トピックス

いちばん韓国らしさが残る場所、それは慶尚南道・南海。

  • Tag Food History Tour
  • 日付2019/06/17
  • Hit30140

南海の海岸の風景(提供:南海郡庁)

慶尚南道(キョンサンナムド)南海郡(ナメ)がある南海島(ナメド)は、韓半島南部にある韓国で5番目に大きな島。その南海島がある韓半島南方に広がる海・南海(ナメ)には76の大小様々な無人島があちらこちらにあり、多島海をなしている海域です。この地域は閑麗(ハルリョ)海上国立公園に指定され、素晴らしい自然があり、風景も大変素晴らしいところとして有名です。
南海の人々が山の斜面を切り開いた加川(カチョン)タレンイ村の棚田、閑麗海上国立公園が一望できる錦山(クムサン)など景色が素晴らしいところが数多くあり、韓国古来の漁法を今も守り続けている知足(あるいは只族=いずれも読みは「チジョク」)海峡の竹防簾(チュンパンニョム)は国の名勝に指定されている景色が大変美しい場所として有名です。
また、古の時代から海風を遮り、魚を追い込むために設けられた勿巾里(ムルゴンニ)防潮魚付林(パンジョオブリム)は国の天然記念物に指定されており、韓国の伝統を垣間見ることができます。
周囲を海に囲まれ、美しい風景がひろがるところ、そしていちばん韓国らしさが残る、南海を今回皆さんに隅々までご紹介します。

主な観光スポット

海に面した美しい棚田、加川タレンイ村

タレンイマウル(上)&棚田(左下)(提供:南海未来新聞)/タレンイチゲッキル(右下・南海郡庁)

慶尚南道南海郡南面(ナムミョン)の海岸は絶壁が多い場所で、その昔は荒海と不毛の地でしかないところに過ぎませんでした。この南面にある加川タレンイ村も、村の背後には標高480mの雪屹山(ソルフルサン)が高く聳え、海側には遥か遠くまで絶壁が続いている場所です。
そんな劣悪な環境下でも加川タレンイ村の人々は開墾を繰り返し、現在のような素晴らしい棚田が広がる村を作り上げたのです。現在ではもっとも韓国らしさが感じられる風景のひとつとして数えられるタレンイノン、つまり棚田が美しい場所として有名な場所になりました。
棚田は通常では稲作ができない山間地の斜面を削って作られた階段状の田んぼのことで、その地形により様々な形をした田んぼが階段状につくられています。
タレンイ村を横目にさらに進んでいくと、棚田の向こうには「タレンイ・チケッキル(棚田・背負子道)」という散策路と海辺へと続く道に分かれる二又の道にぶつかります。
海辺へ向う道を歩いていくと、海岸にある磯の岩場と岩場の間に吊り橋がかけられており、岩場に白波が打ち付けるすばらしい姿を眺めることができます。

More Info

  • 加川タレンイ村(가천 다랭이마을)
  • ☞ 所在地:慶尚南道 南海郡 南面 虹峴里 南面路 679番キル 21(경상남도 남해군 남면 홍현리 남면로 679번길 21)
  • ☞ アクセス:南海市外バスターミナル下車、加川タレンイ村までタクシーでおよそ35分(23.6km)
  • ☞ ホームページ:http://darangyi.go2vil.org/ (韓国語・英語)

雲上の名刹、菩提庵

錦山菩提庵(上段写真提供:南海郡庁)

錦をまとまったような美しい山という名前がついた南海を代表する山・錦山(クムサン)は、南海一帯に広がる閑麗海上国立公園内にある名山です。
錦山の山の頂のすぐそばにある菩提庵(ポリアム=菩提庵の「提」の韓国語読みは「ジェ」で、「ポジェアム」となるものの、慣例として菩提と同義の固有語「ポリ」という言葉を当てて「ポリアム」と呼んでいます)は、古くからひとつだけは必ず願いをかなえてくれるという言い伝えがあることで有名な寺。
中でも南海の海原を見下ろす菩提庵の海水観音像は韓国三大海水観音像のひとつにも数えられる由緒ある観音像として有名です。
なお、菩提庵や錦山山頂までは菩提庵駐車場から車で登ることもできますが、菩提庵入口までシャトルバスが随時運行していますので、これをご利用になると大変便利です。
錦山山頂からは美しい海岸線が続く尚州(サンジュ)銀砂ビーチが一望でき、また周囲には素晴らしい稜線の山々や奇岩絶壁の風景が広がっています。ここ錦山からの眺めは閑麗海上国立公園の中でも最高の風景を誇る素晴らしい眺めのスポットです。

