トピックス

済州の自然に触れる癒しの旅

  • Tag Tour
  • 日付2019/06/28
  • Hit10719

済州の海

韓国で一番大きな島である済州(チェジュ)島は自然豊かなところで、独自の文化や風習が数多く残されています。ユネスコ世界自然遺産の漢拏山(ハルラサン)国立公園城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)万丈窟(マンジャングル)をはじめ、森やオルム(側火山)、瀑布など、多くの見どころがあります。今回のトピックスでは済州の美しさや済州に住む人々の生活の様子が見られる3つのコース(済州東部世界自然遺産コース、西帰浦&中文観光団地コース、済州市内歴史文化コース)をご紹介します。

済州の自然が感じられる「済州東部世界自然遺産コース」

城山日出峰ソプチコジヨンヌニオルム榧子林万丈窟

済州のランドマーク、城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)

朝日を浴びる城山日出峰

城山日出峰は約5000年前の火山活動によって形成されたもので、独特な地質構造をしています。城山という名はこの峰が巨大な城のように見えることに由来します。城山日出峰は済州十景のひとつで、ここから美しい日の出を見ることができます。城山日出峰を中心として城山里と吾照(オジョ)里村をめぐる「城山・吾照地質トレイル」コースがトレッキング愛好家の間で有名です。「地質トレイル」とはユネスコ世界地質公園に指定されている済州の自然や、各地の文化と触れ合えるウォーキングコースです。城山日出峰はふもとの村から始まる登山路から頂上に行くことができます。城山日出峰では海女の素潜り漁の公演が行われるところがあり、済州の海女が歌を歌いながら漁をする姿が見られます。

More Info
城山日出峰
  • ☞ 住所:済州特別自治道 西帰浦市 城山邑 日出路 284-12 城山日出峰(제주특별자치도 서귀포시 성산읍 일출로 284-12 성산일출봉)
  • ☞ 利用時間:3月~9月は7:00~20:00/10月~2月は7:30~19:00(入場は終了時間の1時間前まで)
  • ☞ 利用料金
    2019年6月30日(日)まで:大人2,000ウォン
    2019年7月1日(月)から:大人5,000ウォン
  • ☞ 海女素潜り漁公演:13:30、15:00
    ※ソルラル・秋夕連休は休演。天候により変更されることもあります。

緑の丘と青い海が美しいソプチコジ

ソプチコジ

城山日出峰から車で7分ほどのところにソプチコジがあります。ソプチコジとは、狭い土地という意味の「ソプチ」と岬という意味の「コジ」が合わさった済州の方言で、海に向かって突き出た形をしています。緑の美しい丘と青い海との調和が素晴らしく、大勢の観光客が訪れます。ソプチコジ探訪路入口から入ると丘の上でのんびりと草を食むポニーを見ることができます。東北側には「赤いオルム」と呼ばれる峰があり、頂上にある白い灯台が異国的な情趣を醸しだしています。

ソプチコジのもう一つの魅力は世界的に有名な建築家である安藤忠雄氏が設計した建物があることです。周辺の景観を損なわず自然と見事に調和したグラスハウスや維民(ユミン)美術館はソプチコジ必見のスポットです。

More Info
ソプチコジ
  • ☞ 住所:済州特別自治道 西帰浦市 城山邑 ソプチコジ路 107(제주특별자치도 서귀포시 성산읍 섭지코지로 107)
  • ☞ 利用時間:24時間(日没後は暗いので足元要注意)
  • ☞ 利用料金:無料

城山日出峰や牛島が見渡せるヨンヌニオルム

ヨンヌニオルム

オルム(側火山)に行かずして、済州島は語れません。それぐらいオルムは済州島らしい特徴的な場所です。360以上のオルムの中で特に有名なのがソプチコジの近くにあるヨンヌニオルムです。ここにはよく整備された散策路があり、道も比較的平坦なので誰でも気軽に歩くことができます。オルムに上ると城山日出峰や牛島を見渡すことができます。

