トピックス

もっとも韓国らしい風景が広がる慶尚南道南海

  • Tag Tour
  • 日付2017/07/27
  • Hit18616

南海の景色(写真提供:南海未来新聞)

慶尚南道(キョンサンナムド)の南海(ナメ)島は韓国で5番目に大きい島です。南海は多島海で、大小合わせて76の無人島が浮かんでいます。閑麗(ハルリョ)海上国立公園に指定されており、優れた自然環境と美しい風景で知られています。南海の人々が開拓した加川(カチョン)村の棚田、閑麗海上国立公園の秘境が見下ろせる錦山(クムサン)、韓国の原始漁法を今も守り続ける知足(チジョク)海峡の竹防簾(チュクパンニョム)は、国の名勝に指定されています。また、昔から海風を防ぎ、魚を誘い込むために作られた勿巾里(ムルゴンニ)防潮魚付林(パンジョオブリム)は天然記念物に指定されており、韓国の伝統を垣間見ることができる場所となっています。海の景観が美しく、もっとも韓国らしい風景が広がる南海をご紹介します。

主な観光スポット

棚田の美しさで有名な加川(カチョン)タレンイ村

タレンイ村(写真上)、棚田(下左)、しょいこ道(下右)(写真提供:南海未来新聞)

南海郡南面は荒波が押し寄せる海岸の絶壁に取り囲まれた場所です。加川タレンイ村の上側には標高480mの雪屹山(ソルフルサン)が高くそびえ立っており、麓は遥か遠くまで絶壁が続いています。加川タレンイ村はもっとも韓国らしい風景といわれる棚田が広がる場所です。棚田は急斜面を削って作られた田んぼで、様々な形の田が幾段にも連なっています。村を過ぎると、棚田に続く「しょいこ道」と呼ばれる散歩道と、海岸へと降りる道に分かれます。海岸へ降りると岩と岩の間に吊り橋がかかっており、絶壁の下に波が打ち寄せる迫力のある景観が望めます。

雲の上の寺院、菩提庵(ポリアム)

錦山と菩提庵(写真提供:錦山菩提庵)

閑麗海上国立公園に含まれている錦山は南海を代表する山で、錦をまとったように美しいことからその名が付きました。錦山にある菩提庵は古くから「ひとつだけ願いが叶う」という言い伝えがあることで有名な寺です。菩提庵には南海を見下す海水観音像があり、この像は韓国3大海水観音像のひとつです。菩提庵や錦山の頂上まで菩提庵駐車場から車で登ることもできますが、菩提庵の入り口まで随時運行しているシャトルバスを利用する方がより便利です。錦山の頂上から眺める閑麗海上国立公園の風景は、南海の絶景のひとつといわれており、砂浜の美しい尚州(サンジュ)銀砂ビーチや奇岩絶壁などが見えます。

  • 住所:慶尚南道 南海郡 尚州面 菩提庵路 665
  • 利用料金:菩提庵文化財観覧料金1,000ウォン、駐車場から菩提庵までのシャトルバス往復2,000ウォン
  • アクセス:南海市外バスターミナルからタクシーで約30分
  • 閑麗海上国立公園ホームページ:http://japanese.knps.or.kr/(日本語)

ドイツの情趣が味わえるスポット、ドイツ村

ドイツ村(写真上)、南海派独展示館(下)(上の写真提供:南海郡、下:南海未来新聞)

ドイツ村はドイツ在住韓国人のために造成された場所で、白壁とオレンジ色の屋根を基調とした美しい建物がひしめき合っています。ドイツ村ではハイデルベルク、フランクフルトなど、ドイツの地名が使われています。村の入り口から坂を上ると勿巾(ムルゴン)港と勿巾里防潮魚付林が遠くに見え、青い海、山の緑、ドイツ村のオレンジの屋根が相まって一枚の絵のような風景を作り出しています。ドイツ村にはギフトショップが入っているドイツ文化体験センターの他、派独展示館、ドイツ文化広報館、ドイツ料理店などがあります。ドイツ文化体験センターの近くには様々な美しい庭園が見られる園芸芸術村もあります。

