トピックス

自然と芸術が織りなす観光スポット、平昌

  • Tag Food History Tour
  • 日付2017/11/15
  • Hit3133

ドラマ「鬼<トッケビ>」の撮影地・月精寺のモミ林(提供: CJ E&M)

韓国の数多くの旅行スポットの中で江原道(カンウォンド)平昌(ピョンチャン)は自然の風景が美しい地域です。2018年韓国のウインタースポーツイベント開催都市でもある平昌は、特に秋と冬が美しいことで有名です。

その素晴らしい自然を背景に2016年、韓流人気テレビドラマ「鬼<トッケビ>」の撮影地として平昌が数多く登場しました。

しかし観光客を待っているのは平昌の自然だけではありません。平昌には独特の伝統文化や現代美術、そのすべてを融合するここにしかない観光スポットが数多くあります。

今年の冬、韓国を訪問するなら、自然と芸術が織りなす観光スポット・平昌に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ドラマ 「鬼<トッケビ>」の中の美しい風景を求めて-月精寺・龍平リゾート

閑静な山寺、そしてロマンティックな並木・月精寺

ドラマ「鬼<トッケビ>」月精寺・解脱橋でのワンシーン (提供: CJ E&M)

月精寺(ウォルジョンサ)は五台山(オデサン)の美しい山中にあるお寺です。近年、韓国のケーブルテレビを中心に放送され人気を博したドラマ「鬼<トッケビ>」のロケ地として有名になりました。

中でもおすすめの場所は「鬼<トッケビ>」の主人公が歩いた解脱橋(ヘタルギョ)とうっそうとしたモミの木の林です。特に月精寺へ向かう参道の入口にある一柱門からのおそよ1キロメートルにわたるモミの木の並木道を歩くだけでも来た甲斐があるほど素晴らしい場所です。木々から放出される香り成分が都会の生活に疲れた人々の心を癒す絶好の森林浴の場所にもなっています。

秋の月精寺

月精寺の秋の風景 月精寺の秋の風景

月精寺は新羅時代の西暦643年(善徳女王12年)に建立され千年を超える歴史ある寺です。月精寺には八角九層石塔をはじめ、数多くの国宝がいまも現存しています。特に最近では韓国の寺院で短期滞在体験ができる宿坊体験・テンプルステイがこの月精寺でも実施されておりたいへん人気です。2日間にわたり宿坊体験ができますが、癒しを求めたい人々のための休息型テンプルステイ、あるいは仏教体験を中心に体験したい人のための体験型テンプルステイのうち、どちらかを選ぶことができます。

山寺境内にある韓屋カフェ・ナンダナ

月精寺カフェ「ナンダナ」 月精寺カフェ「ナンダナ」

月精寺境内にあるカフェ「ナンダナ(Nandana)」という名前は仏教用語で空中庭園という意味です。名前の通りテラスの風景が美しいこの場所で自家製の暖かいフルーツティーを心ゆくまま味わうことができます。

またお寺の境内にあるカフェらしく菜食ベーカリーもあります。玄米で作ったパンやマフィン、各種ドライフルーツ入りのパンなど訪れる人に食べる楽しみを提供してくれます。カフェテラスに座り、ゆったりと月精寺の美しい並木を見つめていれば、いつしか知らぬ間に癒される自分を発見することでしょう。

月精寺
  • ☞ 所在地: 江原道 平昌郡 珍富面 五台山路 374-8
  • ☞ 拝観料: 大人3,000ウォン、青少年1,500ウォン、子ども500ウォン
  • ☞ 拝観時間: 日の出から日没まで/年中無休
  • ☞ 月精寺ホームページ: http://woljeongsa.org/(韓国語・英語)
  • ☞ テンプルステイ案内
  • http://woljeongsa.org/templestay/ (韓国語)
  • https://eng.templestay.com/temple_info.asp?t_id=woljeongsa (英語)
  • ※月精寺韓国語ホームページのトップページ最上部左側にある「템플스테이(テンプルステイ)」をクリックすると、その真下に「프로그램(プログラム)」という表示が出ますので、その中にある「japanese/Chinese」をクリックすると日本語でプログラム日程概要が確認できます。
カフェナンダナ(카페 난다나)
  • ☞ 所在地: 江原道 平昌郡 珍富面 五台山路 374-8
  • ☞ 営業時間: 9:00~17:30/年中無休(都合により臨時休業の場合あり)
  • ☞ 主なメニュー: オレンジグレープフルーツ茶5,000ウォン、レモネード5,000ウォン、アメリカーノコーヒー4,000ウォン(アイスの場合は500ウォン追加)

雪山が美しい龍平リゾート

ドラマ「鬼<トッケビ>」の龍平リゾートで名シーン (提供: CJ E&M (全体)) ドラマ「鬼<トッケビ>」の龍平リゾートで名シーン (提供: CJ E&M (全体))

