トピックス

秋のソウルを歩こう!おすすめ散策スポット9選

  • Tag Tour
  • 日付2019/10/22
  • Hit20526

徳寿宮トルダムキル

空高く澄み渡り、心地よい風が吹く秋がやってきました。濃い緑色だった木の葉は赤や黄色に美しく色づき、人々の心を魅了する秋。そんな秋になると、なぜだか心も軽くなりちょっと散策をしたくなる気分になります。
韓国の首都・ソウルの都心にはそんな人々の心をわしづかみにする魅力ある通りや美しい自然に出会える森の中の散歩路など、散策にぴったりの道が実はたくさんあることをご存知でしょうか。多くの人々が往来するソウルの散策路には韓国の悠久の歴史とそこに住むソウルの人々の暮らしの痕跡があちらこちらにいまでも残っています。
今回は秋のいまの時期におすすめのとっておきのソウル市内の散策路9ヶ所をご紹介します。この秋、ソウルを訪問する機会があれば、ぶらりソウルの散策路を歩いてみてはいかがでしょうか。

隠れた魅力を見つける楽しさ、ソウルの路地裏を歩く。

都心の中の隠れた名所、益善洞韓屋通り

益善洞韓屋通りの街角

ソウルの繁華街に隣接しているものの、知らず知らずのうちに通り過ぎてしまうのがここ、ソウルの中心部・鍾路区(チョンノグ)にある益善洞(イクソンドン)韓屋通り。近年、若者を中心に人気の観光スポットとして注目を集めているエリアです。
益善洞界隈はソウルの韓屋村として有名な北村(プクチョン)韓屋村よりも以前に形成された都会にある韓屋住居地域で、いわばソウルで最も古い韓屋村。広々とした韓屋が軒を連ねる北村韓屋村とは異なり、益善洞にある韓屋は素朴な雰囲気が漂う建物ばかり。
ここ数年、そんな益善洞の魅力に惹かれた若い人々がここに集まり、韓屋をリフォームしてカフェやレストランを開業する人が増えて、現在では人気のエリアとなっています。
路地めぐりの後は、ひっそりと佇むおしゃれなカフェやレストランで憩いのひとときを過ごすのもおすすめです。

More Info
益善洞韓屋通り
  • ☞ 所在地:ソウル特別市 鍾路区 益善洞一帯(서울특별시 종로구 익선동 일대)
  • ☞ 最寄駅:ソウル地下鉄1・3・5号線 鍾路3街(チョンノサムガ)駅下車、6番出口より徒歩約5分
  • ☞ 当ページ関連コラム:益善洞でぶらり路地裏めぐり

K-アニメのキャラクターがいっぱい、チェミ路

韓国の人気アニメのキャラクターや人形がいっぱいのチェミ路

いつも外国人観光客で賑わっているソウルの繁華街・明洞(ミョンドン)は、ショッピングや屋台を楽しみに行く場所というイメージが色濃い街ですが、実は韓国のアニメーションをテーマにした通り「チェミ路」があることでも知られている街です。チェミ路のチェミとは韓国語で「楽しみ」という意味で、その名の通り、チェミ路にはおよそ70人の漫画家が参加して作り上げた愉快な雰囲気漂う楽しい道となっています。
チェミ路はソウル地下鉄4号線・明洞駅からソウルタワーでおなじみの南山(ナムサン)の方へ伸びている道で、通りのあちらこちらには韓国でおなじみのさまざまなK-アニメのキャラクターの絵や人形にも出会えます。通り沿いには複合文化スペース・チェミランやソウルアニメーションセンターもありますので、ぜひ立ち寄ってみてみましょう。

More Info
チェミ路
  • ☞ 所在地:ソウル特別市 中区 忠武路 2街 110-5一帯(서울특별시 중구 충무로 2가 110-5 일대)
  • ☞ 最寄駅:ソウル地下鉄4号線 明洞(ミョンドン)駅下車、3番出口より明洞住民センター(명동주민센터)方向に進むとすぐ

時が止まっているところ、礼智洞時計通り

さまざまな時計でいっぱいの時計店(上)/礼智洞時計通りの様子(左下)/時計を修理している様子(右下)

礼智洞(イェジドン)時計通りは、あたかも時が止まったように、通り全体が一時代前の雰囲気を醸し出すそんな場所です。1960年代、清渓川(チョンゲチョン)の周りで商売をしていた人々が、清渓川の暗渠化工事のため移転を迫られ、鍾路(チョンノ)に移転してきたことが契機になり形成されたのが、この礼智洞時計通りです。最盛期には結婚の引き出物で時計を購入する場所として人気がありましたが、現在では昔ながらの店構えの時計屋や時計修理店が細々ながらも営業を続け、昔の時計通りの雰囲気を今に脈々と伝えています。

More Info
礼智洞時計通り
  • ☞ 所在地:ソウル特別市 鍾路区 礼智洞一帯(서울특별시 종로구 예지동 일대)
  • ☞ 最寄駅:ソウル地下鉄1号線 鍾路5街(チョンノオガ)駅下車、8番出口より徒歩約5分(広蔵市場の向かい側)

