トピックス

ドラマ『雲が描いた月明かり』撮影地

  • Tag Trend
  • 日付2016/10/24
  • Hit41145

『雲が描いた月明かり』の主要撮影地である慶基殿近郊の韓屋村の全景

8月22日からスタートしたKBS2ドラマ『雲が描いた月明かり』は朝鮮時代の王世子と、ある事情で幼い頃から男装して生きているホン・ラオンの切ないラブストーリーを描いた作品です。王世子イ・ヨン役には2015年の大ヒットドラマ『応答せよ!1988』の主人公を演じた俳優パク・ボゴムが、宮中で働く内官ホン・ラオン役には子役から活躍中のキム・ユジョンがキャスティングされたことでも話題を集めました。ドラマの時代背景が朝鮮時代であるため、王宮や韓屋など当時の様子を映し出すシーンが多く、韓国の伝統美を感じることができます。今回はドラマ『雲が描いた月明かり』に登場した韓国の伝統を実際に見て感じることのできる場所をご紹介します。

王世子とラオンが宮中で初めて出会った場所、全州「慶基殿

王世子とラオンが宮中で初めて会った場所として登場した慶基殿の竹林

『雲を描いた月明かり』の主要撮影地である慶基殿は全羅北道全州市にある全州韓屋村の入口にあります。ここは朝鮮を建国した太祖李成桂の御真を保管している場所です。慶基殿は宮殿を縮小したような形をしているので敷地内のいたるところで撮影が行われました。慶基殿内にある竹林は第1話で、内官として宮殿で働くことになったラオン(キム・ユジョン)と王世子(パク・ボゴム)が出会うシーンが撮影されました。

全州史庫(左)/御真博物館内にある太祖李成桂の御真(右)

慶基殿内にはユネスコ世界記録遺産に指定されている朝鮮王朝実録(1997年指定)を保管していた場所だった全州史庫があります。ドラマ第10話でラオンが足を怪我して内官たちに支えてもらいながら歩く姿を王世子が嫉妬するシーンが撮影されたのがこの場所です。慶基殿の敷地内の奥には朝鮮時代の歴代の王の御真とそれに関連した遺物を観覧することができる御真博物館があります。また、近郊の梧木台に上るとドラマの中で村の全景として登場する全州韓屋村を一目で見ることができます。

  • ☞ 住所: 全羅北道 全州市 完山区 太祖路 44
  • ☞ 利用時間:3~5月、9~10月 9:00~19:00/11~2月 9:00~18:00/6~8月 9:00~20:00(慶基殿内の御真博物館は月曜日休館)
  • ☞ 利用料金:大人3,000ウォン
  • ☞ アクセス:KTX全州駅停留所から119番バスに乗車⇒殿洞聖堂・韓屋村停留所で下車⇒慶基殿まで徒歩約100m

宮中内のラオンが寝泊りする場所「全州郷校の明倫堂」

内官として生活しているラオンが寝泊りしている場所である明倫堂

郷校は朝鮮時代の儒学思想に合う人材を育成するために国で建てた学校です。全州郷校は1410年に慶基殿付近に建てられましたが、1603年に現在の場所に移されました。大成殿、明倫堂など16の建物があり、孔子、孟子などの儒学者の位牌が保管されています。この中でも明倫堂の外観は、ドラマでラオンが寝泊りをしている場所としてよく登場しました。第2話でラオンが王世子に鶏肉を手渡すシーンやB1A4のジニョンが演じるキム・ユンソンの少年時代、王世子と一緒に遊んでいたシーンが撮影されました。

  • ☞ 住所:全羅北道 全州市 完山区 郷校キル 145-20
  • ☞ 利用時間:夏季 9:00~18:00/冬季 9:00~17:00
  • ☞ アクセス:KTX全州駅停留所から119番バスに乗車⇒麒麟大路寒碧楼停留所で下車⇒全州郷校まで徒歩約200m
  • ☞ ホームページ:http://www.jjhyanggyo.or.kr/main(韓国語)

王世子のお気に入りの蓮池、加平『アチムゴヨ樹木園の曙華淵』

宮殿の蓮池として登場する曙華淵(上段)/韓国的な美しさを感じることのできる庭園の風景(下段左)/多様な色の秋の花(下段右)

アチムゴヨ樹木園は多様なテーマの庭園がある樹木園です。田舎の家があるのどかな雰囲気の風景を再現した「故郷の家庭園」や韓国的な美を感じることのできる「韓国テーマ庭園」など20以上のテーマ庭園があります。その中でも曙華淵(ソファヨン)は、韓国式の亭子とチョガチプ、蓮池がある庭園でドラマでは宮殿内にある蓮池として登場しました。第1話でチョン・ヘソンが演じるミョンウン王女がラブレターを待っているシーン、第3話でヨンウン翁主(オンジュン)を世話していたラオンが王世子とばったりと会うシーンが撮影されました。

  • ☞ 住所:京畿道 加平郡 上面 樹木園路 432
  • ☞ 利用時間:8:30~19:00(閉園1時間前まで入場可能)
  • ☞ 利用料金:平日:大人 8,000ウォン、週末および祝日:大人 9,000ウォン
  • ☞ ホームページ: http://www.morningcalm.co.kr/_JPN/html/main.php(日本語)
  • ☞ アクセス:清平バスターミナルから31-7番バスに乗車⇒樹木園(終点)停留所で下車

