トピックス

秋夕の伝統料理レシピ

  • Tag Event Food
  • 日付2018/07/16
  • Hit28070

ソンピョン(松葉餅)

韓国の人々にとって秋夕(チュソク)は豊かさの象徴です。「これ以上でもなくこれ以下でもなく、いつも秋夕の日のごとくあれ」という諺があり、これは「秋夕の日のように腹いっぱい食べて、いい服を着て遊んでいられたらいいのに」という願いを表わしたものです。秋夕は収穫の時期であるため1年のうちでもっとも食べ物が豊富で、人々の心にも余裕が感じられます。秋夕には家族が全員集まってソンピョンという餅を作り、チヂミやチャプチェなどの料理を作って食べながら過ごします。今回のトピックスでは韓国を代表する伝統料理を6種類ご紹介します。

松の香りの餅、ソンピョン

ソンピョン

秋夕の食べ物といえば何といってもソンピョンです。ソンピョンは餅の一種で、上新粉にお湯を加えてこねて生地を作り、その中にゴマ、豆、小豆、栗などを入れて蒸し器で蒸します。 このとき松の葉を一緒に入れて蒸すため、餅から松の香りがするのが特徴です。ソンピョンは地域によって形や材料が異なります。

ソンピョンの作り方

1.上新粉にお湯を入れてこねます。
2.生地を平たく伸ばして中に餡を入れます。
3.ソンピョンの上半分を指で挟みながらくっつけます。
4.蒸し器で蒸します。このとき松の葉を一緒に入れて蒸すと、松の香りがソンピョンに移り、風味が増します。

☞ 関連ページ:ソンピョンレシピ(韓食財団日本語ホームページ)

カリッと焼き上げた香ばしいチヂミ

パジョン

韓国では秋夕やソルラルになると様々な種類のチヂミを作ります。チヂミ粉に材料を入れて混ぜ、油を引いたフライパンで焼きます。チヂミにはミョンテジョン(スケトウダラのチヂミ)やホバクジョン(韓国カボチャのチヂミ)のように1種類の材料を使うものや、へムルパジョン(海鮮とネギのチヂミ)やキムチパジョン(キムチとネギのチヂミ)のように2、3種類の材料を入れて作るものがあります。

チヂミの作り方

1.ネギを10センチの長さに切ります。
2.チヂミ粉に水と卵を入れて混ぜます。
3.2にネギ、ニンジン、エビ、イカなどを入れて混ぜます。
4.フライパンに油を引き、3を焼きます。生地の端がキツネ色になったらひっくり返します。

☞ 関連ページ:へムルパジョンレシピ

ごま油の香りが食欲そそるチャプチェ

チャプチェ

韓国で秋夕やソルラル、宴会のときなどに食べるのがチャプチェです。チャプチェを漢字で書くと「雑菜」になります。「混ぜる、多い」という意味の「雑」と野菜の「菜」を合わせた言葉で、様々な野菜に肉やタンミョン(春雨)を混ぜて作ります。チャプチェは簡単なように見えますが、意外と手がかかります。チャプチェに入れる材料はそれぞれ茹でたり炒めたりして準備し、最後に一緒に炒めます。

チャプチェの作り方

1.タンミョンをお湯に入れて8分ほど茹でます。
2.茹でたタンミョンを冷水に取って冷まし、水気を切っておきます。
3.野菜や肉を細く切り、それぞれ別に炒めておきます。
4.フライパンに調味料を入れ、タンミョンを入れます。タンミョンに味が染み込むようによく混ぜます。
5.味を付けたタンミョンと3を混ぜます。

☞ 関連ページ:チャプチェレシピ

野菜たっぷりのヘルシー料理、ビビンバ

ビビンバ

ビビンバは外国人にもよく知られている韓国料理です。五方色と呼ばれる白、黄、緑、赤、黒の具が入るため彩りが美しく、口だけでなく目でも楽しむことができます。様々な野菜がたっぷり食べられるのでビビンバはヘルシーな料理です。

ビビンバの作り方

1.野菜を千切りにします。モヤシと豆モヤシは茹でておきます。
2.ビビンバに入れる野菜をそれぞれ炒めます(淡い色⇒濃い色の順)。肉や錦糸卵を入れることもあります。
3.目玉焼きを作ります。
4.ご飯の上に美しく盛り付けます。

☞ 関連ページ:ビビンバレシピ

外国人に人気の韓国料理、プルコギ

プルコギ

韓国人だけでなく外国人にも人気があるプルコギ。薄切り肉と野菜にタレを染み込ませて作った料理で、甘じょっぱく、ご飯が進みます。ネギなどの様々な野菜と一緒に食べればいっそうおいしくヘルシーな一品になります。

プルコギの作り方

1.ニンジン、タマネギ、肉を食べやすい大きさに切ります。
2.水、醤油、ニンニク、梨(またはパイナップル)、ごま油、砂糖を混ぜてプルコギのタレを作り、肉を漬け込みます。
3.1と2を中火で炒めます。

☞ 関連ページ:プルコギレシピ

韓国の食卓に欠かせない伝統食、キムチ

キムチ

韓国人の食卓に欠かせない食べ物であるキムチは、韓国の発酵食品の代表格です。材料や作り方によりキムチの種類が分かれており、他の料理とは違ってキムチは作りたてと熟成後で味が異なります。最初は白菜のしゃきっとした食感が強く、時間が経つにつれてキムチ特有の深い味になっていきます。

キムチの作り方

1.塩漬けした白菜、大根、調味料(唐辛子粉、魚醤、アミの塩辛、ショウガ、ニンニク、もち米粉を水に溶かして沸騰させたもの、煮干の粉、梅シロップ)を準備します。
2.大根と調味料を混ぜます。赤みが足りないときは唐辛子粉で色を調節します。
3.白菜を45度の角度で立て、白菜の葉を1枚ずつ広げて葉の間に具を挟んでいきます。この作業を繰り返します。

☞ 関連ページ:白菜キムチレシピ

More Info
  • ☞ 韓国料理作り体験「伝統文化院」
    住所:ソウル特別市 鍾路区 紫霞門路 13キル 4-9(서울특별시 종로구 자하문로 13길 4-9)
    アクセス:ソウル地下鉄3号線「景福宮(キョンボックン)駅」2番出口より徒歩7分
    利用時間:火曜日~土曜日9:00~18:00/日曜日、月曜日、ソルラル・秋夕当日休業
    体験できる料理:ソンピョン、チヂミ、チャプチェ、ビビンバ、プルコギ、キムチなど(体験できる料理は変更されることがあります)
    利用料金:クラスごとに約10万ウォン基準(2人利用時は1人あたり5万ウォン、10人利用時は1人あたり2万ウォン) ※その他の人数は電話でお問い合わせください。
    予約・お問い合わせ: +82-2-722-8254(韓・英)/要予約
    ホームページ: http://한국전통문화원.kr/ (韓国語)

  • ☞ 関連ページ:実り豊かな季節の伝統行事「秋夕」
  • ☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

※上記の内容は2018年7月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。