龍平(ヨンピョン)リゾートは2018平昌冬季オリンピック・アルペン競技のメイン会場です。春から秋にかけてハイキングや登山にうってつけの場所で、特にドラマ「鬼<トッケビ>」に登場する龍平リゾート内の山の頂上はゴンドラに乗って登ることができ、澄んだ空気とともに絶景の雪景色や美しい散策路が目を引きます。

龍平リゾート
  • ☞ 所在地: 江原道 平昌郡 大関嶺面 オリンピック路715 龍平リゾート
  • ☞ ゴンドラ利用案内
  • ・利用時間: 9:00~17:00 (リゾート繁忙期には18:00まで延長運行)/毎週火曜日運休-
  • ・利用料金: 大人15,000ウォン、子ども11,000ウォン
  • ※ 天候により運行を中止することがあります
  • ☞ ホームページ: http://www.yongpyong.co.kr/(韓国語・英語・中国語)

そばの香りに誘われて伝統市場へ、蓬坪五日市

蓬坪五日市の風景

蓬坪市場「蓬坪場」の看板(上段)/蓬坪五日市の風景(下段) 蓬坪市場「蓬坪場」の看板(上段)/蓬坪五日市の風景(下段)

毎月2と7のつく日になると、昔から続く在来市場・蓬坪場(ポンピョンジャン)では五日市を開き、いつもより賑やかになります。毎年9月になると近隣の李孝石(イ・ヒョソク)文化村では白い蕎麦の花が満開になり、平昌孝石文化祭りが開かれます。近年、蓬坪場は伝統を守りつつリニューアルオープンし観光客にも大変好評です。特に蓬坪の有名な特産品そば粉でつくった料理は大部分が3,000ウォンから5,000ウォン程度とお手ごろな値段で楽しむことができます。また市場のあちらこちらには陶磁器や手工芸品も売られており、自分だけの特別なお土産を買うこともできます。

特色あるハンドドリップコーヒーと伝統そば料理、「エデン製粉所」&「『オショットゥレヨ』そば旅行」

エデン製粉所のコーヒー(上段)&ビビンマッククスと蕎麦煎餅(下段) エデン製粉所のコーヒー(上段)&ビビンマッククスと蕎麦煎餅(下段)

エデン製粉所(에덴방앗간 방앗간)はもともと韓国のお餅を作る製粉所でしたが、店主がコーヒーの魅力にはまり店主自らハンドドリップコーヒーを淹れてくれるお店になりました。このお店では店独自のブレンドコーヒー・製粉所コーヒー(방앗간 커피)からコロンビア、エチオピア、ケニアAA、ブルーマウンテンに至るまで世界の様々なコーヒーを楽しむことができます。できたての韓国のお餅と香り高いコーヒーのハーモニーが独特な雰囲気をかもし出します。

「オショットゥレヨ」という店名の最初の部分は江原道の方言で「(よく)いらっしゃいました」という意味。このお店「『オショットゥレヨ』そば旅行」は甘いあずきのあんこと弾力のある黍(きび)で作った皮が魅力のきび餅(수수부꾸미)、豆腐とキムチを刻みそば粉で作った生地で巻いた蕎麦煎餅やそばが有名な話題の美味しいお店です。特に菜食主義の方にもおいしく楽しんでいただけるメニューがいっぱいです。そばはコチュジャンベースの甘辛いタレをかけて混ぜて食べるビビンククス(麺)とさっぱり系の肉ベースのだしスープがきいたムルククスの2種類があります。外国からのみなさんで辛いものがお好きであれば、このお店特製の甘辛いタレをかけて食べるビビンククスがおすすめです。

エデン製粉所-コーヒーが降る製粉所
  • ☞ 所在地: 江原道 平昌郡 蓬坪面 トンイチャントキル10-1 エデン製粉所
  • ☞ 営業時間: 9:00~18:00/日曜日休業
  • ☞ 主なメニュー: 製粉所コーヒー2,000ウォン/その他レギュラーコーヒー3,000~6,000ウォン※全てハンドドリップにて提供
「オショトゥレヨ」そば旅行
  • ☞ 所在地: 江原道 平昌郡 蓬坪面 トンイチャントキル10 「オショトゥレヨ」そば旅行
  • ☞ 営業時間: 9:00~18:00/年中無休(都合により臨時休業の場合あり)
  • ☞ 主なメニュー: そば(肉スープ系そば6,000ウォン、ビビンそば7,000ウォン)、そば煎餅3,000ウォン、餃子スープ7,000ウォン

平昌で出会う芸術とこころの空間、武夷芸術館&カフェバセルロ

平昌の自然をキャンバスにした平昌武夷芸術館

武夷芸術館の全景

蓬坪の市場から車で10分ほど行くと武夷(ムイ)芸術館があります。廃校になった武夷初等学校を改造して芸術館としてリモデリングしましたが、教室や校庭があった場所では芸術家の作品を展示したりオープンスタジオの工房として利用しています。ここでは蓬坪の自然と調和した絵画や彫刻を鑑賞することができます。