王世子が住む東宮殿は水原「華城行宮

華城行宮

行宮(ヘングン)とは王が外出した時に滞在する場所のことを言います。水原華城内にある華城行宮が建てられた当時、行宮の中で最も規模が大きくて美しく、また活用度も高く、景福宮の付属の建物であると言われるほどでした。当時は市庁舎として使用されていましたが、王が訪れた時には臨時の滞在場所となりました。

王世子がの生活空間である東宮殿として使われた奉寿堂

華城行宮の一番中心となる建物である「奉寿堂」はこのドラマで王世子が生活する東宮殿として登場しました。第2話でイ・ジュンヒョクが演じるチャン内官がラオンに「ここが王世子殿下がお住まいになる東宮殿だ」と紹介した建物です。また、第3話でラオンがハン・スヨン演じる王妃金氏に頬を叩かれるシーンも華城行宮で撮影されました。

  • ☞ 住所: 京畿道 水原市 八達区 正祖路 825
  • ☞ 利用時間:3~10月 9:00~18:00/11~2月 9:00~17:00(閉園の30分前までに入場)
  • ☞ 利用料金:大人 1,500ウォン
  • ☞ アクセス:地下鉄1号線・盆唐線「水原駅」の水原駅・ノボテル水原停留所から11番または13番バスに乗車⇒八達区庁・華城行宮・水原聖地停留所で下車⇒華城宮行まで徒歩約200m
  • ☞ ホームページ:http://japan.swcf.or.kr/?p=35(日本語)

領議政のキム・ホンの自宅として登場した河東 「崔参判宅

祝宴が行われたキム・ホンの家として登場した崔参判宅(上段)/田舎の雰囲気を感じる様子(下段左)/村で味わうことのできるパジョン(下段右)

韓国の近現代史を背景にした大河小説『土地』の舞台である崔参判宅は、小説の主人公達の家と村などをそのまま再現してある場所にあります。村の一番高い場所にある崔参判宅はこのドラマでチョン・ホジンが演じる朝鮮時代最高の官職である領議政のキム・ホンの自宅として登場しました。また、ここでは第2話で王妃金氏の妊娠を祝う宴会シーンやラオンが鶏を捕まえるシーンもこの場所で撮影されました。

  • ☞ 住所:慶尚南道 河東郡 岳陽面 平沙里キル 76-23
  • ☞ 利用時間:9:00~18:00
  • ☞ 利用料金:大人 2,000ウォン
  • ☞ アクセス:河東ターミナルから河東-双磎寺バスに乗車⇒崔参判宅停留所で下車後、徒歩約400m

溺れているラオンを王世子が助けた場所、南原「広寒楼苑

王世子の散策路としても登場する広寒楼苑と烏鵲橋

広寒楼は朝鮮時代に建てられた楼閣です。韓国人には「春香伝」という古典小説の舞台としてよく知られている場所です。毎年5月には小説の中の主人公である春香を称える春香祭が開催され、伝統婚礼や国楽公演、各種民族ノリ(遊び)などを楽しむことができます。このドラマでは王世子が散策する場所として登場しました。第5話では溺れているラオンを王世子が助けるシーンが撮影されました。

  • ☞ 住所:全羅北道 南原市 蓼川路1447
  • ☞ 利用時間:8:00~20:00
  • ☞ 利用料金:大人 2,500ウォン(夏季 19:00~20:00、冬季 18:00~20:00は無料開放)
  • ☞ アクセス:南原高速バスターミナルから道通洞交差点停留所まで徒歩約400m⇒220番バスに乗車⇒チュオタン三叉路停留所で下車⇒広寒楼苑まで徒歩約400m
  • ☞ ホームページ:http://www.gwanghallu.or.kr/(韓国語)
  • ☞ アクセス
  • 【ソウル⇒全州】龍山駅⇒全州駅(大人料金 34,400ウォン/所要時間約1時間30分)
  • 【ソウル⇒加平】龍山駅⇒清平駅(大人料金 4,300ウォン/所要時間約50分)
  • 【ソウル⇒水原】ソウル駅⇒水原駅 (大人料金 2,700~8,400ウォン/所要時間約30分)
  • 【ソウル⇒河東】ソウル南部ターミナル⇒河東市外公用停留所 (大人料金 24,000ウォン/所要時間約3時間50分)
  • 【ソウル⇒南原】セントラルシティターミナル(湖南線)⇒南原高速バスターミナル(大人料金 15,800~23,300ウォン/所要時間約時間10分)
  • ☞ 全州観光情報ホームページ: http://tour.jeonju.go.kr/index.9is (日本語あり)
  • ☞ 加平観光情報ホームページ: http://www.gp.go.kr/jpn/index.do(日本語)
  • ☞ 水原観光情報ホームページ:http://www.suwon.go.kr/sw-www/deptHome/dep_tour.jsp#(日本語あり)
  • ☞ 河東観光情報ホームページ:http://tourjpn.hadong.go.kr/main/(日本語)
  • ☞ 南原観光情報ホームページ:http://tour.namwon.go.kr/index.nwn(韓国語)
  • ☞ 『雲が描いた月明かり』公式ホームページ: http://www.kbs.co.kr/drama/gurumi/(韓・英)
  • ☞ 韓国観光案内電話:+82-2-1330(日本語)

※上記の内容は2016年10月現在の情報です。今後変更されることがありますのでお出かけ前に必ずご確認ください。