More Info
ヨンヌニオルム
  • ☞ 住所:済州特別自治道 済州市 旧左邑 終達ノンキル(제주특별자치도 제주시 구좌읍 종달논길)
  • ☞ 利用時間:24時間(日没後は暗いので足元要注意)
  • ☞ 利用料金:無料

ジャングルのような雰囲気の榧子林(ピジャリム)

榧子林の林道

ヨンヌニオルム付近にある榧子林には古木がぎっしりと生えており、ジャングルのような風景を見ることができます。榧子林はカヤの木が集まってできたところで、単一樹種の森としては世界最大級です。ここに根を張ったカヤの木は樹齢500~700年になるため、「千年の森」とも呼ばれています。セチョンニョン(新千年)と呼ばれる樹齢800年の木と、幹がくっついた連理木が見どころです。

More Info
榧子林
  • ☞ 住所:済州特別自治道 済州市 旧左邑 榧子林キル一帯(제주특별자치도 제주시 구좌읍 비자숲길 일대)
  • ☞ 利用時間:9:00~18:00(入場は17:00まで)
  • ☞ 利用料金:大人3,000ウォン

神秘的な地下の宮殿、万丈窟(マンジャングル)

万丈窟

済州のオルムの中で唯一ユネスコ世界自然遺産に登録されている拒文(コムン)オルムは、独特な景観を醸しだしています。拒文オルムには溶岩流によってつくられた20以上の洞窟があり、その中で万丈窟だけが一般公開されています。洞窟内の気温は年中11度~21度を保っており、洞窟はまるでギリシャ神話に登場するハーデースの地下宮殿のように奥深く、雄大です。精巧な彫刻品のような洞窟に入っていくと巨大な石の柱があり、そこから奥には入れないようになっています。万丈窟で地下世界の神秘さを感じることができます。

More Info
万丈窟
  • ☞ 住所:済州特別自治道 済州市 旧左邑 金寧里 3341-3 万丈窟(제주도 제주시 구좌읍 김녕리 3341-3 만장굴)
  • ☞ 利用時間:9:00~18:00(入場は17:10まで)
  • ☞ 利用料金
    2019年6月30日(日)まで:大人2,000ウォン
    2019年7月1日(月)から:大人4,000ウォン

自然と文化に触れる「西帰浦&中文観光団地コース」

正房瀑布⇒曰鐘美術館⇒柱状節理帯(大浦洞チサッケ)天帝淵瀑布テディベアミュージアム

海辺にある正房(チョンバン)瀑布と曰鐘(ワルチョン)美術館

正房瀑布(上)と曰鐘美術館(下)(写真提供:曰鐘美術館)

済州島の南側にある西帰浦市は温暖な地域であるため、1年中、世界各国から旅行者が訪れます。西帰浦市にある正房瀑布は済州3大瀑布のひとつで、高さ23メートルの目がくらむような絶壁から海に直接流れ落ちます。正房瀑布のすぐ近くにある曰鐘美術館は、数十年前から済州に定着して活動をしている李曰鐘(イ・ワルチョン)画伯の作品が展示されている美術館です。済州の美しい自然を独特な色彩と技法で表現した絵画が数多く展示されています。美術館の2階から見渡す西帰浦の海は絶景です。

More Info
正房瀑布
  • ☞ 住所:済州特別自治道 西帰浦市 七十里路 214番キル 37 正房瀑布(제주특별자치도 서귀포시 칠십리로214번길 37 정방폭포)
  • ☞ 利用時間:9:00~18:00(季節によって異なります)
  • ☞ 利用料金:大人2,000ウォン
曰鐘美術館
  • ☞ 住所:済州特別自治道 西帰浦市 七十里路 214番キル 30 曰鐘美術館(제주특별자치도 서귀포시 칠십리로 214번길 30 왈종미술관)
  • ☞ 利用時間:10:00~18:00(入場は17:30まで/1月1日休館)
  • ☞ 利用料金:大人5,000ウォン

自然の彫刻品、柱状節理と天帝淵瀑布

柱状節理と天帝淵瀑布

中文(チュンムン)観光団地は豊かな自然に囲まれたリゾート施設です。団地内の済州国際コンベンションセンター付近にある中文大浦柱状節理帯は、巨大な岩石の柱が屏風のように並んでおり、中文観光団地で見逃せない観光スポットとなっています。また、3段の滝である天帝淵瀑布も必見のスポットで、第1の滝から流れ落ちた水は第2・第3の滝となって海へと流れていきます。

