トピックス

春の訪れを告げる、求礼山茱萸花祭り

  • Tag Event Food Tour
  • 日付2017/03/16
  • Hit7410

求礼の山茱萸

毎年3月中旬になると全羅南道求礼(クレ)郡山洞面の一帯が黄色の山茱萸(サンシュユ)の花で埋め尽くされます。山茱萸は遠くから見るとレンギョウのように見えますが、近寄ってみると花びらが2mm程度のとても小さな花です。そのため花だけを見るとさほど華やかさは感じられませんが、数千本の黄色い山茱萸が一斉に咲き誇る様子は壮観です。春の訪れを告げる求礼山茱萸花祭りをご紹介します。

黄色い花の饗宴、求礼山茱萸花祭り

求礼山茱萸花祭り(写真提供:求礼郡庁)

今年で18回を迎える求礼山茱萸花祭りが2017年3月18日(土)から26日(日)まで全羅南道求礼郡の智異山(チリサン)温泉地区一帯で開催されます。求礼は韓国最大の山茱萸の生産地で、昔、中国山東省の女性が智異山の山奥の村に嫁ぐときに山茱萸の苗を持ってきて植えたという話が伝えられています。

求礼山茱萸花祭りの名所、上位(サンウィ)村

上位村(写真提供:求礼郡庁)

求礼山茱萸村は村ごとに雰囲気が異なります。人気のある上位村には約3万本の山茱萸が植えられており、3月になると村全体が可憐な黄色の花に包まれ、素晴らしい景観を呈します。村全体が巨大なフォトゾーンのようで、あちこちに写真を撮りたくなるような名所が多く、その風景をカメラに収めようと全国から大勢の観光客が訪れます。

ゆっくりと春の散歩が楽しめる玄川(ヒョンチョン)村

玄川村(写真提供:求礼郡庁)

祭り期間中、上位村は混雑しているため、ゆっくりと山茱萸を見るなら院村(ウォンチョン)里にある玄川村がおすすめです。静かでのんびりとした雰囲気の中で春の訪れを感じることができます。玄川村の入口にある貯水池は智異山トゥルレキルの一つです。

山茱萸の花の道を歩くイベント

山茱萸の花の道を歩くイベント(写真提供:求礼郡庁)

求礼山茱萸花祭りでは様々なイベントや体験プログラムが用意されています。「山茱萸の花の道で春を迎えよう」というイベントでは、1.2km~1.5kmの花の道を歩きながら、区間ごとに体験が楽しめます。2つのコースがあり、コース1は現地で有料(5,000ウォン)で参加でき、コース2は無料です。ただし先着順となるため、定員を超えた場合は参加できません。祭りでは他にもスタンプラリーや愛の南京錠かけなど、様々なイベントを楽しむことができます。

祭り会場周辺の見どころ

華厳寺(ファオムサ)

華厳寺

智異山の麓にある華厳寺は長い歴史を持つ寺院で、森に囲まれてひっそりと佇んでいます。この寺では国宝である覚皇殿(カクファンジョン)を始め、天然記念物、地方文化財などを保有しています。

詳細はこちら

求礼五日市/求礼伝統市場

求礼伝統市場

求礼五日市は3と8が付く日に開かれる市場です。慶尚南道河東郡にある花開(ファゲ)市場とともに、慶尚道と全羅道の人が一緒に商売をする伝統市場として知られています。市の立つ日には近郊の全羅北道南原市、全羅南道谷城郡、全羅南道順天市、慶尚南道河東郡から大勢の人が訪れます。都心ではなかなか見ることができない伝統市場の活気溢れる様子を見ることができます。

詳細はこちら

求礼で味わう特別な味

カワニナ入りすいとん

カワニナ入りすいとん

求礼のカワニナ入りすいとんはあっさりとした味が特徴で、一般的に蟾津江(ソムジンガン)で採れたカワニナが使われます。カワニナでだしを取ってニラやタマネギなどの野菜を入れて煮込み、小麦粉で作ったすいとんの生地をちぎって入れ、よく煮込めば完成です。カワニナ入りすいとんは求礼周辺の食堂で食べることができます。

山菜定食

山菜定食

求礼には深い山と澄んだ水があり、年中、山菜が豊富に採れます。キキョウの根、ワラビ、オタカラコウなど、智異山のふもとで生産される山菜は栄養豊富でおいしく、人気があります。求礼山菜定食を頼むと、その季節ならではの旬の山菜を味わうことができます。山菜だけでは物足りない場合はテンジャンチゲやチェユクポックム(豚肉炒め)などを追加で頼むといいでしょう。

More Info
求礼山茱萸花祭り
期間:2017年3月18日(土)~3月26日(日)
会場:全羅南道 求礼郡 山洞面 智異山温泉観光団地一帯
求礼文化観光ホームページ:http://jp.gurye.go.kr/jp/(日本語)
韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

※上記の内容は2017年3月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。