武夷芸術館のオブジェ 武夷芸術館のオブジェ

武夷芸術館は廊下から教室に至るまで至るところにちょっとした芸術作品が展示してあります。特にむかし学校だったこともあり、いろいろなところに使い古されたオルガンがあり、そこから奏でる音がまた趣を与えます。2階にあがると休息スペースもあり、特にテラスからの眺めが素晴らしく天気がよければぜひ2階から外を眺めてみるのもおすすめです。

丘の上の展望カフェ・バセルロ

バセルロの外観

近くまで平昌の森が迫ってくるほどうっそうとした茂みのすぐそばに建つバセルロ。丘の上に建っていることから閑静な雰囲気はもちろん景色も文句なし。蓬坪市場はもちろん長坪バスターミナルからもすぐ近くの距離にあります。近隣にはフェニックス・スノーパークがあり、いっしょに回ってみるのもいいかもしれません。冬のシーズンにはスキーを楽しんで体の芯まで冷えた身体を暖かい別荘のようなこの場所でいやすのもいいかもしれません。

バセルロの店内(上段)&ゴルゴンゾーラピザとレッドベルベットケーキ(下段) バセルロの店内(上段)&ゴルゴンゾーラピザとレッドベルベットケーキ(下段)

バセルロ(VASELLO)の店内に入ると、建物の大きな窓から注ぎ込む日差しに、冬も忘れてしまうほどです。ちょっと疲れ気味のあなたにはチーズとハチミツのハーモニーが絶品のゴルゴンゾーラピザが待っています。昼下がりの甘いエネルギー補充をお望みなら、このお店自慢のシグニチャーインレッドベルベットケーキもおすすめの一品です。

武夷芸術館
  • ☞ 所在地: 江原道 平昌郡 蓬坪面 サリピョンキル233
  • ☞ 営業時間
  • ・3月~10月:   9:00~19:00/毎月第1・第3月曜日休館
  • ・11月~2月: 10:00~17:00/毎週月曜日休館
  • ※ 閉館30分前まで入館可能
  • ☞ 利用料金: 大人3,000ウォン、青少年・子ども2,000ウォン
  • ☞ ホームページ: http://mooee.kr/(韓国語)
カフェバセルロ(VASELLO・카페 바셀로)
  • ☞ 所在地: 江原道 平昌郡 龍平面 ヌムゴルキル53 バセルロ
  • ☞ 営業時間: 10:30~22:00/年中無休(冬季期間は営業終了時刻が早まることがあります)
  • ☞ 主なメニュー
  • ・ゴルゴンゾーラピザ・マルゲリータピザ・プルコギピザ 各14,900ウォン、レッドベルベットケーキ3,500ウォン
  • ・アメリカーノ4,500ウォン、ミルクティー5,500~6,500ウォン、フレッシュフルーツジュース6,000ウォン

平昌で出会うアルプス、大関嶺羊牧場

大関嶺羊牧場の雪景色

大関嶺羊牧場は韓国のアルプスともいわれる地域にある韓国最初の羊牧場です。海抜850メートルにある広い草原には300頭を超える羊たちがゆっくり流れる時間の中、草を食んだり走りまわっており、このような光景は韓国でもなかなか見うけられない風景です。特に24時間放牧されている5月から10月初旬までのシーズンは散策をしているといつでも草を食んでいる羊の群れに出くわします。冬のシーズンには雪の王国に来たような冬景色となり、小さな山小屋の横のスロープは子どもから大人まで楽しめる自然の雪ぞり場になります。

羊牧場の四季の風景

羊牧場の夏と秋 羊牧場の夏と秋

大関嶺羊牧場を訪れたら全長約1.2キロメートルの散策路に沿って牧場を一周してみることをおすすめします。牧場の丘を登るのはすこしきついものの、丘の上から見る景色はまれに見る絶景です。特に天気がいい日には遠く東海(トンへ)の海原と江陵(カンヌン)市内もよく見えます。また、牧場の丘にぽつんと立っている小さな山小屋はぜひ写真に残しておきたいスポットのひとつです。

大関嶺羊牧場
  • ☞ 現住所: 江原道 平昌郡 大関嶺面 大関嶺マルキル483-32
  • ☞ 営業時間: 11~2月 9:00~17:00、3月及び10月9:00~17:00、4月及び9月9:00~18:00、5~8月9:00~18:00(閉場1時間前までに入場)/ソルラル(旧正月)・秋夕当日休業
  • ☞ 利用料金: 大人5,000ウォン/青少年・子ども4,000ウォン
  • ☞ ホームページ:  http://www.yangtte.co.kr/index.php (韓国語)
More Info

※本コラムは2017年11月に作成された情報で今後変更される可能性がありますので、旅行前に必ずご確認ください。