  • 住所:慶尚南道 南海郡 三東面 ドイツ路 92
  • アクセス: 南海市外バスターミナルからタクシーで約30分
  • ホームページ:http://남해독일마을.com(韓国語)

海辺に広がる美しい林、勿巾里防潮魚付林 

夕暮れの防潮魚付林(写真上)、防潮魚付林の風景(下)(上の写真提供:南海郡、下:南海未来新聞)

ドイツ村から海を見下ろすと、海岸に沿って細長い帯のように続く勿巾里防潮魚付林が見えます。韓国では昔から特定の目的をもって林を作っており、勿巾里防潮魚付林は300年ほど前に海風から村を守り、緑色を好む魚の習性を生かして魚の群れを集めるためにつくられました。

  • 住所:慶尚南道 南海郡 三東面 東部大路 1030番キル 59
  • アクセス:南海市外バスターミナルからタクシーで約40分

世界唯一の独特な原始漁法、竹防簾 

竹防簾(上・下左)、知足海峡の夕焼け(下右)(写真提供:南海未来新聞)

韓国の伝統的な原始漁法である竹防簾は、世界で唯一の独特な道具であり、南海でのみ見ることができる風景です。竹防簾は海に扇形に竹簾を立てて魚を捕るもので、昌善(チャンソン)橋に行くと海の中に竹簾がV字型に広がっているところが見えます。捕れるのは主にカタクチイワシで、タチウオやサンマ、マナガツオ、エビなども捕れます。ここで捕れたカタクチイワシは竹防カタクチイワシと呼ばれ、最上品として全国に出回ります。この辺りにはカタクチイワシを使った名物料理があり、カタクチイワシ包みご飯や、カタクチイワシの刺身が有名です。また、知足海岸は夕日スポットとしても知られており、晴れた日には素晴らしい夕焼けが望めます。

  • 住所:慶尚南道 南海郡 昌善面 東部大路 2964番キル 73-50
  • アクセス:南海市外バスターミナルからタクシーで約45分

海洋体験が楽しめる尚州銀砂ビーチ&トゥモ村

尚州銀砂ビーチ(写真上)とトゥモ村(下)(写真提供:南海未来新聞)

透き通った海ときれいな干潟を持つ南海の海岸では、海水浴や潮干狩り体験、海上レジャースポーツなど、色々な体験を楽しむことができます。南海でもっとも有名な海岸は尚州面に位置する尚州銀砂ビーチで、この名は美しい白浜があることに由来しています。半円形の海岸に沿って2kmほど松林が続いており、沖には木島が見えます。山々が海岸の両側を覆っており、遠浅で波が穏やかなため、海水浴にうってつけの場所です。
またトゥモ村はシーカヤック、海洋ラフティングなど、様々な水上レジャースポーツが楽しめるところとして知られており、干潟での潮干狩りや船釣り体験などもできます。トゥモ村は春には菜の花、秋にはソバの花が咲き、景観の美しいところとして知られています。

  • <尚州銀砂ビーチ>
    住所:慶尚南道 南海郡 尚州面 尚州路 17-4
    アクセス:南海市外バスターミナルからタクシーで約35分
    ホームページ:www.interkorea.pe.kr/j/eunmorae(韓国語)

  • <トゥモ村>
    住所:慶尚南道 南海郡 尚州面 良阿路 533番キル 18
    トゥモ村海体験料金
    ・シーカヤック(1、2人乗り)、カヌー(3、4人乗り):大人20,000ウォン
    ・海洋ラフティング:10,000ウォン(4人以上)
    ・潮干狩り体験(アサリ):5,000ウォン
    ・船釣り体験:30,000ウォン
    アクセス: 南海市外バスターミナルからタクシーで約30分
    ホームページ:http://du-mo.co.kr(韓国語)

More Info


※上記の内容は2017年7月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。