トピックス

深夜バスで出掛ける「美味しいソウルの旅」

  • Tag Food Tour
  • 日付2018/02/08
  • Hit27026

夜の江南

美味しい物を食べるのはいつだって気分がいいもの。夜遅くまで店が営業しているソウルでは、様々な夜食がお腹を空かせた旅行者を待っています。深夜ということで公共交通機関が運行していないのでは?と思うかもしれませんが、そんな心配はご無用! 明け方まで旅行者の足となってくれるソウルの深夜バスが、あなたの乗車を待っています。

ソウルの深夜バスについて

ソウルの深夜バスは夜遅くから明け方まで運行しています。2018年1月現在、9路線運行しており、料金は2,250ウォン(現金基準)。N26やN37などのバス番号の「N」は深夜(Night)を意味しています。路線ごとに始発・終発の時刻、運行間隔が異なるので、確認してから乗車するようにしましょう。

N26番深夜バス(開花~中浪)

  • ♣ 運行情報:始発00:00、終発3:10/運行間隔25分
  • ♣ 主要停留所:江西車庫地⇒松亭駅⇒鉢山駅⇒登村駅⇒堂山駅⇒合井駅⇒弘大入口駅⇒新村駅⇒鐘閣⇒東大門駅⇒新設洞駅⇒清涼里駅⇒上鳳駅⇒中浪車庫地

【合井駅】合井洞カフェ通り

合井洞カフェ通り

合井洞カフェ通りには個性的なインテリアのカフェが至るところにあります。庶民的なパブの外観を再現した飲食店や飲み屋の他、東洋と西洋の雰囲気が融合したおしゃれなケーキ屋やヴィンテージな雰囲気のカフェなどが集まっており、合井洞特有の情緒が漂っています。

詳細はこちら

【新村駅】タッカルビ

タッカルビ

食道楽を追求する人々の間では、新村はタッカルビが美味しいところとして知られています。タッカルビは鶏肉やキャベツ、玉ねぎなどの野菜を辛味ソースに漬け込んだものを炒めて食べる料理で、新村の繁華街には多くのタッカルビ専門店があります。チーズや魚介類の入ったタッカルビが食べられる店や、タッカルビをおかわり自由で提供してくれる店もあります。この一帯にはタッカルビ専門店と同じくらいチキン専門店も多く店を構えており、鶏料理が好きな人にぜひおすすめしたいスポットです。

☞ 住所:ソウル特別市 西大門区 延世路一帯

【鍾路1街駅】清渓川カフェ通り

清渓川

季節を問わず人でにぎわう清渓川。夏の夜には涼を求めてやってくる人々でにぎわい、秋の夜には幻想的なランタンフェスティバルを見に大勢の人が訪れます。清渓川沿いにはカフェ通りが形成されており、おいしいコーヒーを飲みながら清渓川の景観を楽しむことができます。

☞ 住所:ソウル特別市 鍾路区 清渓川路

【東大門駅】焼き魚通り 

焼き魚

東大門総合市場・ショッピングタウン近くには焼き魚通りがあり、細い通りに所狭しと店を構える焼き魚食堂が情感を盛り立てています。焼きたてのパリッとした焼き魚一切れをほかほかのご飯と一緒に食べれば、しっかりとお腹を満たす一食になります。サワラ、サバなどの魚は前もって下焼きしておき、注文が入った時点で炭火で二度焼きするのですぐに食事がでてきます。

☞ 住所:ソウル特別市 鍾路区 鍾路40カキル5一帯

【東大門駅】屋台で楽しむストリートフード

屋台の食物

明け方までファッションの卸売市場が営業を続ける東大門には、ストリートフードが味わえる屋台が点在しています。色々な夜食の中で外国人観光客に人気があるのは焼き鳥、トッポッキ、モツ炒めなど。鶏肉とネギを串に刺し、甘い醤油ベースのタレや辛味のタレを塗って焼いた焼き鳥は、万人の口に合う味です。また、一口サイズの麻薬キンパプを辛いトッポッキのソースにつけて食べれば、相性抜群です。

☞ 住所:ソウル特別市 中区 奨忠壇路一帯

N37番深夜バス(松坡~津寛)

  • ♣ 運行情報:始発00:00、終発1:15/運行間隔25分~30分
  • ♣ 主要停留所:可楽市場駅⇒逸院駅⇒ハンニョウル駅⇒良才駅⇒江南駅⇒新沙駅⇒鐘閣⇒弘済駅⇒仏光駅⇒津寛車庫地

【ヨンシンネ駅】カルグクス屋台通り

カルグクスの屋台

ヨンシンネのカルグクス屋台通りは知る人ぞ知るグルメ通りです。無骨に刻まれた麺とおでん汁、辛いタレのバランスが絶妙で、深夜に小腹を満たすのにもってこいです。

☞ 住所:ソウル特別市 恩平区 葛峴洞 ヨンシンネ ロデオゴリ入口

【鍾路2街駅】夜に賑わう青春通り

鍾閣にある青春通り

明け方まで眠らない街、鍾閣の青春通りは、夜になると若者でにぎわう有名なスポットです。サムギョプサル、カルビなどの韓国式焼き肉から、フライドチキン、キムチチゲ、チヂミ、刺身など、多種多様な飲食店が揃っています。