鉄工所と芸術の出合い、文来洞シャーリング通り

文来洞シャーリング通りの様子(右下:ソウル広場財団)

文来洞(ムルレドン)シャーリング通り、別名・文来創作村はソウルで通称・芸術の通りとして知られるところ。通りの名前にあるシャーリングとは金属のせん断を意味し、その名の通り、文来洞には鉄工所が軒を連ねる地域でした。
2000年代に入り、アーティストらがここに集まり始め、町の雰囲気が一転しました。暗くくすんだイメージの通りはアーティストらの手により美しい通りへと変貌を遂げました。
文来洞シャーリング通りは創作村インフォメーションセンターを基点に続く道で、鉄材で制作されたオブジェの後ろには鉄工所が、通りのあちらこちらにはさまざまな芸術作品があります。通りには壁画も描かれ、散策するだけでも楽しい通りです。

TIP) 文来洞シャーリング通りの注意事項

文来洞シャーリング通りを散策する上でいくつか注意したい点をご紹介。
このシャーリング通りは鉄材を運搬する車両がひっきりなしに通行していますので、くれぐれも車には十分ご注意ください。
また鉄工所の内部や鉄工所内部で働いている人を撮影する際には必ず一声かけて許可を取ってからにしましょう。

More Info
文来洞シャーリング通り
  • ☞ 所在地:ソウル特別市 永登浦区 文来洞一帯(서울특별시 영등포구 문래동 일대)
  • ☞ 最寄駅:ソウル地下鉄2号線 文来(ムンレ)駅下車、7番出口より徒歩約5分

ソウルの都心で愉しむ憩いのひととき、散策路を歩く

弘大で一番ホットなスポット、京義線・森の道

廃線となった線路を活用し公園となった京義線・森の道

ソウル市内を循環するソウル地下鉄2号線、KORAIL京義・中央線、そして仁川・金浦両空港とソウル市内を結ぶ空港鉄道の乗換駅・弘大入口(ホンデイック)駅の界隈は、いつも多くの人々で賑わうソウルの繁華街。
そんな弘大入口に近ごろ新しい名所ができました。この場所があるソウル市麻浦区延南洞(ヨンナムドン)にちなみ「延南洞のセントラルパーク」、通称「ヨントラルパーク」という愛称で呼ばれている京義線(キョンイソン)・森の道がその場所です。
京義線・森の道は現在の京義・中央線の地下化工事によって廃線となった貨物線・旧龍山線(龍山~加佐駅)の線路跡につくられた公園で、その全長は6.3キロメートルにも及びます。公園はセチャンゴゲ区間、臥牛橋(ワウギョ)区間、延南洞区間の3つのエリアに分かれており、中でも一番人気は延南洞区間。
ソウルの中心部で美しい自然が満喫でき、公園沿いには個性あふれるカフェやレストランも軒を連ねており、憩いのひとときを過ごすのにもってこいの場所です。

More Info
京義線・森の道
  • ☞ 所在地:ソウル特別市 麻浦区 延南洞及び大興洞(テフンドン)一帯(서울특별시 마포구 연남동 및 대흥동 일대)
  • ☞ 最寄駅:ソウル地下鉄2号線、京義・中央線、空港鉄道 弘大入口駅下車、3番出口すぐそば(森の道・延南洞区間)
  • ☞ 当ページ関連コラム:ソウルでいま一番熱い街・延南洞界隈 津々浦々ツアー!

散策路の代名詞、徳寿宮トルダムキル

徳寿宮トルダムキルの風景

ソウルで秋におすすめの散策路といえば、まず真っ先に思い浮かぶのがこの徳寿宮(トクスグン)トルダムキル(石塀通り)。
数々の歌謡曲の歌詞にも歌われるほど有名な道で、韓国では知らない人はいないほどです。
風景が美しい散策路として全国的に有名な徳寿宮トルダムキルですが、有名なだけあってこのトルダムキルにまつわる都市伝説もあり、ここをカップルで歩くと別れるというジンクスもあるとか。この道を歌った歌詞の内容に由来する、あるいはその昔このトルダムキルの近くに離婚調停などを行う家庭法院・家庭裁判所があったからなど諸説あるようです。
徳寿宮トルダムキルは秋になるとイチョウやケヤキが色づき、幻想的な風景の場所となります。トルダムキル界隈には貞洞(チョンドン)展望台ソウル市立美術館があり、文化の秋を楽しむにはうってつけの場所です。

More Info
徳寿宮トルダムキル
  • ☞ 所在地:ソウル特別市 中区 貞洞一帯(서울특별시 중구 정동 일대)
  • ☞ 最寄駅:ソウル地下鉄1・2号線 市庁(シチョン)駅下車、1・2・12番の各出口そば(徳寿宮南側境界の石塀横の道)

