶けていきます。

身体にやさしい韓国伝統食材がたっぷり、ウェルビーイングピンス

レトロよもぎピンス(上・写真提供:グランドインターコンチネンタルソウルパルナス)、韓方ピンス(下左・写真提供:カフェ歩拏(ポラ))、カボチャキャラメルピンス(下右・写真提供:東京ピンス)

ちょっと変わった味にトライしてみたい方は、体に良い食材を使って作られたピンスはいかがでしょうか。カボチャ、ナツメ、アーモンドなどの食材が使われ、見るからに健康になりそうな感じがするピンスです。甘いよもぎ味がおいしい「レトロよもぎピンス」にはよもぎゼリー、よもぎ生チョコレート、よもぎ練乳、グラノーラなど、ヘルシーな食材がたっぷり入っています。クコ(枸杞)の実、ナツメ、ハトムギ、マルベリー(桑の実)などさまざまなドライフルーツをトッピングした「韓方ピンス」は、シナモンパウダーをふりかけると韓国伝統の飲み物・スジョングァ(水正果)を彷彿とさせる独特な味に変身。 またピンスはカボチャとも相性がよく、ほのかに甘い「カボチャピンス」はすっきりとした味わいです。

こんなピンスは初めての体験?ちょっと風変わりなピンス

クラウドマンゴーピンス(上・写真提供:グランドインターコンチネンタルソウルパルナス)、チャジャンピンス(下左・写真提供:cafe OZ)、クレームブリュレピンス(下右・写真提供:パークハイアットソウル)

味で勝負のピンス以外にも、最近のトレンドとしてビジュアル系ピンスが続々と登場。ピンスの上に浮かぶ雲が印象的な「クラウドマンゴーピンス」は、牛乳とマスカルポーネ生クリームで作られたソフトなかき氷に、生のマンゴーとマンゴープリンがのっています。また、まるでジャージャー麺のような「チャジャンピンス」は、白い麺に見立てたアイスクリームの上に肉味噌のような色の小豆餡がのっています。小豆餡の上には、ジャージャー麺の肉味噌の上にトッピングされているグリンピースを再現したチョコレートがのっており、なかなかリアルな仕上がり。「クレームブリュレピンス」はカスタードクリームにキャラメル、アイスクリームがのっており、横に添えられているシロップ、ナッツ、ベリーコンポートをかけて食べます。どのピンスもこれまでになかったビジュアルと新しい味わいが魅力です。

  • ☞ 韓国観光案内電話: +82-2-1330(日本語)

※上記の内容は2018年6月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。