More Info

  • 錦山菩提庵
  • ☞ 所在地:慶尚南道 南海郡 尚州面 菩提庵路 665(경상남도 남해군 상주면 보리암로 665)
  • ☞ アクセス:南海市外バスターミナル下車、錦山菩提庵までタクシーでおよそ30分(16.8km)
  • ☞ 利用料金:菩提庵文化財拝観料 大人(満19歳~満64歳)1,000ウォン、その他の入場者無料。
    ※駐車場から菩提庵までのシャトルバス往復2,500ウォン

韓国で感じるドイツの息吹、ドイツ村

ドイツ村全景(上段&右下、上段写真提供:南海郡庁)/南海派独展示館(左下、提供:南海未来新聞)

ドイツ村はまだ韓国が経済的に苦しかった時期、外貨獲得のため鉱夫や看護師などとして当時の西ドイツに出稼ぎに出てその後もドイツに在住する韓国人のために作られた村。ドイツ村にはホワイトの外観にオレンジ色の屋根材で葺いた美しい建物が軒を連ねています。
ドイツ村の各建物にはハイデルベルク、フランクフルトなど、ドイツの地名がついた建物が多く、その他の建物もドイツに関連した名称がつけられており、独特の雰囲気を醸しだしています。
ドイツ村入口の坂を上っていくと、下界には南海の青い海とドイツ村のカラフルな色彩の建物の風景が一望でき、まるで一枚の絵画を見ているかのような錯覚に陥ってしまうほどです。
ドイツ村には南海 派独展示館、ドイツ文化広報館などがあります。特にドイツ村住民が直営しているDeuscher Imbiss(ドイチャー・インビス)ではドイツ料理や記念品を販売しています。ドイツ村の近くには様々な美しい庭園を楽しめる園芸芸術村もあり、立ち寄ってみることをおすすめします。

More Info

  • ドイツ村
  • ☞ 所在地:慶尚南道 南海郡 三東面 ドイツ路 92(경상남도 남해군 삼동면 독일로 92)
  • ☞ アクセス:南海市外バスターミナル下車、ドイツ村までタクシーで焼く35分(22.4km)
  • ☞ ホームページ:http://남해독일마을.com (韓国語)

海岸線に広がる緑の防風林、勿巾里防潮魚付林

防潮魚付林(左下、提供:南海未来新聞)

ドイツ村の高台から海を見下ろすと、海岸線に沿って続く細長い林が見えます。これが勿巾里防潮魚付林です。防潮魚付林からは山側にあるドイツ村の全景が一望できます。
韓国では古の時代から特定の目的で人工林を造成することがありました。この勿巾里防潮魚付林も同様で、およそ300年前より海風から村を守り、かつ緑色を好む魚の習性を活かし魚の群れをおびき寄せるために造られました。

More Info

  • 防潮魚付林
  • ☞ 所在地:慶尚南道 南海郡 三東面 東部大路 1030番キル 59(경상남도 남해군 삼동면 동부대로1030번길 59)
  • ☞ アクセス:南海市外バスターミナルからタクシーで防潮魚付林まで約35分(22.7km)

独特な古来からの伝統漁法、竹防簾

竹防簾(上・左下、提供:海南郡庁)/知足(只族)海峡の夕陽(右下、提供:海南未来新聞)