過去へと旅立つ時間旅行、ソウル漢陽都城キル

駱山公園から臨む夜景

漢陽都城(ハニャンドソン)キルはソウル都心でありながら、すばらしい自然と歴史の息吹を感じされ散策路。「ソウル城郭キル」とも呼ばれるこの漢陽都城キルは、古の時代に首都・漢陽の地を守るため街の周囲を囲むように築城された城郭に沿って作られた散策路で、4つの小高い山や4つの城門を繋ぐ大変長いコースとなっています。

城郭キルから南山タワーを臨む(上)/路面にはめられた漢陽都城キルの表示板(左下)/東大門城郭公園の夜景(右下)

漢陽都城キルのコースには6つのコースがあり、旅行でソウルを訪れた方でも気軽に歩けるのが第2コースの駱山(ナクサン)区間。駱山区間は恵化門(ヘファムン)を起点に、駱山公園、東大門城郭公園を通って興仁之門(フンインジムン)(東大門)に至るコースで、傾斜が緩やかで散歩がてらにゆっくり散策したい方におすすめのコースです。
特に日暮れ時や日が落ちた後の時間帯がおすすめ。ソウルの華やかなネオンサインや城郭のほのかな明かりが織りなす夜景は大変素晴らしいものがあります。

More Info
ソウル漢陽都城キル

美しい緑がこころを癒す、ワールドカップ公園・希望の森の道

希望の森の道(上)/ハヌル公園入口の様子(下)

韓国でメタセコイアの並木道が有名なところといえば、まず潭陽(タミャン)南怡島(ナミソム)を挙げる人も多いかと思いますが、ここソウルにもメタセコイアの美しい並木道がある場所があります。それはソウル・麻浦区上岩洞(サンアムドン)のワールドカップ公園内にある希望の森の道(ヒマンエ・スプキル=희망의 숲길)。ソウル都心でありながら森の中の散策を楽しむことができます。
舗装されていない土の道の両脇には天を突くかのようにすっと伸びたメタセコイアの木が一直線に立ち並び、異国情緒を醸しだしています。ここを歩いているだけでも次第にこころが洗われてくるような気分になります。眼の前に広がる美しい光景をバックに記念の一枚をフレームに収めるのもおすすめです。

More Info
ワールドカップ公園・希望の森の道
  • ☞ 所在地:ソウル特別市 麻浦区 上岩洞一帯(서울특별시 마포구 상암동 일대)
  • ☞ 最寄駅:ソウル地下鉄6号線 ワールドカップ競技場(ワールドカップ・キョンギジャン)駅下車、1番出口より徒歩15分。
    1番出口からソウルワールドカップ競技場南ゲート前を通りワールドカップ競技場交差点へ。
    交差点をハヌル公園側に渡ると駐車場があるので、そこからハヌル公園の高台に上がる舗装道路をすこし進むと左手(「희망의 숲길(希望の森の道)」と書かれた看板があり)に希望の森の道があります。
  • ☞ ホームページ:http://parks.seoul.go.kr/template/sub/worldcuppark.do (日本語・韓国語・英語・中国語・フランス語・スペイン語)

王の魂が宿る場所、宣靖陵キル

宣靖陵の風景

摩天楼に囲まれたテヘラン路、さまざまなイベントが行われ人でごった返すcoex MALL、そして高級マンションが建ち並ぶ谷間に陸の孤島のように現れる「緑の島」、そう、それが朝鮮王朝第9代の王・成宗(ソンジョン)とその継妃・貞顕(チョンヒョン)王后尹氏、そして成宗の次男で貞顕王后との間に生まれた朝鮮王朝第11代の王・中宗(チュンジョン)が眠る宣陵(ソルルン)・靖陵(チョンヌン)(ユネスコ世界文化遺産)です。
ここには3つの陵があり、周囲には松林が鬱蒼と生い茂っています。宣陵・靖陵の緑の中をゆっくり歩いていると、心が休まり厳かな気分になります。ここは誰かと一緒に訪れるよりも、のんびりひとりで散策するのがおすすめの場所です。

More Info
宣靖陵キル
  • ☞ (宣陵管理事務所):ソウル特別市 江南区 宣陵路 100キル 1(서울특별시 강남구 선릉로 100길 1)
  • ☞ 最寄駅:ソウル地下鉄2号線・KORAIL盆唐線 宣陵駅(ソルルン)駅下車、8番出口より徒歩約5分
  • ☞ 観覧可能時間: 2月~10月:6:00~21:00/11月~1月:6:30~21:00
    ※ 月曜日休業
    ※ 毎月最終水曜日は無料開放
  • ☞ 観覧料金: 大人(満19歳~満64歳) 1,000ウォン、青少年・子ども(満7歳~満18歳) 500ウォン、乳幼児(満6歳以下)及び高齢者(満65歳以上)は無料
  • ☞ ホームページ: http://royaltombs.cha.go.kr/cha/idx/SubIndex.do?mn=RT (日本語・韓国語・英語・中国語)
  • ☞ 韓国観光案内電話: +82-2-1330 (日本語・英語・中国語・ロシア語・ベトナム語・タイ語・マレー/インドネシア語)

※上記の内容は2019年10月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。