More Info
柱状節理帯(大浦洞チサッケ)
  • ☞ 住所:済州特別自治道 西帰浦市 離於島路 36-30(제주특별자치도 서귀포시 이어도로 36-30)
  • ☞ 利用時間:9:00~18:00(日没の時間によって異なります)
  • ☞ 利用料金:大人2,000ウォン
天帝淵瀑布
  • ☞ 住所:済州特別自治道 西帰浦市 天帝淵路 132 天帝淵瀑布(제주특별자치도 서귀포시 천제연로 132 천제연폭포)
  • ☞ 利用時間:9:00~18:00(日没の時間によって異なります)
  • ☞ 利用料金:大人2,500ウォン

世界の珍しいテディベアが勢ぞろい!テディベアミュージアム

テディベアミュージアム(上の写真提供:済州テディベアミュージアム)

中文観光団地内には様々なテーマの博物館が集まっています。中でもテディベアミュージアムは子どもから大人まで楽しめる人気の博物館で、世界の珍しいテディベアが展示されています。過去100年間の歴史の名場面とともに歴史的人物を再現したテディベアや、世界的な名画のパロディなど、多彩なテーマで展示されています。博物館には他にもギフトショップ、カフェテリアなどの施設があります。

More Info
テディベアミュージアム
  • ☞ 住所:済州特別自治道 西帰浦市 中文観光路 110番キル 31 テディベアミュージアム(제주특별자치도 서귀포시 중문관광로110번길 31 테디베어뮤지엄)
  • ☞ 利用時間:通常9:00~19:00/夏のオンシーズン9:00~22:00(入場は閉館時間1時間前まで)
  • ☞ 利用料金:大人10,000ウォン
  • ☞ ホームページ:http://www.teddybearmuseum.com/home/(韓・英・中)

済州の歴史を知る「済州市内歴史文化コース」

龍頭岩三姓穴済州道民俗自然史博物館

済州の歴史・文化を知るスポット

龍頭岩(上)、三姓穴と済州島民俗自然史博物館(下)

済州市を代表する観光名所である龍頭岩は海に噴出した溶岩が固まって長い歳月、波と風にさらされて作り出だされた自然の傑作です。
済州道民俗自然史博物館では、済州の人々が島に定着してからどのように生活してきたのかを知ることができます。済州島には韓半島本土とは異なる独特な生活文化が数多くあり、博物館をめぐりながら面白い生活様式を見ることができます。博物館のすぐ横には済州の誕生神話が伝わる三姓穴があり、生態系の神秘が感じられます。

More Info
龍頭岩
  • ☞ 住所:済州特別自治道 済州市 龍潭2洞 龍頭岩(제주특별자치도 제주시 용담2동 용두암)
  • ☞ 利用時間:24時間(日没後は暗いので足元要注意)
  • ☞ 利用料金:無料
済州道民俗自然史博物館
  • ☞ 住所:済州特別自治道 済州市 三姓路 40 済州道民俗自然史博物館(제주특별자치도 제주시 삼성로 40 제주도민속자연사박물관)
  • ☞ 利用時間:火曜日~日曜日9:00~18:00(入場は17:30まで)
  • ※月曜日、1月1日、ソルラル当日と翌日、秋夕当日と翌日、館内消毒期間(上・下半期に3日ずつ)は休館
  • ☞ 利用料金:大人2,000ウォン
  • ☞ ホームページ: http://museum.jeju.go.kr/(日本語自動翻訳あり)
三姓穴
  • ☞ 住所:済州特別自治道 済州市 三姓路 22 三姓穴(제주도 제주시 삼성로 22 삼성혈)
  • ☞ 利用時間:9:00~18:00(入場は17:30まで)
    ※1月1日、ソルラル・秋夕当日は10:00オープン
  • ☞ 利用料金:大人2,500ウォン
More Info

※上記の内容は2019年6月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。