竹防簾(チュンパンニョム)は韓国の伝統的な古代漁法で、海南地域だけで見られる独特な仕掛けを用いるのが特長です。 

竹防簾は浅瀬の海に扇形に組んだ竹を簾のように立てて魚を追い込むもので、近くの昌善(チャンソン)橋から海側を眺めると、竹で出来たV字型の仕掛けの形がよく見えます。
この仕掛けで獲ることができる魚種は主にカタクチイワシで、他にもタチウオやサンマ、マナガツオ、エビなども仕掛けにかかることがあります。ここで獲れたカタクチイワシは竹防(チュンバン)ミョルチ(カタクチイワシのこと)と呼ばれ、最高品として全国に出回ります。
地元ではこのカタクチイワシを使った名物料理があり、カタクチイワシを使った包みご飯・ミョルチサムパプ(멸치쌈밥)、カタクチイワシの刺身・ミョルチフェ(멸치회)が大変おいしいと評判です。
また、知足(チジョク)海岸は夕焼けが綺麗なスポットとしても知られており、地元の名物料理とともにおすすめです。

More Info

  • 竹防簾(죽방렴)
  • ☞ 所在地:慶尚南道 海南郡 昌善面 東部大路2964番キル73-50(경상남도 남해군 창선면 동부대로2964번길 73-50)
  • ☞ アクセス:南海市外バスターミナル下車、竹防簾までタクシーで約35分(25.5km)

南海の海で楽しむマリンスポーツ、尚州銀砂ビーチ&トゥモ村

尚州銀砂ビーチ(上・提供:南海郡庁)/トゥモ村シーカヤック(左下・提供:南海郡庁)/トゥモ村(右下)

きれいで透き通った海や自然そのままの干潟が残る南海の海辺では、海水浴や潮干狩り・干潟体験、マリンレジャーなど色々な体験を楽しめることでも有名。
中でも南海でもっとも有名な海岸といえば、慶尚南道南海郡尚州面(サンジュミョン)に位置する尚州銀砂ビーチ(サンジュ・ウンモレ・ビーチ)。
ビーチの名称の「ウンモレ」はウン=銀、モレ=砂という意味で「銀の砂」となり、砂浜が銀色に輝くほど美しい白浜が広がっていることに由来します。三日月形の海岸沿いには海岸を囲むようにおよそ2kmほど美しい松林が続いています。ビーチがある湾内からさらに外海の方向の南2km沖には木島(モクト)という小さな島が南海の海にぽっかり浮かんでいるのも見えます。
ビーチは三方が山と岬に囲まれるような湾内にあるため尚州銀砂ビーチがある湾内は遠浅で波が穏やかなところで海水浴にうってつけの場所です。
また、尚州銀砂ビーチの山向こう、西北西の方角におよそ3.5km離れた海辺の町・トゥモ村はシーラフティング、シーカヤックなど、さまざまなマリンレジャーが楽しめるところとして有名な場所。
この他にも、干潟ではアサリの潮干狩りができたり釣り船に乗って船釣りなども楽しめます。
ちなみにトゥモ村は春には菜の花、秋にはソバのきれいな花が咲く景色の美しいところとして知られており、いつ来ても美しい自然を満喫できます。

More Info

  • 尚州銀砂ビーチ/トゥモ村(상주은모래비치 & 두모마을)
  • ☞ 所在地:
    ・尚州銀砂ビーチ:慶尚南道 南海郡 尚州面 尚州路10-3(상주은모래비치: 경상남도 남해군 상주면 상주로 10-3)
    ・トゥモ村:慶尚南道 南海郡 尚州面 尚州路 良阿路 533番キル18(경상남도 남해군 상주면 양아로 533번길 18)
  • ☞ アクセス:
    ・尚州銀砂ビーチ:南海市外バスターミナル下車、タクシーで尚州銀砂ビーチまで約30分(21.7km)
    ・トゥモ村:南海市外バスターミナル下車、タクシーでトゥモ村まで約25分(17.8km)
  • ☞ トゥモ村海体験料金:
    ・シーカヤック(1人乗り・2人乗り):大人(満13歳以上)20,000ウォン、子ども(満12歳以下)15,000ウォン
    ・アサリの潮干狩り5,000ウォン
    ※潮干狩りに必要な網と熊手提供
    ※潮の満ち引きの関係で潮干狩りができない日もあります。
南海関連旅情報
☞ アクセス:ソウル南部ターミナルから南海市外バスターミナルまで約4時間30分
☞ 南海郡庁観光情報ホームページ:
http://tour.namhae.go.kr (日本語・韓国語・英語・中国語)

☞ 韓国観光案内電話: +82-2-1330 (日本語・韓国語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)

※上記の内容は2019年6月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。