☞ 住所:ソウル特別市 鍾路区 鍾路12キル一帯

【可楽市場駅】可楽市場刺身センター

刺身

可楽市場(可楽農水産物卸売市場)は国内最大級の農水産物市場です。種々の野菜や果物、海産物などを全国の産地から仕入れ、夕方から明け方まで品目別に競りが行われます。休む暇なく続く競りを見学するのも特別な体験となることでしょう。水産物コーナーでは自分で海産物を選び、一般価格より手頃な価格で刺身を食べることができます。

詳細はこちら

N62番深夜バス(陽川~面牧洞)

  • ♣ 運行情報:始発23:40、終発3:10/運行間隔30分
  • ♣ 主要停留所:陽川車庫地⇒木洞駅⇒登村駅⇒合井駅⇒弘大入口駅⇒新村駅⇒鐘閣⇒東大門駅⇒東大門歴史文化公園駅⇒往十里駅⇒建大入口駅⇒君子駅⇒面牧洞

【弘大入口駅】見た目も味も魅力的な創作ピンス

パッピンス

ピンスはもともと夏を代表する食べ物でしたが、最近は季節を問わず人々に愛されています。特に弘大近辺のデザートカフェで味わうことのできるピンスは人気が高く、弘大に集まる若い世代の感覚に合わせてアレンジされたユニークなピンスが登場しています。チーズケーキのトッピングをたっぷりのせたチーズピンスや、雪だるまの形をしたピンス、冷凍フルーツから作られるさっぱりとしたピンスなど、見た目も味も魅力的です。

詳細(弘大)はこちら

【新堂駅】新堂洞トッポッキ通り

即席トッポッキ

新堂洞のトッポッキ通りは1970年代後半から形成され始めました。ここは24時間営業している店もあり、深夜にも多くの人が訪れます。各店舗ではそれぞれ独自のソースを使ってトッポッキを作るので味が少しずつ異なります。メニューは一般的にトッポッキに卵やラーメン、マンドゥ(餃子)、練り天などを入れた基本セットがあり、好みに合わせてトッピングの増減ができます。

詳細はこちら

【建大駅】建大グルメ通り

建大グルメ通り

建大グルメ通りには、サムギョプサルやカルビなどの不動の人気を誇る韓国料理から、各種洋食店や最近人気を集めている流行のデザートカフェまで幅広く揃っています。深夜まで営業する食堂や飲み屋が多く、明け方までネオンサインが通りを明るく照らします。

☞ 住所:ソウル特別市 広津区 東一路 22キル一帯

その他の路線情報

N13番深夜バス(上渓洞~松坡)

  • ♣ 運行情報:始発00:00、終発3:30/運行間隔25分~30分
  • ♣ 主要停留所:蘆原駅⇒下渓駅⇒泰陵入口駅⇒トルゴジ駅⇒清涼里駅⇒新設洞⇒東大門駅⇒東大門歴史文化公園駅⇒新沙駅⇒江南駅⇒三成駅⇒蚕室駅⇒可楽市場駅⇒松坡車庫地

N15番深夜バス(牛耳洞~舎堂駅)

  • ♣ 運行情報:始発00:00、終発3:30/運行間隔25分~35分
  • ♣ 主要停留所:牛耳洞⇒放鶴サゴリ⇒双門駅⇒水踰駅⇒吉音駅⇒新設洞駅⇒東大門駅⇒鐘閣⇒ソウル駅⇒新龍山駅⇒鷺梁津駅⇒チャンスンベギ駅⇒新大方サムゴリ駅⇒新林駅⇒ソウル大入口駅⇒舎堂駅

N16番深夜バス(道峰山~温水駅)

  • ♣ 運行情報:始発00:10、終発3:35(道峰山基準)、始発00:20、終発3:45(温水洞基準)/運行間隔25分~30分
  • ♣ 主要停留所:道峰山⇒放鶴サゴリ⇒双門駅⇒水踰駅⇒吉音駅⇒恵化駅⇒東大門駅⇒東大門歴史文化公園駅⇒ソウル駅⇒永登浦駅⇒新道林駅⇒九老駅⇒温水駅

N30番深夜バス(江東~ソウル駅)

  • ♣ 運行情報:始発23:30、終発3:40/運行間隔30分~35分
  • ♣ 主要停留所:江東車庫地⇒明逸駅⇒千戸駅⇒君子駅⇒新設洞駅⇒東大門駅⇒東大門歴史文化公園駅⇒ソウル駅

N61番深夜バス(陽川~蘆原駅)

  • ♣ 運行情報:始発23:40、終発4:10/運行間隔20分~25分
  • ♣ 主要停留所:陽川車庫地⇒開峰駅⇒新林駅⇒ソウル大入口駅⇒舎堂駅⇒教大駅⇒江南駅⇒三成駅⇒建大入口駅⇒君子駅⇒泰陵入口駅⇒下渓駅⇒蘆原駅

N65番深夜バス(開花~始興)

  • ♣ 運行情報:始発00:00、終発3:10/運行間隔25分~30分
  • ♣ 主要停留所:開花山駅乗換センター⇒開花山駅⇒麻谷駅⇒鉢山駅⇒雨装山駅⇒木洞駅⇒新道林駅⇒大林駅⇒九老デジタル団地駅⇒衿川区庁
More Info
  • ☞ ソウル交通情報課ホームページ:http://topis.seoul.go.kr(韓・英)
  • ☞ 120タサンコールセンター:+82-2-120(日本語)
  • ☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

写真:韓国観光公社

※上記の内容は2018年1月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。